映画と海外ドラマ等感想

THE KILLING
#16
ナナの家庭が何とか立ち直ろうとしてる姿を見ると、もうほっといてやれよ・・・と言いたくなる・・・
#16


 以下激しいネタバレ




 ホルクが犯人として射殺された事で、ようやくナナママも前向きになれたようだ。今までの家を売り、新しい家に引っ越そうと言いだす。
 久々にみる夫婦の笑顔になんか癒された~!! もうそろそろ解放してあげたいんだけど・・・

 残念ながら事件はどんどんあらぬ方向に・・・

 再びマイヤと水路にやってきたサラは、15年前に行方不明になった少女の遺体を探ろうとするものの、またも副局長に邪魔され、バッチまで取られてしまう。

 だが、サラの猛進は止まらない。名刺だけで突き進む~!!
 
 自宅にVHSが届けられる。その画像は、市庁舎の監視ビデオの映像だった。そこには、ホルクと、ナナのやり取りが映し出されていた。 
 そこの会話を、口読術が出来る少女に解読してもらうと、ナナは何と誰かとかけおちを計画していた事が判明する。その相手はホルクではないのは明らかであった。その時刻、別の空港でウロつく彼が防犯ビデオに写っていた。

 ナナを駅まで乗せたというタクシードライバーレオンの証言により、空港のロッカーを確認すると、ナナの荷物が発見される。

 その相手は・・・ 幼馴染のアミール・エルナミールという青年で、夏にロンドンから戻ってきてからナナと再会し、かけおちを計画していたというのだ。

 タイスに結婚するからと、家具を運ぶのを手伝ってもらったアミールは、2人で撮影したビデオを見せる。

 再びサラにナナの遺品を荒らされ、アミールの存在を思い出させられたナナママもまた哀しい表情に><

 その後アミールは、水路にいたところをサラ達に発見された。そして、その2人の計画を見ていた男がいた事を証言する。
 それは、タイスの雇われ人だったと告げるのだった。

 それはなんとナナを乗せたタクシードライバーレオンっ?! 回りまわって戻ってきたなー・・・どきどき。
 自分の予想の人までには・・・もう少しっ!! 

 
 その傍ら、ハートマンはブレーマンと対決する事を決意する。やったれやったれ~!! ストッケとブレーマンに宣戦布告したハートマンを応援したくなるっ!!

 リーの徹底振りには笑ってしまった。ハートマン「食事でも・・・」リー「結構ですっ」キッパリっ!!(笑)
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.