映画と海外ドラマ等感想

ドライブ
ライアン・ゴズリング目当て♪
「死んだ目の俳優ベスト10」に入っていただけはあるあの鬱屈した眼差しが活かされてたな。
以下激しいネタバレ



 
  ドライバー(ライアン・ゴズリング)は、シャノン(ブライアン・クランストン)がやっている車の整備場で 働きつつ、スタントのバイトと、裏で犯罪者の逃がし屋もやっていた。
 どんな事があっても5分は待つ。必ず逃がすがモットー。

  シャノンの旧友であるバーニー・ローズ(アルバート・ブルックス)に、シャノンはドライバーをレースに出 して儲けようと誘いをかける。そしてニーノ(ロン・パールマン)をオーナーとしてレースカーを購入するのだ った。

  そんなドライバーが、同じアパートの隣室のアイリーン(キャリー・マリガン)という女性と知り合う。彼の 夫スタンダード(オスカー・アイザック)は刑務所に服役しており、息子と一緒にその帰りを待っている身だっ た。

 2人の純愛が続くが、オスカーが出所してきて、それは途絶えた。

  そんなある日、チンピラがオスカーをボコり、息子に弾丸の弾を預けていった。事情を聞くと、刑務所で用心 棒を雇った借金があり、それを強盗して返せと脅されているのだという。

 ドライバーは、アイリーンと息子に危害が及ぶ事を恐れ、オスカーの仕事を手伝う事に。

 だが、その仕事にはワナが仕掛けてあった。

  借金の主に仕事の共犯としてブランチ(クリスティナ・ヘンドリックス「MADMEN」のジョーン)を付け られ、共に強盗をするものの、先にブランチが金を手にして出てくる。その後出てきたオスカーは、待ち受けて いたように射殺されてしまった。
 ドライバーは、ブランチと共に逃げ出し、身を隠すが、ブランチも射殺される。ドライバーも怪我を負いつつ  も、追ってきた奴等をしとめる。

 それからドライバーの復讐が始まる。



  最初の頃はライアン独特な静かな間が多くて眠りそうなってしまった。純愛もの映画そのものだったしな。そ れが1発の銃弾で、会場が飛び跳ねたのが分かった(笑)
 そこからいきなり話がグロくなる。

  過去は明かされていないから、ドライバーが連続殺人犯だったとしても疑わない。それだけ容赦がない殺し方 だった。まぁ相手の方の殺し方も怖かったけどね。

  出来ればもっと彼の裏の仕事を何件か見たかったよ。純愛シーンを少しカットしても良かったと思うのは、自 分が恋愛ものよりサスペンス好きだからだろうな。


  
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.