映画と海外ドラマ等感想

アザーガイズ
ウィル・フェレルのコメディ映画。相棒はマーク・ウォールバーグ。
以下激しいネタバレ




 ウィル・フェレルの映画だから、まぁある程度予測つく感じ?

 アレン・ギィンブル(ウィル・フェレル)は刑事課の経理担当。皆から日々馬鹿にされているものの、本人はまるで気にしない。だが、彼には封印した過去があった。
 その相棒テリー・ホイツ(マーク・ウォールバーグ)は熱血刑事希望。相棒のアレンの不甲斐なさに日々イライラしている。不甲斐ないはずのアレンばかりが女性にモテるのもイライラの原因。

 今の所、署内で熱血刑事として大活躍しているのは、P・K・ハイスミス(サイミュエル・L・ジャクソン)と、クリストファー・ダンソン(ドウェイン・ジョンソン)の2人組だった。


 だが、その2人がちょっとしたドジで殉職。皆が次の英雄を目指してせめぎあう。


 ここの上司役警部のジーン・マウチは、バットマンのマイケル・キートンさん。流石に年取ったなー。
 なかなかいい役柄だった♪

 話はだいたいこんなもんかなって感じ。所々の鼻で笑うような感じは楽しかった。
 アクションも迫力あったし、テンポもまぁまぁかな。

 自分が1番好きなのは、賄賂のとこ。古典的なギャグが大好きだっ♪

  
 NG集の方が、皆ウィルの顔を見るだけで笑っちゃうみたいな感じが楽しかったな~!!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.