映画と海外ドラマ等感想

MADMEN S3
S3#7(#33)
冒頭、びっくらした~>< ロマーノの奥さんかと思っちゃったよ。ペギーだった。
S3#7(#33)


以下激しいネタバレ




 いきなり冒頭からドンさん殴られ昏倒してる。ベッドでは、ペギーは誰かとベットインしてた。


 ドンさんのオフィスに、いきなりコンラッド・ヒルトンさんがやってきた。
 皆が羨ましそうな眼差しを送ってくる。

 ドンさんに、ウォルドーフ・アストリア
 ヒルトン・ニューヨーク
 スタットラー 
 という会社を頼みたいと言ってきた。

  会社側から、大口と仕事するドンさんを、3年でもいいからしっかり契約して欲しいと頼まれる。
 渋るドンさんに、ロジャーはベティにまで電話を入れてくる。
  とうとうクーパーもドンさんの過去をダシに出し、脅すように契約させた。
 だが「ロジャーとだけは仕事したくない」と言い張る。

 
 それに平行して、ベティは部屋の模様替えをした後、女子青年連盟という仕事をしている。貯水池を潰し、公共施設建築の計画を阻止しようとする運動をしている。
 ベティは以前パーティで知り合ったヘンリー・フランシスを知っているとして、説得しに行く。彼は共和党の議員だった。ベティとしては少し誘惑する気持ちもあったようだが、ヘンリーは靡いてくれなかった。

 ベティは部屋に、眩暈をした女性の為に作られたというヘンリーに言われたカウチを購入した。  まさにお姫様だな!

 
 脅すように会社に契約を迫られたドンさん、そんな不機嫌な時にペギーにヒルトンの事を聞かれ、つい「君などいなくなっても困らない」と言ってしまう。

 そんなペギーに、ダックからエルメスのスカーフが送られてくる。ピートにはキューバ産の葉巻。
 それを貰おうとするペギーだが、ドンを裏切るつもりがないなら送り返せとピートに言われ、返す為に指定されたホテルへと向かい、ダックと一線を越えてしまう。ここは予想外><
 そして冒頭のシーンへ。案外甘い雰囲気。びっくり。

 契約の事でくさったドンさん、ヒッチハイクするカップルを乗せてあげたが、強盗されてしまう><
 さらにうちのめされる><

 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.