映画と海外ドラマ等感想

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディパーテッド
香港の「インファナル・アフェア」のリメイク版。
向こう側も面白かったが、こちらもなかなかw
以下激しいネタバレ




 街を牛耳っているコステロ(ジャック・ニコルソン)に幼い頃からかわいがられているコリン・サリバン(マット・デイモン)
彼は警察学校に入り、コステロの後押しの元、SIU(特別捜査班)まで昇進する。

 その傍ら、やはり同時期に警察学校を卒業したそのコステロの従兄弟にあたるビリー・コスティガン(レオナルド・ディカプリオ)は、警察からその身内の地位を生かして、潜入捜査をしろと命じられる。

 ビリーの潜入捜査に関しては、署内でもクィーナン警部(マーティン・シーン)とディグナム(マーク・ウォールバーグ)しか知らなかった。

 少しずつお互いにネズミが潜んでいる事に気付き始め、探り合いが始まる。

 コリンの恋人になったカウンセラーの女性マドリン(ヴェラ・ファーミガ)は、患者としてビリーを抱えていた。

 その中、ビリーは、コステロがFBIと通じている事に感づく。コリンは、ネズミを早く見つけ出さないと、マドリンにも危害を及ぶとコステロに脅される。

 
 もっと早いうちにビリーが疑われてもおかしくなかったよなー・・・と思った。身内だから甘かったんだろうか。かなり疑いが濃くなった時に丁度地元警察の潜入捜査官がバレてくれたから良かったんだろうけどな。

 いやー、でもあの相棒までネズミだとは・・・こればかりはかなりのどんでん返しで「ぎゃっ」とか言っちゃった><

 コリンにしても、相手にもネズミがいるって分かってるのに、いつまでも封筒あのままにしとくのは少しお馬鹿だったよな><

 最初はめちゃくちゃ嫌な上司なディグナム、かっこよかったな~!! もうなんかクィーナン警部とは上司、部下以上の絆があったように思える!!
 
 署長としてアレック・ボールドウィン、マーク・ウォールバーグのロバートお兄ちゃんも出てた!!

 「ダーク・エンジェル」のノーマンと、シェイムにも出てた黒人さんも出てたな~!

  
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。