映画と海外ドラマ等感想

フリンジ S2
S2#22
今回でさらにいろんな事が発覚! S3まで待ち遠しい!
S2#22



以下激しいネタバレ



 負傷したウォルターは、こちらの進んだ医療技術のおかげで完治するw (無邪気に腹見せする彼は和むな。)
 
 そのウォルターを探しているオリヴィアは、ベルと合流。彼の手引きで病院のウォルターと合流できた。

 久しぶりに再会するウォルターとベルは何かと口喧嘩が絶えない。だが、今はピーターを一刻も早く連れ戻す事が先決だった。

 オリヴィアはピーター奪還に向かい、ウォルターとベルは向こうへの扉にドアストッパーをつける為に奮闘し始める。

 こちら側のオリヴィアに成り代わるオリヴィアは、ピーターの自宅に向かい、監視人から言われた真実をピーターに打ち明け、彼を納得させる。ピーターが戻らなければ、向こう側の世界が破壊される。

 (オリヴィアが何となく化粧が腫れぼったい感じで、喜怒哀楽が乏しいと思ったら、こっち側との差を付けるためだったんだね~。納得!!)

 ウォルターとベルはこちら側のウォルターが途中まで製作していた装置を利用して、ドアストッパーを確保する。

 ウォルター達がやった事により、こちら側の人間一万人がまるで琥珀に閉じ込められた虫のような状態になっている。こちらのウォルターが向こう側を敵視するのも仕方ないとも思えるなー。それ+息子誘拐だし。

 こちらに来た時と同じように、オペラ会場で待ち合わせする。だが、そこにフリンジチームが邪魔に入る。

 何とか装置を作動させるものの、ベルの命が犠牲になる。その間際、ウォルターがベルを責め続けた「脳を切り取って記憶を奪った」件は、本人から依頼された事だと告白される。  ・・・結局は全部ウォルターが悪いんじゃないのか?!汗

 こちら側に戻ってきたオリヴィア、ウォルター、ピーター。アストリッドは、心配でいっぱいパイを焼いていたもよう♪ まだピーターは完全にウォルターを許したわけではなさそう。

 自宅に戻ったオリヴィアだが、その足ですぐに向こう側の世界と通じているタイプライターの部屋へと向かった。 「潜入成功」と通信する。彼女は向こう側のオリヴィアだったのだ。

 あちら側に残されたオリヴィアは、ウォルターに監禁されてしまっていた。

 (うーん、やはり根本的にウォルターって怖い人間だよ~>< 自分が怖くて脳を切り取ったの正解だったよね。)

 S3までおとなしく待つよ。うん。

 

  
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.