映画と海外ドラマ等感想

NCIS S8
S8#14
空母コロニアルでレイノルズ中佐が死亡。NCIS内では、長年延期し続けてきたメンバーの精神鑑定がとうとう入る事に。
S8#14


以下激しいネタバレ




 空母コロニアルで、レイノルズ中佐、副艦長が何者かに銃で射殺されていた。

 NCISの局長レオンの元に、精神鑑定の為にクランストンという女性の博士がやってきていた。今まで長年避け続けてきたメンバーの精神鑑定。今回はレオンの事故の事もあり、とうとう承諾する事に。

 皆でクランストン博士を邪険に扱いつつも、クランストンの術中にはまって、自分の過去を語っていく。

 1番最初はジヴァ。今まで大勢の人から忠誠を求められてきた。殉職したケイトの代わりという事での軋轢、男性との恋愛での仕事への支障などを言い当てられる。(ケイトの思い出に鳥肌><) 
 ジヴァは「私が求めるものは永遠に変わらない確かなもの」との事。

 トニーは、ギブスと共にクランストンを避け続ける。ギブスは「いろいろ訊く女が嫌いなだけ」とまで。

 ダッキーは「私のことは分からんよ」と言っておいて、案外素直に語り始めてしまうとこがかわいいw

 アビーも同僚の遊び相手として、ケイトと夜遊びをした思い出を語る。

 マクギーも、2人きりになったところ、ブロビーといわれ続ける痛い所を突かれつつ、過去を振り返る。

 トニーは販売機にチョコが引っ掛かった時に話を切り出される。最初は辛い過去を自分から吐き出して突っぱねようとする。
 だが、事件がレイノルズの自殺だったという結末を迎え、トニーがレイノルズと同じく仕事に打ち込んだ為に将来孤独になる恐怖を共感している時、とうとうトニーがクランストンの正体に気付いた。彼女の名前はレイチェル。ケイトの姉だった。

 レイチェルがケイトのように床で寝て休んでいる姿に、ギブスも苦笑。ようやく話を聞く姿勢になる。
 今も妹を忘れられないと告げるレイチェルに、ギブスは自宅の地下へと連れ出し、ケイトの命を奪ったアリを、ジヴァが射殺した場所に立たせた。区切りをつけろ、と。

 姉としては、愚痴るケイトを励まして、ギブスに振り回されるなっと助言していた事を思い出した。

 レオンに提出される精神鑑定。「医学的には最悪ですが・・・」と始まるものの、仕事に対する姿勢に関しては良好という事にしてもらえた。


 「バーで1人の男が飲んでいたら、いきなりバーテンダーが銃を取り出して発砲。撃たれそうになった男は、カウンターにチップを置いてその場を去った。何故チップを渡したのか?」 心理テストらしい。
 
 ギブスの回答は「しゃっくりを止めるため」w 他のみんなのも聞いてみたかったなー。

 ちなみら自分なら「男を撃ちたい理由がバーテンダーにはあったから」かな。平凡~><

   
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.