映画と海外ドラマ等感想

ヒューゴの不思議な発明
CMだとファンタジーって感じだけど、内容はヒューマン!

公開中なのでご注意ください




以下激しいネタバレ



 駅の時計台を調整、修理しているヒューゴ(エイサ・バターフィールド)。でも、その存在は人々には認知されていない。
 今も人々は、ヒューゴの伯父クロード(レイ・ウィンストン)がやっているものだと思っていた。
 日々の食事も盗んだもの。公安官の姿にビクつきながら生活していた。

 彼には父親(ジュード・ロウ)の遺品である機械仕掛けの人形を修理し、動かすという目標があった。そうすれば、父親から何かのメッセージがあると思っていた。その人形は、父親が博物館の倉庫に捨てられるように置かれてあったものを持ってきて、修理途中だったものだ。

 その修理の為に、構内にある玩具屋の玩具を盗んでいたが、とうとうその店主であるジョルジュに捕まってしまう。
 盗まれたものを奪われ、父親の遺品である人形の画や、修理のノートまで奪われてしまうのだった。

 ヒューゴは、そのノートだけでも返してもらおうと、ジョルジュに交渉するが・・・
 
 ジョルジュの孫娘の協力を得て、人形の修理をするヒューゴ。
 構内の公安員と花屋の娘、老人と老女の恋愛などを織り交ぜながら、人形の秘密が解き明かされていく・・・


 ぶっちゃけ、ヒューゴ自身は発明はしてないよね? 発明したのはジョルジュで、それを修理しただけで。この邦題つけた人、ちゃんと内容見たのか疑問>< 「ヒューゴと不思議な発明」 にしてくれてれば、もっとしっくりしたのに><

 ハートフルでいいお話なんだけど、欲を言えば、ヒューゴの父親が、そのジョルジュの件に少しでも関わってくれてたらいいのに・・・伯父が川で溺死していた事に関しても、ただの事故?
 どんな風に映画の話と絡んでくるのかと、いろいろ考えちゃったよ。ジュードの事故もただの事故だったんだね。うむむ。
 
 機械の細工とか大好きだったから、時計の内部はとってもうっとり出来たっ♪

 
    
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

【主人公は?】
邦題については、同感です!
ヒューゴの発明品は出てこないのか??と、とても宙ぶらりんな気分になりました。

その上、ヒューゴが主役なのは間違いないにしても、同じぐらいジョルジュが主役のように描かれているエピソードが多く、これまたオヤ?と(苦笑)
てっきり、ヒューゴかヒューゴが発明した何かが主役なんだと思ってたのになぁ・・・・(苦笑)

父親と伯父さんの扱いは、本当に残念。
特に伯父さんなんか、あまりに可愛そうな扱いで・・・・
哀生龍 | URL | 2012/03/16/Fri 12:34 [編集]
だから邦題って・・・
 哀生龍さんっ♪

 邦題を付ける人、本当に内容を見てつけてるのか疑わしい事が多いですよね。これなんか本当に典型って感じ。「の」と「と」が違っただけで、意味合いが大きく変わりますよね。
 ヒューゴの物語も確かに大切でしたが、ジョルジュの事で後半は折角のヒューゴの過去は霞んでしまいましたよ。観てる側も疑問を残したまま取り残こされた感じになりました。なんか残念です。
jan | URL | 2012/03/16/Fri 15:46 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

ヒューゴの不思議な発明
1930年代のパリ。 時計職人で博物館の所蔵品の修理も行っていた父(ジュード・ロウ)が亡くなり、独りぼっちになった少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)。 [続きを読む]
I am invincible ! 2012/03/14/Wed 06:21
映画:ヒューゴの不思議な発明 Hugo スコセッシの映画愛が炸裂! だが今年は...
某ブログで、 <なるべく予備知識を仕入れずに観ることをオススメします! とあったので、これはさっさと観ようと、NY到着日の深夜に鑑賞。 1930年代のパリ。 巨大な始発駅の構内。 で... あまり予備知識を仕入れずに観ることをオススメしたいので、これ以上は... [続きを読む]
日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ 2012/03/14/Wed 06:59
『ヒューゴの不思議な発明』 映画愛ではない、とスコセッシは云った
 【ネタバレ注意】  本作はなぜ二つの異なる要素から構成されるのだろうか。  『ヒューゴの不思議な発明』の主人公ヒューゴは孤児である。駅の時計台に隠れ住んでおり、かっぱらいをして暮らしている。... [続きを読む]
映画のブログ 2012/03/25/Sun 23:13
Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.