映画と海外ドラマ等感想

THE KILLING
#6
マイヤ!! 頼むよ~っ!!!
#6

以下激しいネタバレ



  ナナの担任教師、ラマン・ケマルに容疑が掛かる。彼の金曜日の行動がどうも怪しかったからだ。
 さらに、ハートマンの資料の中には、何故か彼のものが抜けていた。

  サラにそのことを非難されるが、大元それを運んできたウーロンが怪しい事にもハートマンは気付いていた。
 ウーロンは実際その資料を隠した誰かと繋がってるっぽい。

  それにしても女秘書はイラつくなー。裏で父親の影がちらちら。やはりそっち関係の陰謀を感じる。
 結局ウェバーは無罪だったし。彼は無事だろうか・・・
 ハートマンはその上層部からの圧力にも負けずに、ロールモデルを推し進めていく。彼の身も心配になってきた。

 そしてもう1人怪しい雰囲気のタイラーの助手。
 いらん事をタイラーに吹き込み、葬式に来ていたケマルに容疑がある事を知らせてしまう。

 この無害そうなタイラーパパ、20年前はかなりのワルだったようで、もしかすると殺人もしている可能性もあるとか・・・ そんなパパと2人きりになったケマルピーーーンチっ!!!

 サラはとうとうマイヤに全てを引き継ぎ、飛行機で旅立とうとする。だが、タイラーの過去を知って危機感を覚える。ケマルと2人きりにしないでとマイヤに訴えるも、まるで用を得ない。
 サラは仕方なく今にも飛び立とうとする旅客機から出る決意をする。

 マイヤ、ケマルの妊婦の奥さんの介抱の仕方は良かったものの・・・捜査はだめだめじゃないかー><

 
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.