映画と海外ドラマ等感想

赤ずきん
赤ずきんの童話の決まり文句もちゃんと出てくるのはいいとして・・・あのシーンまでそんな具体的にやらなくても・・・と思った(笑)
以下激しいネタバレ





 長年狼に狙われ、生贄を捧げてきた村がある。
  
 その村で育ったヴァレリー(アマンダ・サイフリッド)は、そんな少し寂しい村の中では跳ねた存在だった。

 恋人のピーター(シャイロー・フェルナンデス)と駆け落ちまで考えていたが・・・

 ヴァレリーの姉が狼に襲われ死亡した。生贄を捧げているのも関わらずにだ。村は怯える。
 姉は、村の金持ちの御曹司ヘンリー(マックス・アイアンズ)に恋していたが、そのヘンリーはヴァレリーに恋していた。
 ヴァレリーの母親(ヴァージニア・マドセン)は、金の為にヴァレリーをヘンリーと婚約させる。

 だが、その裏には重大な秘密が隠されていた。
 本来なら姉と婚約させるべきだったと母親を責めるヴァレリーに、母親は姉はヘンリーの妹だと告白する。

 村のオーガスト神父(ルーカス・ハース)は、狼退治の第一人者ソロモン神父(ゲイリー・オールドマン)に助力を求める。

 ソロモン神父は、狼退治の為に、自分の妻をも殺した男だった。幼い子供等を連れて村にやってくる。

 村は殺伐とした雰囲気に陥った。おばあちゃんは、姉を失った傷心のヴァレリーの為に赤いローブを縫ってくれる。
 だが、ヴァレリーの弟が疑われ、拷問死させられる。その後、ヴァレリーは狼と会話した事を告発され、牢屋に入れられた。

 そのヴァレリーを救い出すべく、父親セザール(ビリー・バーグ)と、恋人のピーター、そしてヘンリーが立ち上がる。

 そんな中、狼も現れるが、教会の中に入ろうとし、火傷を負う。ソロモン神父狼を退治しようとするが、銀の指を持つ腕を切り落とされてしまう。その後、狼と通じたヴァレリーをも魔女として退治しようとするが、部下に殺された。

 ヴァレリーは嫌な予感がし、おばあちゃん(ジュリー・クリスティ)の元へと向かう。途中でピーターに出会うものの、狼である証の火傷を負っていた事でヴァレリーは疑心暗鬼になり、彼を刺し、おばあちゃんの元へ。

 だが、おばあちゃんの所にいたのは・・・ 父親セザールだった。その右手は、教会に入ろうとして受けた火傷の跡が。 父親が狼だったのだ。そのまた父親も狼だったという。おばあちゃんはそれを知らなかったのだ。
そしてその娘がヴァレリー。噛まれれば、ヴァレリーも狼になれるという。
 姉を殺したのは、自分の娘ではなかったと発覚した衝動だったという。

 それを拒否するヴァレリーの元に、手負いのピーターが助けに入る。ソロモン神父の腕を持参したヴァレリーは、その銀の指で父親を殺害する。
 だが、ピーターは噛まれていた。

 赤ずきんヴァレリーは、その後も狼男となったピーターと密会を続ける。


 童話で有名な「おばあちゃんの目って大きい」「お前を良く見るためだよ」のフレーズが夢の中に出てきて笑った。
 
 さらに、狼だった父親の腹を裂いて、石を詰めて水に沈めるのもリアルに描かれていたよ><
 あのシチューの中身は・・・おばあちゃん? ひええっ。

 
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

【色んな要素が盛りだくさん!】
ホラーのような怖さ、風景の美しさ、ミステリーやサスペンスの要素もあるし、アクション冒険物の要素もあるしで、あの良く知られた物語を良くここまで膨らませたなと感心しました。

お目当てはゲイリーだったので、久し振りに悪役の要素を持ったキャラだったのが嬉しかったです!
哀生龍 | URL | 2012/02/17/Fri 00:24 [編集]
No title
 哀生龍さんっ♪

 確かに盛りだくさんっ! 犯人は誰だっ! みたいなノリもありましたし、あの赤が映える雪山の風景といい、丁寧に作られていました。まさかちゃんと童話の有名な一節も盛り込んでくれるとはっ♪ 
 ゲイリーも悪者なんだけど、その根底には人にも厳しく、自分にも厳しくな一筋通った所がある人で最期は哀愁漂っていましたね。
jan | URL | 2012/02/17/Fri 08:27 [編集]
すべての 発端は ヘンリーの父エイドリアンとヴァレリーの母スゼットの 不貞にある
 いろいろ この作品のあらすじを整理すると

母スゼットが ヘンリーの父エイドリアンと 不貞をして 赤ずきんヴァレリーの姉ルーシーを産んだ つまり 異父姉妹

>だが、その裏には重大な秘密が隠されていた。
 本来なら姉と婚約させるべきだったと母親を責めるヴァレリーに、母親は姉はヘンリーの妹だと告白する。
 ヘンリーの父エイドリアンは 妻との子供 がルーシーは 母違いの妹
 異母兄妹

不貞を重ねたことが そもそもの元凶ですね~
 スゼットと エイドリアン・・・・ まさに ”ふてえ” 男と女だ^^

zebra | URL | 2014/05/24/Sat 23:21 [編集]
ふてえw
zebraさん☆

 コメントありがとうございましたー☆ 返信遅くなっちゃって申し訳ありませんでした。
 あの童話の「赤ずきん」の根底にはこんなどろどろした人間の「不貞」が隠されていたんですねー。いやー、やはり怖いのは、狼より人間って事でしょうかw

 
 
jan | URL | 2014/05/29/Thu 00:12 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

赤ずきん
山間の暗い森の外れの村では、20年にわたり満月の晩に狼への生贄を捧げてきた。 [続きを読む]
I am invincible ! 2012/02/17/Fri 00:17
Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.