映画と海外ドラマ等感想

Persons Unknown
S1#2
んんっ?! この展開はもしや・・・汗
以下激しいネタバレ



 OPがウォーキング・デッドみたいだった。

 体から睡眠装置を取り外し、再び外に出るのに挑戦する。ジョーに縄を括りつけて、行ける場所までは灰皿を置くというもの。
 でも、それがジレったくなったジャネットは、ダッシュして逃げ出す。だが・・・いきなり何かの壁にぶち当たり、体が焼け始める。
 ADSというもので、電子レンジのようなものの壁が街の周囲に張り巡らされていたのだ。
 死にこそはしないが、火傷を負い、死にそうな激痛が走るのだという。


 ホテルの壊したものが一晩で綺麗になっている。


 皆は食事場で改めて話し合い。ブラッカムは「異教徒のテレビ番組」だと言い、トリは、大使館の父親のせいだと告げる。彼女は父親の秘密を掴んでいるらしい。
 チャーリーは人攫いで、身代金狙いだという。

 当面偵察を続けようというジョーと、グラハムに反発するブラッカムとチャーリーは、ホテルの管理人を拷問する。

 管理人は拷問から逃げ延びてしまう。拉致された者以外は、外に出て行けるようだ。

 トリの部屋には、ヒメアカタテバの蛹と「もうすぐ大きな賞が与えられる」という占いが。
 それを気持ち悪がったトリの代わりに、モイラが世話をする。

 ジャネットのところには、占い「ジョーを殺せば君は自由だ」と、銃、そして娘ミーガンの写真が。

 その晩、カミナリがADSの装置を破壊した。皆は給仕係のバンを盗み、外に出る事に成功する。
 だが、眩しい光が前方から近付いてくる。ジャネットは構わず走り続けろとアクセルを踏むが、到着したのはまたもや、元の街だった。

 逃げ出したはずの管理人が戻ってきて出迎える。皆は愕然としてホテルに帰宅。

 次の日、モイラとトリで羽化した蝶を放つが、ADSが復活していて焼け死ぬ。

 ジャネットの部屋にミーガンが一方的な電話が掛かってくる。決起したジャネットは、ジョーに銃を向けるものの、防犯カメラを撃つ。「私を初日に殺すべきだった」と告げ、ゲームには参加しないと宣言する。

 その破壊された防犯カメラは、すぐに自動で新品とすり替えられていくのだった。


 うむむむ?! なんか嫌な予感。ロストと同じじゃないだろうなー・・・汗


 彼らを唯一探そうとしていた記者のマーク・レンビは、刑事からジャネットの調査書を手に入れるが、なぞの男に襲われ、追跡を断念する? ボスであるカットと恋仲らしい。

 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.