映画と海外ドラマ等感想

ドールハウス S2
S2#13(終)

 これ一話で終わりだっていうのに、なかなか凝ってたね。

 とうとう最終回。S1の終わりで打ち切りって事でいきなり世界がとんでもない方向に飛んでどーなるのかと思ったけど、ちゃんとその間を繋げてくれたね♪
 でも残念だな~><


S2#13
激しいネタバレ




 ようやくS1の最後、いきなり世界が変わってしまった世界へ突入!

 女の子に入れ込まれたキャロライン。精神を病んでしまったトファー。
 ビクターとシエラにはTという子供が。

 そして新たな仲間ゾーンとマグは、引き続き人格を乗っ取られたロボット達を支配しているクライド。それに引き続き対しているエコーとポール。捕らえられていたトファーを救出してくる。合流したゾーンとマグ、子供のキャロラインと共に隠れ家へ。

 その隠れ家で野菜園を作って密かに暮らしているシエラとデヴィット達。トファーを介抱するデウィット。
 そこに新たな敵が・・・と思ったら、それはビタクー率いる仲間達だった。

 彼等と共に、クライドの装置を完全に破壊する為に、懐かしのドールハウスの跡地へ。ビクターの仲間達が裏切りそうになるものの、エコー達の敵ではなかった。

 トファーはロボットとなった人達をパルスでクリアにする為に犠牲になる決意をする。

 トファーはデウィットの元オフィスで装置を作動させ、死亡する。そのパルスのおかげで、皆が自分の本来の人格を取り戻し、新たな出発を始める。

 その中、ドールハウスの中で暮らし続けるシエラとビクター、そして子供T。マグ。ゾーンは旅に出た。

 エコーの中にはポールの元人格が入れ込まれる。同一人物として、今後は生きていくらしい。(ここ、昔の漫画「那由他」思い出しちゃったよ(笑))

 トファーはかわいそうだったなー・・・ でもまー大元作ったのは彼って事で仕方ないのか?!>< 

 終わっちゃったなー。残念だなぁ~・・・><

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.