映画と海外ドラマ等感想

バンデミック・アメリカ
 テレビ映画みたいだ。前後編に分かれてて3時間もあった><
 スティーヴン・ドーフ主演のサスペンス映画。
 カヴァート・ワン(大統領直属のテロと戦う秘密機関)が題材。
以下激しいネタバレ





 各地でいきなり体中から出血して死亡する病気が流行し始める。

 仲睦まじいカップルのジョンとソフィー。研究者とその彼女だが、実際は政府の仕事を受け持つ重要人物。

 各地でエボラ熱の変異したハデスウィルスが猛威をふるい始めていた。そのワクチン開発と、原因究明を任命される。

 だが、軍内深部にもスパイが入り込み、ソフィーは暗殺されてしまう。

 テロの首謀者がハッサンだというのは突き止めたが、どうやらそれだけに留まらないようだ。

 昔ジョンが勤めていたカヴァート・ワンが堕落しているらしい。内部にハッサンと内通してものがいる。
 それを告げてきたのは昔の相棒グリフィンだった。

 元彼女で同じカヴァート・ワンのレイチェルが、そのウィルスを持って逃げ出したらしい。彼女を追跡する為、ジョンは一時グリフィンと行動を共にするが・・・



 誰が裏切り者かは、結構すぐに分かるようになってる。わかってるのにみんなが気付かなくて翻弄されるのがイライラするって感じの内容。

 それにしたって数千人が死ぬ前にもっと何とか出来なかったものか?! と思わずにはいられない。
 ジョンは頑張ってたけどさー。上官のフランクがもう少しキレものなら、裏切り者に気付けたんじゃ・・・

 悪者はそれなりに制裁を受ける事になったけど・・・あの親子はどうなったんだろう?!

 隠蔽ばかりじゃなく、もっと責任を問われろーっ!! と思った作品。現実、こんなもんか・・・

 
 元々スティーヴン・ドーフが目当てで見てるから、彼のいろんな姿が見れて楽しかったけどねっ♪

 頼りになる相棒ピーターが良かったなぁ~っ♪ 彼とジョンの行き来がもっと見たかった!!!

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

janさん、こんばんは♪

かなり昔に見た覚えがあるのですが、色々な組織があるもんだ、と思った覚えがあります。
ウィルスを使ったテロってホント恐いですよね。

原作の中の一つをドラマ化したと聞いたので、続きを期待していたのですが、これ1本だけでしたね。やはり詰め込みすぎたのが敗因でしょうか?

ところで、DVDのパッケージの写真だと、主役の方が一瞬『CSI:NY』のダニー?に見えてしまったのですが、そんなトンマは私だけ???
kaho | URL | 2011/10/27/Thu 18:20 [編集]
kahoさんっ♪

 おおっ拝見されたのですね~っ!! 確かにスティーヴン・ドーフは眼鏡を掛けたらダニーに似てるかもっ♪
 他にも原作シリーズはあったのですね? 確かに悪者ちゃんと死亡確認されてませんもんねっ。残念!
 いろんな海外ドラマ見ていると思っても、今回のカヴァート・ワンという組織は初耳でしたっ。 公式には存在しないっていうんだから当然でしょうが、こんなに堕落してしまっていたら心配ですね(笑)
jan | URL | 2011/10/27/Thu 21:31 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.