映画と海外ドラマ等感想

猿の惑星:創世記(ジェネシス)
猿の惑星をわざわざ復讐して観に行った割にはあんまりオマージュ的なものに気付けなかったー><


公開中なのでご注意ください。
以下激しいネタバレ





 ウィル・ロッドマン(ジェームズ・フランコ)は、父親がアルツハイマーに掛かっているのをきっかけにして、チンパンジーを実験台にした、アルツハイマーを治療する新薬112をジェネシス社で開発した。

 実験は成功。知能指数が向上する。

 だが、実験体が急に暴れ出し、研究続行は断念せざる終えなくなってしまう。
 しかし、その実験体が暴れたのには理由があった。彼女は出産していたのだ。
 
 ウィルは密かにその赤ん坊を自宅に連れ帰った。
 さらにウィルは、家に新薬を持ち出し、密かに父親に投与した所、見る間に症状が改善した。

 赤ん坊はシーザーと名づけられる。物凄い速さで人間をも凌ぐ知能を有してくるシーザー。

 だが、父親の方は抗体が新薬を邪魔し始め、容態が悪化していく。その父親を守るべく、シーザーは近所で暴れてしまい、施設に送られることに。

 その間にもウィルは112をさらに上回る強い113を開発する。それを認めた上司もそれをチンパンジーで実験する事をススメ、研究は成功していたかに見えたが・・・

 実験中、誤って113を吸引してしまった研究員のフランクリンの容態が悪化していく。

 施設で虐待を受けていたシーザーは、ウィルを恋しがるより、自力で対処する事を学び始める。

 仲間達を施設から盗んできた113で覚醒させ、徒党を組んで施設を逃げ出していく。一応命は大切にするという教えは守っていたが、虐待し続けていた施設の息子は事故で死亡してしまう。

 知能が高まったチンパンジーの一行は、ジェネシス社へと襲撃し、さらに仲間達を増やして国立公園を目指すのだった。


 CGが凄いとか、そういうのはあんまりないにしても、ご主人様ウィルとペット・・・友達なシーザーとの交流がいい。
 
 旧作とはまた違った方法での人間滅亡への道はなかなか新鮮だった。それを最後の最後であういう風に見せてくれるのもなかなか巧いと思った。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.