映画と海外ドラマ等感想

ENDURE
ジャド・ネルソンさん作品。
連続殺人犯を追う刑事役で、相棒として若手君がいる。
以下激しいネタバレ(英語字幕視聴なので、間違ってるかも汗)




 女性を拘束して、暴行、拷問した挙句に殺す連続殺人犯を追う刑事等の話。

  ある女性を森の中に捕らえ、そのまま放置していく男が、ワラビー? の激突で交通事故を起こし、死亡。
 その車の中には、拘束した女性の写真。拘束具、血痕、携帯が残っていた。

 その連続殺人の責任者エモリー(ジャド)は、若手のアーノルドと共に捜査をし始めるが、彼の妻は病気がちで、自宅療養をしていた。
 昔産まれず死亡した子供がいた? 今もその事に気を病んでいるらしい妻を慰めるエモリー。

 そんな妻の看護の傍ら、捜査を続けていく。

 途中でその奥さんが「日光」と書かれたドテラみたいの着ていて笑った(笑)

 
 被害者と死亡した犯人の背景を探りつつ、最後の被害者を助けようと奮闘する。

 被害者の自宅に探ると、彼女は妊娠していた事が分かる。

 犯人の方は、幼い時にも殺人を犯した事があるらしい。

 ネットで捕らえた女性等を、売り買いしていたもう1人の連続殺人犯も突き止める。子供にピアノを教えている男だった。

  アーノルドも寝る暇も惜しんで捜査に没頭する。
 合間合間でエモリーとの交流があるんだが、途中でエモリーからペンを借りて、そのまま自分のモノにしようとしたアーノルドを叱り付けるエモリー。
 思い入れのあるペンだったのか、ただ神経質なのか。

 犯人等が女性等を監禁している場所をローラー作戦していくと、何人もの女性が木に吊るされ、暴行を受けて死亡していた。 
 
 最後の1人は、犯人が連れて逃げてしまったが、追うエモリーとアーノルド。アーノルドが撃たれてしまい、エモリーが格闘の末、逮捕する事に成功した。激しいジャドさんもなかなか♪

 事件は解決したが、エモリーの妻は死亡してしまう。 同時期、救出された女性と子供は生還し、撃たれた相棒のアーノルドも無事手術が成功した。

 エモリーはアーノルドに新しいペンをプレゼントし、生まれたての赤ん坊を見つつ、去っていく。

 哀愁漂ってたなぁ。

 奥さんはかわいそうだったね>< これからは相棒と仲良くしてって欲しいものですっ!!

 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

不思議な映画でしたね。音楽が良かった、、。
尾張一 | URL | 2011/12/07/Wed 17:03 [編集]
尾張一さんっ♪

こんばんはっ♪
若手とのバディものとしてはなかなか面白いのじゃないかと思いました。
何分ちゃんと内容分かっていないもので、理解が不十分での感想のみなのですが。
音楽はとても映画の雰囲気に合っていたと思います。
jan | URL | 2011/12/07/Wed 20:23 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.