映画と海外ドラマ等感想

ハードキャンディ
聞いてはいたんだが、今まで観ていなかったもの。
少女がおっさんを監禁する話。キャッチコピーが「赤ずきんが仕掛けるオオカミへのゲーム」

最近クリマイとかSAWのせいで監禁とか拷問ものとか見慣れてきたから(爆)
以下激しいネタバレ






 14歳のヘイリーは、チャットである中年とチャットをしていた。そして誘いを掛け、ある喫茶店で会うことに。一見好青年風のジェフがその人物だった。職業はカメラマン。

 ヘイリーは自分が頭がいい事。趣味の話など彼に話し、ジェフは彼女に服などを買ってやり、自宅に誘う。

 ジェフの自宅にはヘイリーと同じぐらいの年頃の写真がたくさん貼られていた。

 一緒に酒を飲んだ後、ジェフはヘイリーが入れた薬で昏倒する。そしてジェフを監禁したヘイリーは、部屋の中を漁り始めた。
 ヘイリーが漁っていたのは、秘密の写真。それは金庫の中に隠し持っていた。(これが見つかるまでは、ヘイリーの方が危ない子なのかと思えたな><)

 ジェフは小児性愛者。つまりロリコン。チャットで誘い込んだ少女達の卑猥な写真を撮り、レイプしていた。

 ジェフを拘束し、ヘイリーは睾丸を取り出す手術を施す。取り出した睾丸はフードフロセッサーで破壊する。

 その後ヘイリーが証拠隠滅の作業を施している間に、ベッドから抜け出すジェフは、本当には睾丸は取られていなかった事を知ると、激怒して彼女を襲い始める。

 だが、ヘイリーはジェフより1枚も2枚も上だった。

 ジェフの初恋で初体験の相手ジャネルを呼び出していた。

 屋上に逃げたと思われたヘイリーだが、そこには自殺用の縄が用意されていた。

 そこにジャネルもやってくる。ジャネルにロリコンの性犯罪を暴かれたくなかったら、すぐに自殺しろと迫る。

 過去に殺した少女ドナの名をあげると「オレはやってない・・・見てただけだ。アーロンがやったんだ」ととうとう告白するジェフ。

 「君はいったい何者だ?!」と訊くと、ヘイリーは「全ての娘達の化身よ」と告げる。

 「刑務所に入るより、自殺した方がいいわよ。貴方の体裁も守ってあげる」との説得に、ジェフは自殺する。

 その姿に「なんちゃってね」と告げるヘイリーは、その家のフード服で去っていくのだった。

 
 途中まではただ「違う違う」とひーひー泣き喚くジェフと狂気的なヘイリー。最後の真相が分かるまで、本当にジェフが犯罪者なのか疑わせるのがいいかも。同情的になっちゃうんだよな、どうしても。

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.