映画と海外ドラマ等感想

メンタリスト S2
S2#18

 こういう展開も今時珍しい気もする。
S2#18


以下激しいネタバレ




 
 ハイタワーからの命令で、麻薬課の調査をしてくれと頼まれるが、
 ヴァンペルトと、チョウが指名された。いったいリグスビーとの恋愛ごとにどんな沙汰が下るのかドキドキ。

 ゴミ箱の調査をしようとしていると、血だらけの女性がフラフラと近付いてきた。彼女は記憶喪失になっており、IDもなかった。彼女は側頭部を銃で撃たれていた。

 リズボンが来る前に、彼女の怪我から来る痛みを暗示でやわらげてあげるジェーン。さらに、断片的な記憶を引き出してみると、彼女は馬小屋にいたらしい。

 そこを調査してみると、なんと3人もの射殺された遺体が発見された。

 
 彼女の入院先でも、カードを使って彼女が本当の記憶喪失か調べるジェーン。彼女は確かに記憶喪失だと判明する。

 その合間にヴァンペルトとリグスビーとリズボンがハイタワーに呼び出された。恋愛をやめないというのなら、どちらかが異動になるというのだ。
 その関係を放置していたリズボンの件も、上に報告すると告げられてしまう。

 殺されていたレナードの恋人の元に向かうと、赤ん坊の粉ミルクの事で必死になっていたらしい。その為に今の働き場所の稼ぎ以上の金を使ってくれていたという。

 そのレナードが働いていたネイティブアメリカンの店に向かう。レナードが働いていたそこの主人はネイティブアメリカンの男であった。他部族の民族衣装の模造品を売っている。

 そこでジェーンはインディアンの被り物をして、あちこち土産を手にしていく。絵葉書なんてどうすんのかと思ったら、記憶喪失の彼女に見せて記憶を呼び覚まそうとしていた。だが、それはトリックの一旦だった。

 さらにレナードのお葬式にリズボンには内緒で彼女を連れ出し、暗示をかけてトリックをし掛ける。

 「青い湖が見えた」彼女にそう言わせ、犯人をおびき出した。

 湖から薬莢を取りに向かっいたのは、レナードが働いていた店の主人のネイティブアメリカンの男だった。
 彼がこの湖に産業廃棄物の投棄をレナードに命令してさせていたのだ。

 レナードは恋人の赤ん坊の為にその事実を発表しようと、記憶喪失になったジャーナリストの彼女を呼んでいた。その彼を殺し、たまたまその目撃者となった夫婦も殺したのだという。(ネイティブアメリカンの人が産業廃棄物を湖に投棄とは・・・ちょっと意外すぎる)

 記憶喪失の彼女のIDも発見され、カミーユ・ディロンだと分かる。さらにそれが引き金になり、記憶も蘇ってきた。

 事件は解決したものの、1度はリグスビーが「オレが異動するよ」と覚悟を決めたのに対し、ヴァンペルトは「私は恋愛より仕事が大事。それに将来貴方は私を恨むわ」と身を引く覚悟を決めるのだった。

 もしや、この決断もジェーンの差し金? リズボンに内緒で記憶喪失の子を連れ出した事を黙っていられなかった仕事熱心なヴァンペルト。改めて彼女は恋愛より仕事人間だと自覚させたとか? うーん・・・怖いぞ、ジェーン。

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

ヴァンペルトの決断は意外でしたねー。
リグスビーが異動したら重荷に感じちゃうと考えるのは納得。
でも別れたとか言って隠れて付き合ったりして!?
ハイタワーもジェーンと話したら案外理解してくれましたね。
もはやCBIはジェーンなしでは事件解決出来なそうですもんね(苦笑)
今回犯人役だった人は必ずネイティブアメリカン役で登場しますね。
ralph | URL | 2011/09/18/Sun 22:58 [編集]
ralphさんっ♪

 隠れて付き合う事も可能ですよねー。近くにいれば♪ でもあの2人、特にリグスビーが隠すの下手だからなー>< リズボンなら簡単に騙せると思うけど(それも問題あり?笑)
 ほんとジェーン頼みな所がある部署ですからねー。彼がいなかった時の捜査状況が知りたいぐらいですよ。ハイタワーもジェーン頼みな上司だから、きっとこの流れは変わらないんでしょうね。
 ネイティブアメリカンが自然を破壊するっていうのがちょっと違和感でした。
jan | URL | 2011/09/18/Sun 23:59 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

メンタリスト シーズン2 #41「赤い水」
The Mentalist Season 2 #18 Aingavite Baa  ヴァンペルトとチョウが麻薬課の応援に行った先で、記憶喪失の女性を発見。付近では3人の遺体が発見され、彼女は銃弾が頭をかすって気絶、3人と共に捨てられていたらしかった。3人のうち1人の若い男性は、女性と同じくIDを持... [続きを読む]
シーサイド発 2011/09/18/Sun 22:47
Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.