映画と海外ドラマ等感想

ディセント2
1の続編。SAWのように、前回の話がかなり活かされている。
あのバケモノにも随分と慣れた。相変わらず死体はグロいけど><
以下激しいネタバレ




1の時の唯一の生存者サラ。6人中の1人。彼女はショックで記憶を失い、レンジャーのおじいさんに助けられた。

 あの炭鉱で何があったのか、以前の犠牲者ジュノの知り合いの保安官の一任で、救助隊が出される事に。
道案内としてサラも同行させられる。

サラ。黒人女性リオナ。保安官。レンジャーのダン。その彼女キャス。彼女に片思いの若者グレッグ。

 炭鉱の奥に入っていくと、少しずつサラの記憶が蘇り、いきなり皆を殴り飛ばして1人逃亡してしまう。保安官は彼女が真犯人だと思っている。

 追っていく保安官。

 その時、落盤が起きる。1人閉じ込められてしまうキャス。全員を助ける為に、ダンは彼女を見捨ててリオナとグレッグと共に先に進んでしまう。

 サラは奴等が盲目で、音だけに反応するのを熟知していた。リオナをあわやの所で助ける。だが、ダンを助ける事は出来なかった。まるで「エイリアン」のリプリーのように強くなってるー!

 キャスも奴等に襲われるが、自力で一匹殺して脱出。グレッグと合流する。グレッグは「俺は見捨てない」と彼女に誓う。

 以前、自らを犠牲にした女性の遺体がそのままロープにぶら下がって残っていた。それを活用して谷を渡ろうとするキャスとグレッグ。だが、奴等が襲ってきた。
 グレッグは首を噛み千切られながらも、ドリルで一匹殺し、さらにキャスに襲い掛かっていた奴に掴みかかり、谷に落ちてしまった。

 キャスはグレッグを嘆き、さらにもう一匹に殺されてしまう。折角頑張ってたのにねー><

 保安官にも奴等が襲い掛かってくるが、それを撃退する女性の姿。1の生き残り、ジュノ(鳥肌たった)彼女はこなれた戦術で奴等と対し、保安官を助ける。こっちもリプリーのよう。

 リオナとサラは何とか逃げ延びる。奴等のトイレにも浸かった>< 一戦一戦こなすごとにリオナも強くなる。

 そのサラとリオナと共に合流したジュノと保安官等は、地上で狩りをする穴から逃げようと提案する。
 サラが逆らおうとするが、保安官に手錠をかけられてしまった。

 だが、谷を渡る段階で保安官が足を滑らせ、奴等が襲ってくる。レオナが仕方なく保安官の手首を切り裂き、谷に落とした。

 どんどん逞しくなってくリオナ。

 ようやく地上の明かりが見える所まで来るが、食事場には奴等が3匹も食事中だった。気付かれないように出て行こうとしたが、その中にグレッグの姿が。まだ生きていた。それに驚いて声を上げてしまうリオナ。
 
 襲ってくる3匹をそれぞれ逞しく撃退する3人。だが、その戦闘の中で、とうとうジュノが腹を裂かれて絶命する。
 さらに、その乱闘騒ぎで、奴等が大勢集ってきてしまう。サラは覚悟を決め、悲鳴を上げ一人囮となった。

 その間にリオナは地上へと逃げ延びる。

 ようやく地上に出て、携帯をかけようとしたら・・・サラを助けたレンジャーのじいさんに殴られ、再び穴に戻されてしまう。
 
 なんなの? このおっさん!!! 宝ものを1人占めするつもりで連絡させなかったってか? それとも・・・奴等の事を知っててわざと? うむー><
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.