映画と海外ドラマ等感想

ソーシャル・ネットワーク
フェイスブックの創始者マーク・ザッカーバーグの話
 
以下激しいネタバレ





IQが高いパソコンオタクのマーク(ジェシー・アイゼンバーグ)は、パソコンの知識や技術は素晴らしいが、そのひねくれた性格のせいで、彼女、エリカからはフラレてしまう。
 彼女にフラレた愚痴をブログで公開したせいで、彼女から恨まれる事に。
その腹いせに、ブログで大学中の女生徒の顔を比べ合うサイトを立ち上げ、サーバーをパンクさせてしまう。

 大学の審問に掛かるものの、反省の色なし。女の子達には悪いとは思ったが、その技術や、セキュリティの弱さを指摘して「賞賛に値する」と開き直る。

 その後、ハーバー大学のボート部のエース、ウィンクルボス兄弟(アーミー・ハマー)から、大学内の出会い系サイトを共同設立しないかと持ちかけられる。

 マークは頷いておきながら、親友エドュアルド・サベリンから資本金を借り受け、別の構想を打ちたて始める。その発想は、兄弟の出会い系に似ているが、まるで違うものだった。

 だが兄弟は自分達の構想を盗んだとして、後々マークを訴える。

 フェイスブックは、立ち上げてすぐに登録者は急増。運営は順調だったが、エドゥアルドとしては、利益を上げたいと考え、スポンサー探しに紛争したものの、空回りばかり。

 その中の1人、ショーン・パーカー。音楽を無料ダウンロード出来る会社を起業したものの、音楽業界から訴えられ、自己破産。その上薬や未成年への手癖の悪さはあったものの、起業家としてのセンスをマークは気に入り、感化される。

 親友のエドュアルドは、ショーンを最初から危険人物としていたものの、彼のおかげでさらにフェイスブックは拡大し、新たな投資家もついた。

 脇を押しやられていくエドュアルドは、1度口座を凍結してしまった。その時の事が仇となり、創始者から名前を削除され、持ち株も希薄されてしまう。
 今までの恩を仇で返される事になったマークに、後々訴えを起こす。

 今も拡大し続けるフェイスブック。今や125億ドルの大富豪となったマーク。だが、たった1人の親友とは決裂。元彼女のエリカには、フェイスブックの認証もしてもらえなさそう?!

 成功者には、ある程度大なり小なり苦難の物語があるだろうけど、年齢が若い分だけ、学生時代に起こる当たり前の問題や、喧嘩で動く金額がデカいという事だけな気もする。

 そういや、彼の家族の事がまるで出てこなかった気がするんだけど・・・もう未成年じゃないからいいのか。

 ちなみに自分はやってないんだよねフェイスブック>< 時代遅れだー。 

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

SNSをやらないと時代遅れ?
哀生龍もフェイスブックはやってません。 まず、英語が出来ないから、外人さんとは繋がりようがないし(苦笑)
フェイスブックにも、起業にも、大金を稼ぐことにも興味が無いので、見終わった時に「この映画は何を描きたかったんだろうか?」と思ってしまいました。
フェイスブックが生まれたきっかけと、それで巨額の富を得た代わりに友人を失ったマークのことを、(100%事実とは言わないけれど)そのまま描いただけで、「だからナニ?」と言うのが率直な感想です。
動く金額は大きかったけれど、若さと思いつきで動いただけなので、あまり奥行きの無い出来事ですよね?
哀生龍 | URL | 2011/08/08/Mon 23:40 [編集]
 哀生龍さんっ♪

 自分も英語出来ないからなー。下手な問題も起こしたくはないし・・・と思ってしまいます。
 彼等が若いだけあって、やはり熟練した大企業のトップの問題などよりは、薄い感じになってしまってますよね。意地の張り合いと、誰が先にやったのやらないの・・・ハーバード大学の学長が軽くあしらったような問題でしかないのかもしれませんね。金額は半端じゃないけど(笑)
jan | URL | 2011/08/09/Tue 18:21 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

ソーシャル・ネットワーク
ハーバード大学の2年生のマーク(ジェシー・アイゼンバーグ)は、コンピューターが相手なら素晴らしい能力を発揮するが、人間が相手だとどうも上手くいかない。 [続きを読む]
I am invincible ! 2011/08/08/Mon 23:19
Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.