映画と海外ドラマ等感想

地球が静止する日
ずーっとうちにあったけど、観なかったもの。
でも「MADMEN」のドンさんこと、ジョン・ハムさんが出てたから引っ張り出してきた。
キアヌ・リーブス主演。
以下激しいネタバレ



うむー・・・この壮大な題名の割には、かーなり地味な映画だったね><

1928年雪山で、キアヌ・リーブス演じる男が見た事もない輝く球体を発見する。
いきなり光輝き出した球体のせいで、その男は気絶する。

そして現在。
ヘレン・ベンソン教授は地球外生物の研究をしていた。
自宅には、既に他界している旦那の連れ子であるジェイコブがいる。
最近少し反抗期らしい。

その自宅に、いきなり国の使者だという連中がやってきて、子供を近所に預けると、出頭していくヘレン。

 疑心暗鬼ではあったか、軍の輸送機に集められたのは、皆科学者ばかり。どうやら一大事らしい。

NYに集められた彼ら。そこにヘレンの知り合いのマイケル(ジョン・ハム)さんの姿が。
彼の説明によると、木星の隕石が後数分でマンハッタンに墜落してくるというのだ。

 科学者達の計算によると、その規模からすれば、ぶつかれば地球は木っ端微塵になるだろうとの事だった。
 そんな事をしている間にも、刻一刻と隕石は迫り・・・

 だが、ぶつかると思ったら、それは静かに地球に降り立ってきた。丸い玉は、どうやらUFOらしいことが判明。軍や地元警察があわてて出動してくる。

 その玉の中から、人型のものが出てくるが、気がはやった者がそれを撃ってしまう。すると、いきなり玉から巨人兵が現れ、奇怪な超音波を出して、人々を苦しめ出した。

 だが、その撃たれた宇宙人が指示をすると、すぐに攻撃がやむ。

 宇宙人は病院搬送され、何とか手術を施された。周囲に包まれていたゼリー状のものが剥がれていく。それはこの地球に順応するための胎盤だったようだ。
 少しずつ地球人らしくなる姿。 雪山でDNAを奪ったらしい。

 そして彼、クラトゥは告げた。「地球を守りにきた」と。

 うーん。なかなか壮大な話のはずだけどねー。 根底にあるのは「ノアの箱舟」もうこれを言っちゃえば、ネタバレになっちゃうよねー。

 彼は地球を人類の手から守りにきた。生き残るのに値するものだけを救い出し、後は巨人兵を形成していた何ても食べちゃう虫で人類を破滅に追い込んでいくってもの。

 でも彼は人々と接しているうちに地球人が変われる強さを持っている事に気付き、身を犠牲にして攻撃を止めるのだった。


 なんでこんなに地味なんだろう・・・。低予算なのかな?
 子供がちょっとデバり過ぎてる気もしたし、元々宇宙人が、この地球人の監視をしていたという東洋人の説教的な話も地味だった。

 「プリズン・プレイク」のティーバック兄貴も出てたなー。

 目的のドンさんは少しずつヤサグレてきて、なかなかいい役だったっ♪ 

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.