映画と海外ドラマ等感想

MADMEN S2
#21(#8)


ありゃー・・・とうとう。
でもまぁ当然だといえば当然の報い。
 今回もトム・ハンクスの息子、コリン・ハンクス再登場。
#21(#8)


以下激しいネタバレ


 前回の終わりからすると、不思議なぐらい普通に接しているっぽい2人。
 でもベティの顔はずっと強張りっぱなし。ドンさんはとぼけ続ければ何とかなると思ってるらしい><

 自宅でドンさんの仕事関係のパーティをやるとの事で、その事でもイライラしてるペティ。

 ガタガタいっちゃうイスをぶっ壊してみたり。ここでの子供達がびっくりして見て見ぬふりしちゃうとこがかわいい。後で絶対に悪夢見るだろうな・・・汗

 その上、ドンさんベティを市場調査の一例として利用しちゃう。

 その事をパーティ会場でダックが言ったもんだから、みんなで大笑い。ベティは皆に笑い者にされたと激怒。
 それまで必死で我慢していたらしい、浮気の事を責め始める。
 ドンさんは「知らない。僕を信じろ」の一点張り。

 ベティはテレビでジミーのCMを見て、やっぱり彼の嘘・・・っと思うのかと思ったら、逆効果><
 「もう帰ってこないで。好きにすればいいわ」 どどーん!!! WATのジャックとどっちが不幸かな。

 
 ペギーの方は、また出てきたギル神父様っ!! 彼はどうあってもペギーに私生児の事を懺悔させたいらしいな>< 彼に知られている事に気付いたペギーは愕然。

 そして今回ちょっとドラマのシナリオの問題がおき、人手が足りないハリーのTV関係の仕事を任されたジョーン。シナリオを読んで、放映に差し支えないか調べる仕事だった。家にも持って帰って、やる気満々。

 例えれば、ドラマで子供が嫌がるフライが、その後CMされる商品だったり、タバコで死亡するドラマの後に、タバコのCMがきたり・・とスポンサーがイメージダウン恐れのあるものをシナリオから発見し、変更する。
 (そういや自分も勉強してた時言われたよ。自分の好きな作品はほとんど書けない。テレビの全ては、付くスポンサーと、俳優によって左右されちゃうんだからって。そういうのが丸見えする作品は 嫌い)

 顧客へのプレゼンもなかなかいい雰囲気。それで「職場の華」「いい秘書」以上の遣り甲斐を発見してしまったらしい。
 でも残念ながら一日のこと。すぐに後任がきて、ジョーンはお払い箱。かなりのショックを受けるジョーン。少しはペギーの気持ちが分かったかなー。

 いやー・・・今回はベティのドンさんの浮気調査は鬼気迫るものがあって怖かったっ!!
 散々浮気してるドンさん、流石はやり手。証拠の1つも出てこないっ!! ベティ、足の裏に刺さったガラスは大丈夫なんでしょーか?><

  最後はギル神父。礼服を脱いでからギターを片手に弾き語りするのが素敵だった。あれはコリンの生声なのかな。なかなかカントリーが巧かったっ!!


スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.