映画と海外ドラマ等感想

グリーン・ホーネット
グリーン・ホーネットもいいけど、ブラッドノフスキーさんが楽しかった!
 以下ネタバレ



思ったより、ドタバタじゃなかったかな。
グリーン・ホーネットを結成する話だから、いろいろ説明も多かったしね。

新聞社の父親ジェームズとブリット(セス・ローゲン)の関係。
ブリットと、カトーとの関係。
その2人とレノアとの関係。

そして敵側ブラッドノフスキー。

いろんな仕掛けや、武器をカトーが製作するんだけど「GOGOガジェット」思い出した。

淡々とした感じのカトーと、ドタバタのブリットとのやり取りは軽快で面白かった。

 でも自分的には何故か飄々としつつ、人の話を真剣に聞くブラッドノフスキーさんがお気に入り。助言をした部下はかわいそうだが(笑) 部下の中にCSI/NYのショーン・ケイシーことターミネーター2のジョン、エドワード・ファーロングがいたっ♪

カトーは最初ターミネーターみたいなロボットかと思ったよ。なんかゲームちっくな戦闘シーンだったね。完璧そうな彼にもカナヅチという弱点があるのが人間味に溢れててよかったっ♪

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

頑張れファーロング!?
>思ったより、ドタバタじゃなかったかな
それは感じました。
セスが作ってるから、もっとコメディチックになってるのかなと想像していたので。

>カトーは最初ターミネーターみたいなロボットかと思ったよ
本当に、凄く淡々としてました。
ブルース・リーもきっと同じような感じで演じてたんだろうなぁ・・・
と、想像してしまいます。
哀生龍 | URL | 2011/06/30/Thu 00:02 [編集]
頑張れジョンっ!!
 哀生龍さんっ♪

 映画と違う人を応援しているようですが(笑)
 素材はイイんだからもう少し痩せれば(禁句)

 ジェームズ・フランコはあっという間に死亡して笑えました。
 セスにしては、逆にヒーローの型にハマってしまったって事なのでしょうか。ヒーローとしてはかなり異質な存在ではありますけどね。
 カトーというと、スタートレック思い出すのは私だけでしょうか(笑) リーを敬愛しているならではのクールな演技なのですかね。
jan | URL | 2011/06/30/Thu 01:52 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

グリーン・ホーネット
LAの有名な新聞社デイリー・センチネルの社主ジェームズ・リード(トム・ウィルキンソン)が、突然スズメバチに刺されて死んでしまった。 後を継ぐ事になったの息子のブリット(セス・ローゲン)は、いわゆる放蕩息子。 [続きを読む]
I am invincible ! 2011/06/29/Wed 23:50
Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.