映画と海外ドラマ等感想

メンタリスト S2
2話っ♪




以下激しいネタバレ



 アリの部分はスルーしといて・・・(アリ別に関係なかったじゃん)

  署に匿名の通報が。路地に死体があるとの事。そこでアリと共にいたのは・・・ウィル・アクティアー。
 過去、リズボンが捕らえた小児性愛者だった。

 昔、その事件を解決した事で、リズボンは昇進したらしい。英雄的な存在でもあり、それを讃えていたボスコには、好意を寄せられているらしい。

 1番の容疑者は過去、マクティアーに娘をレイプされた父親。彼はリズボンにも恨みを抱いている。逮捕が遅かったというのだ。

 マクティアーの今の恋人は、彼の過去を冤罪だと思っていると告げるものの、ジェーンはちゃんと見抜いてた。
 彼女には娘がいて、彼はとても親切で、娘と最近妙に親密になりたがっている事を彼女自身も不審に思っていた事を。自分の事を想ってくれてると思った男が、娘目的だったと思ったらショックだよねぇ><
 まだせめて未遂でよかった・・・

 だが、事件は急展開を見せる。マクティアーを撃った銃から出た指紋は、リズボンのものだったからだ。

 少しずつ疑いが濃くなり、追い詰められていくリズボン。事件の日のその時刻の記憶が綺麗に抜けてしまっていたのだ。それを何とかジェーンが暗示で呼び戻そうとするものの・・・どうしても思い出せない。

 署で荒れていくリズボン。部下達、ヴァンペルトと、チョウ、リグスビーは捜査から外されたが、彼女の為に独自に捜査を始める。
 リグスビーが、今日は初めて? ボスコに楯突いてかっこよかったっ♪
 お馬鹿ほどかわいいってキャラなんだけど、だからこそ、たまにかっこいいことしてくれると光るよね(笑) 
  
 激しく荒れ、リズボンは署の窓を椅子で壊してしまう。リズボンはそのままカウンセラーの元へ、すると、診断しつつ、事件の事を赤裸々に語り始めるドクター。それはそのまま自供となった。

 彼が犯行を行い、雇ったのは、リズボンが手がける裁判の被告だった。彼女の印象を悪くして、裁判を有利に運ぼうとしていたのだ。

 激しく荒れた演技をしたリズボンは本当のようで凄かった。

 今回はリズボンの過去がいろいろ分かったね。
 彼女の父親のそういう病的な記憶喪失が、自分にも現れているのではっ?!っと心配しているのに、カウンセラーは何も言わないわけだよ><

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.