映画と海外ドラマ等感想

WAT S6
12話っ♪




以下激しいネタバレ




長いこと引き続く少女買春の話。犯人ロマーは捕まるのかっ?!

だが、その捜査の中、ヴィヴの元に確認の電話が。IDをマーズ刑事に勝手に使われていた。

「私に相談もなく動いて失敗しないで」と告げるヴィヴに、一瞬だけ怒りを見せるマーズ刑事。
「君は俺に相談もなくロマーを釈放した。3年も追っていた奴がここにいたのにっ」と。
でも、流石は熟練している2人。言い合いはそこまでで、すぐに普段通りに会話を始める。素晴らしい。
 
 ロマー捜索の特捜班を立ち上げる事になる。いろんな人材がやってくる中、妙にカンの良さそうな若い青年が。ヴィヴは門前払いを食らわせようとすると、堕胎の闇医者の筋から追う事を提案してくる。これからレギュラー?

 して本筋の事件は・・・退役軍人の病院で、義足にタトゥーを張る奉仕活動をしていていたローラ・リチャューズの話。万引きで逮捕されていた。父親は元軍人で、かなり厳しいしつけをしてきたらしい。その点ジャックも自分を当てはめて厳しい眼差しで父親を見てしまう。「軍人気質を家庭に持ち込むと、家庭は崩壊します」
 

 いやぁ、今回もあれよあれよと捜査方向が変わり・・・最後はなかなか粋な計らいを見せてくれたジャック。
 
 お父さんじゃなくて良かった・・・とホッ。 最後のマーとのやりとりが良かったなぁっ♪

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.