映画と海外ドラマ等感想

WAT S6
7話っ♪




以下激しいネタバレ


 サム、どんどんプクプクになっていくなー。
 ジャックにはコーヒーを止められるし、ダニーにはベビー服貰うし(笑)
 でも本人はあんまり嬉しそうじゃないのが気がかり。
 ダニーなんて、まるで自分の子のようにはしゃいでるし(笑)

 
 今回は白黒問題。学生の他愛もない言い合いをネットで公表したせいで、社会的な白黒問題に発展してしまう。

 今回の話は「えええっ」って展開が目白押しで面白かったなぁ。予想だにしなかった><

 黒人アレン・ヘイズと、トム・スウィーニーの言い合いから始まった今回の話。トム・スウィーニーが失踪。アレンも姿をくらましていた。

 トムのガールフレンドによると、ここ一週間ばかり様子がおかしかったようだ。最初は病気? とも思った。
 
 その理由を両親に聞くと、父親が鎮痛剤のドラッグをやり続けていたことが判明する。その売人の元に向かったのか?

 さらに調査を進めていくと、アレンは遠い親戚のうちに隠れていた。白人からの迫害を恐れてだった。
 トムから謝罪の電話を貰い、理由を言うから来てくれと言われたが、待ち合わせ場所には行かなかったらしい。

 その待ち合わせ場所には、別の黒人がトムと居合わせ、彼を車に押し込んでいる監視ビデオが入手できた。
 
 別の黒人からの報復なのか?!

 ブラインというヘラヘラしているトムの悪友を尋問。トムとギャンブルで借金していたことを暴露する。
 ジャックは彼を今度ポーカーのカモにしたいらしい(笑)
 その上、ハーレムの店で黒人女性を口説いていたらしい。

 その女性テリンに話を聞くと、そのトムを車に押し込んでいる黒人は、自分の父親アーサーだという。娘に手を出した事による報復?

 トムは自分の母親とアーサーが家で密かに会い、金を貰っているのを目撃していた。浮気を疑っていたが、
 実は・・・そのアーサーはトムの実の父親だったのだ。うええっ?!

 その事を今の旦那ジムも知っていたが、トムを自分の子のように育ててきたらしい。

 でもトムは、何故自分と父親がこんなに似ていないのか、幼い時から悩んでいた。その真実を母親から明かされ、ショックを受けるトム。
 その事があった翌日に学校で騒動を起こした。

 アーサーにはもう家庭があり、トムは邪魔な存在? アーサーがトムを亡き者にした?

 だが、アーサーが手にしていたお金はトム誘拐の身代金の為のものだった。

 トムを誘拐したと電話がアーサーに入り、待ち合わせ場所にFBIが張る。そこに来た赤いバン。乗っていたのは・・・悪友のブライン。
 トムとの共謀だったが、トムは途中で降りるといい始めたので、殴ってきたという・・・。
 
 友人は選ぼうね・・・ってつくづく思った回だな><

 トムが無事でよかったよ。ジムの父親ダメオヤジかと思ったら、いいオヤジじゃないか。アーサーも、いい人だし。みんなトムを思ってのことなのにねー。親の気持ち子知らずとは良くいう。


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

NoTitle
人種って一体なんだろう?って考えさせられるエピでした。
人種が絡むと憎悪事件に発展しそうで怖かったけれど、家族の問題だったんですよね。
周囲の人の愛情がトムに届いて良かったです。

サムは顔がのっぺりしてきましたよね。
ダニーの気の早さは勲章物でした(笑)
サムを観てると、喜んでませんよね。迷いがある感じ。
仕事のせいか父親のせいか…。
それでもこの先、無事生まれたら子供を愛して欲しいなと思います。幸せな笑顔を見たいです。
ぽっこ | URL | 2011/04/28/Thu 16:37 [編集]
 ぽっこさんっ♪

 人種問題は悲しいことですね。同じ地球人なのに。そこが問題じゃなくて本当に良かったです。トムにとってはちょっと受け入れるのに暫く掛かりそうですが。あの周囲の人達がいれば大丈夫だって思わせてくれましたね。
 サムはどんどん顔が変わってますねー。本人より周囲が浮かれている様が楽しかったです。ジャックもダニーも小言が多くなりそうですね(笑)
jan | URL | 2011/04/28/Thu 19:27 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

WITHOUT A TRACE6 第7話「父と息子」Absalom
WITHOUT A TRACE / FBI 失踪者を追え!〈フォース・シーズン〉セット1 [DVD](2010/10/06)アンソニー・ラパグリア、ポピー・モンゴメリー 他商品詳細を見る ハドソン大学で政治学科の講義中 黒人学生のアレ... [続きを読む]
ドラマでディナー 2011/04/28/Thu 16:08
Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.