映画と海外ドラマ等感想

NCIS:LA 
18話っ♪



以下ネタバレ


街中で海兵のウェンデル・ダブスが大勢のギャング達に射殺された。
AK-47で執拗に撃っている怨恨か?

彼には弟ジェームズがいた。兄は優秀だが、弟は悪い仲間とつるむようになった。
ジェームズに仕事の仲買までしてやりながら、何故殺されたのか。

 話を聞きに行った家にまで、報復にくるスライド率いるギャング団。ジェームズを探しているらしい。
 ギャング団同士の抗争も悪化していく。

弟ジェームズが紹介された車修理工場には、たくさんのハンヴィーが。軍と契約しているらしい。

 責任者はロニー・ミラー。 ここで潜入の為の名前をサムが、カレンの事をアーニーと紹介する。
 その名前が気に食わないらしいカレン。

 でも、ダブスの友人の家に隠れていたジェームズに対してカレンはゴールディと名乗る。その名前もどうかなって事で(笑)引き分けだね。
 咄嗟に偽名を考えるのはセンスがいるねぇ。

 調査をすすめていくと、ロニー・ミラーは偽名であり、昔はマルコヴィッチという男だった。

 ジェームズに肩入れしているサム。過去モーやダムの事があるからだろう。今度こそ助けるという意気込みで少し意地になってる。心配するカレン。
 
 だが、疑いをかけたロニーは白。
 ギャング団達の仕業。ジェームズを裏切らせないための見せしめとしてダブスを撃ったらしい。

 サムがジェームズの従兄弟としてギャング団に潜入。ロニー・ミラーの工場に到着し、車を盗もうとするも車は動かず、そこにロニーが自分の汚名を晴らすためにやってくる。

 ジェームズにもAK-47を持たせるスライド。ジェームズは兄の仇を討とうとし・・・カレンとケンジーも応援に駆けつけて銃撃戦に。
 とりあえず今回のジェームズは無事。

 ハンヴィーを解体して調べると、その中にはヘロインが。密輸してたらしい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.