映画と海外ドラマ等感想

NCIS:LA
16話っ♪




以下ネタバレ



 おっ♪ 今回は結構楽しかったぞっ!!

 ネイトが捜査員になるっ?! ネイトの世話を任されたケンジー姉さん、ちょっと困惑気味。

 ほとんど何も出来ないけど、かっこつけだけはイッチョ前みたいな(笑) いいじゃないかー。こういう雰囲気でいって欲しいけどなー。
 
 事件の方は・・・
 中国人の海軍エリートが首を吊った。彼は吊る前に何か投げていた。

 彼の家族にも話を聞くが、エリートで自殺するような原因はまるで分からないという。
 彼には婚約者シュエ・リーがいた。

 ほとんど別居状態の姉の元へ。中国の1人っこ政策のせいで、自分はツマハジキな存在だという。
 シュエ・リーは両親が押し付けた相手。彼はゲイだった。

 相手の男性の元へと向かうと、殺されてしまっていた。痴情のもつれか? 

 だが、防犯ビデオを確認すると、真犯人が写っていた。彼の身元を洗うと、ギャングに当たる。彼の元へと向かうと、そこにはシュエ・リーの姿が。銃を巧みに扱っている。とても素人には思えなかった。

 サムが発見したキーは、実はクローリーという無線型USBだった。どうやら中国軍のスパイだったらしい。

 両親も仕込みで、ジュエ・リーは監視人だった。父親ジュンが暴走する。


 話は地味なんだけど、ネイトの話が結構楽しかったなー。ヘティにカーウッド・エイムスの功績を聞くものの、現場で死亡したとの事。
 カレンや、サム、ケンジー姉さんにも「ダメ」言われてちゃって、残念><


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.