映画と海外ドラマ等感想

CSI/NY S6
12話っ♪



 以下ネタバレ



 クリスティーン・レイノルズが殺害された件で、レイエスが裁かれていたが、そこにステラが押しかけ、レイエスの釈放を頼み込んできた。
 その検事役をしていたのは、マックやステラと旧友の検事15年になるクレイブ。勝負スーツとかフレンドリーな雰囲気。
 
 裁判を途中で止められ、クリスティーンの母親からは、当然恨み言を言われる。

 現場にはあんまり証拠がない。大理石の靴跡ぐらい。改めて調べた現場から、ダニーとリンジーが指紋付きのライターを発見する。
 それはロブ・マイヤーズのものだが、彼にはなんとアリバイがあった。クレイブの妻、サラと浮気をしていたのだ。

 だが、その後の調査でライターは現場検証をした後に置かれたものだと判明する。後から現場に入ったのは、クレイブ1人。

 彼はサラの浮気を知り、相手を突き止めるためにCSIを利用したらしい。

 だが、相手は検事15年の男。証拠を台無しにする方法を心得ており、肢体もバラバラにして川に捨てたらしい。なかなか相手が狡猾で楽しいっ!!

 だが、除雪車の中についていた血痕が、ロブの飼い犬のDNAだと判明し、その北の土地の塩化カリウムがクレイブの車のタイヤについていたことで、クライブを裁判にかける。


  一旦釈放されたレイエスが証人の女性を殺しに行こうとした事で決定打。「無罪」の申し出は却下された。

 
  そしてそしてっ♪ ダニーは今も鍼治療を続けているらしい。治療を受けている間、サイフとID、バッチを盗まれてしまうー><
 
 あーうー・・・タイムリーに見れるのはここまでっ>< WOWOWさん、今までありがとうっ♪
 今までサンキューマイフレンドーっ♪
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.