映画と海外ドラマ等感想

ドラキュラ
観たっ♪



 以下激しいネタバレ


 1992年作品。

 ドラキュラ伯爵(ゲイリー・オールドマン) 彼の元后で自殺してしまったエリザベーテの生き写し、生まれ代わり? のミナ(ウィノナ・ライダー) その婚約者ジョナサン(キアヌ・リーブス)

 ミナの親友のお金持ちルーシー(サディ・フロスト/ジュードの元奥さん!) と取り巻きの3人。医者のジャック(リチャード・E・グラント) とテキサス男のクエンシーと最終的に婚約者になったアーサー。


 トランシルヴァニアに、ドラキュラ伯爵の弁護士として仕事に出向いたジョナサンは、彼の為にロンドンにいくつかの屋敷を購入する。
 だが、その後ドラキュラの妻3人に食い物にされてしまう。
 なんとか脱出し近くの修道院に保護される。

 その頃ロンドンで婚約者を待ち詫びていたミナ。だが、親友のルーシーはドラキュラ伯爵に目を付けられていた。次第に変化していくルーシー。

 ジョナサンの妻が、自分の元妻に瓜二つなのに気付いた伯爵は、ミナも自分の女にしようとする。

 ルーシーの取り巻きの3人は、彼女の為にドクターヴァン・ヘルシング(アンソニー・ホプキンス)を呼び寄せる。
 ヴァン・ヘルシングのおかげでドラキュラ化したルーシーに杭を打ち、首をはねる。

 ロンドンに出向いてきたドラキュラ伯爵は、ミナに近付き、彼女を誘惑する。だが、その途中で脱出してきたジョナサンから手紙が届き、教会で結婚式を挙げるのだった。


 だが1度伯爵と近付いたミナは、ジョナサンと結婚した後も伯爵の事を忘れられないでいた。

 ミナを取り戻すべく襲ってくる伯爵と、ヴァン・ヘルシングを筆頭に、ルーシーの仇を討つために取り巻きの3人、そしてジョナサンが対決する。

 
 なかなかエロくて画面的に綺麗だったな。陰影の感じとか、装飾品も見事だった。

 最後はやはり神は捨ててはいなかった。愛は何よりも強い。って綺麗な結末だった。

 出演者が豪華だったので観たけど、ホプキンスのヴァン・ヘルシングはちょっと違和感だったかな(笑)
 キアヌが3人吸血鬼妻に蹂躙される様はえろっ!!

 個人的にはルーシーの3人の取り巻きが一生懸命さが良かったなー。勿論ゲイリーの力の入った吸血鬼もえかった。でもあの棺じゃなくて、土と一緒に普通の箱に梱包されてるのは・・・どうかな(笑)

 思ったより面白かったっ♪

  
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.