映画と海外ドラマ等感想

ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ
観たっ♪



 以下ネタバレ



 1990年もの。
 シェークスピアのハムレットに出てくる、友人の2人、ローゼンクランツとギルデンスターンがメインの話。
 ハムレットとオフィーリア、王も王妃も出てくるけど、メインはハムレットのスパイ・デンマークからイギリスへの輸送、暗殺を頼まれた2人の話。

 ローゼンクランツ(ゲイリー・オールドマン) ギルデンスターン(ティム・ロス)
 この2人のドタバタが楽しいっ♪

 映画自体はシェークスピアの戯曲とセリフで進むからお馬鹿な自分には???な部分が多いものの、
 劇団員の怪し気な雰囲気と、2人のコミカルな感じがとってもマッチしててよかったっ♪

  この中だとギルデンスターンのティムはしっかりもので、少し激昂癖がある。それに対してローゼンクランツのゲイリーは冷静でちょっとおっちょこちょい。仕草がいちいちキュートだったっ♪
 お風呂のシーンもいい体を披露っ♪ 

 リンゴが落ちることや、蒸気運動、紙飛行機の発明などちょこちょこ凄い事をやってのけてるけど、ギルデンスターンには見向きもされない>< 表情がなんともキュートだったっ!!

  サンキューマイフレンドっ♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.