映画と海外ドラマ等感想

サロゲート
観たっ♪





 以下ネタバレ



 映画館のCMで金髪のブルース・ウィルスの違和感に笑ってしまって、気になっていたのだな。
 

 そうか、ロボットなのかー。それなら納得(何が)

 街に出てる人達はだいたいサロゲートという自分の身代わりのロボット達。本体(生身)はといえば、家のベッドで寝て、そのロボットの目を通して観たり、感じたりするらしい。性別も別に一致してなくてもいい(それは楽しそう)どんな危険な仕事も出来るし、危険がない。  との売りだったが。

 発明者は障害者だったキャンター博士。健常者のように動けることを体験したいという願いからのものだった。

 だが今や彼の手は大きく離れ、1人歩き状態。人間はサロゲート中毒になりつつあった。
 そのうちサロゲート反対派の活動家まで現れ、過激なテロ活動も行われていた。

 そんなある日、キャンターの息子のサロゲートが死亡する。本来なら安全なはずのユーザーまで一緒に死亡させてしまうという武器が使用されていた。

 FBIであるトムはその犯人を追跡するが・・・。


 それなりに面白かったかな。サロゲートが大袈裟に飛んだり跳ねたりする感じ。でもちょっと浅い感じがしちゃったなー。

 浅いっと思っちゃったのはやっぱりロボットだらけだからか? あのまま彼らが生活してったら、体が退化しちゃったんじゃないのかな・・・将来的には本体は脳だけしか必要なくなっちゃうよね。それも怖い><

 
 そういや、トムの上司であるストーン捜査官が、バイオハザード4のルーサー役の同じ黒人さんで、スーツも似合ってスタイルいいなぁ・・・と見惚れてしまった♪
 
 そしてあの武器・・・もう少しかっこよくデザインできなかったのかな・・・。

  
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

【将来】
>将来的には本体は脳だけしか必要なくなっちゃうよね
退化した人間を世話し管理するのは、サロゲート? ロボット?
システムにトラブルが発生したら、直ぐに人類滅亡ですね(苦笑)

>サロゲートが大袈裟に飛んだり跳ねたりする感じ
生身の人間以上のことが出来るのに、基本的に普通の社会生活をし、話したり歩いた“人間並み”の行動をしてるのが逆におかしかったです(笑)
哀生龍 | URL | 2010/12/26/Sun 11:10 [編集]
 今のところようやっとコントロール下にいるものの、子供のサロゲートもあったように、あのままいってたら人間は確実に退化しましたよね。ほんっと呆気なく滅亡しそうです。まぁ本編も呆気なかったですが(爆)
 そうなんですよー。あれだけの能力がありながら、宝の持ち腐れ。着飾る事だけに執心しているのが不思議でした。
jan | URL | 2010/12/26/Sun 12:13 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.