映画と海外ドラマ等感想

BEDROOMS & HALLWAYS
観たっ♪





 以下ネタバレ




 映画字幕さえないので、まるで内容分からず(笑)
 雰囲気だけで観てます。


 レオ(ケヴィン・マクキッド)が主役。彼の周囲には何故かゲイが多い。親友のダレンもゲイで、彼にはジェレミー(ヒューゴ・ウィービング)という恋人がいる。
 
 主役のレオは自己啓発のセミナーみたいな所に通っている。そこに通っている青年とゲイとしてカプになる夢を何度も見るものの・・・結局はやっぱり女性がいいという事になるらしい。

 彼の親友のダレンは、ジェレミーといつもいちゃいちゃしている。この2人が無邪気でかわいかった。
 でも途中でSM傾向に向かったにも関わらずに途中で逃げ出したジェレミーにショックを受けて別れの危機に陥るものの、結局はまたいちゃいちゃ(笑)

 最後は皆おさまるところに納まってめでたしめでたし。多分(笑)

 この中のケヴィンさんの乙女ちっくなかわいさも良かったんだけど、無邪気な親友ゲイカプがかわいかったなっ♪

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

【みんな可愛い】
なんかふらふらしちゃうし惑わされちゃうしハッキリしないところが可愛くも見えちゃう、そんなマクキッドが珍しくて楽しかったです。

みんな自然体で、ガツガツしてないのが心地良く、好きなら性別になんかこだわらずに誰と付き合ってもいいんじゃない?と思える作品ですね♪
哀生龍 | URL | 2010/12/20/Mon 06:49 [編集]
哀生龍さんっ♪ ほんっと俳優なら1度はやるべきゲイ映画(笑) 夢の中のマクキッドは頑張ってましたね。ぶりぶりな雰囲気がかわいかったです。あのセミナーはいったい何のものだったのでしょー? ストレートになるためのものだったとしたら、マクキッドは成功したって事でしょうか(笑)
 親友君カプの無邪気な様がとっても気に入りましたっ♪
jan | URL | 2010/12/20/Mon 08:06 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.