映画と海外ドラマ等感想

ロスト S6
121・122話♪ (最終回)



 以下ネタバレ


 ケイトとソーヤー、ハーリー、ジャックを見守る。ロックとベンが向かったデズがいるはずの井戸の場所へ。

 またハーリーが言ってくれました。「ヨーダより酷い」「嫌な予感がする」(笑)

 ジャック「僕には島しかないから」
 ソーヤー、隠れて様子見てたけど、ロックに見つかる。彼が島を破壊する事を告白。ベンも驚く。

 ローズとバーナードが平和に暮らしている場所にデズ匿われていたけど、ロック達が来る。
 ローズ達を殺すと脅されて、おとなしくロックに従うデズ。

 久々にマイルズとリチャードが。黒い霧に殺されたわけじゃなかったんだね。
 リチャードは機体を破壊するって。ハイドロ島へ向かう途中で、フランクを発見っ!! 生きてたーっ!!!
 その機体を使って島を逃げ出そうってっ♪ でもクレアに阻まれる。3人は一緒に行こうって言うけど、クレアは拒む。
 
 とうとうロック、ジャックがジェイコブの後継者だと知る。「君は無難すぎる」ジャック「僕が君を殺すんだ」
 とうとう彼等の対決に。デズは武器かもしれないって。

 皆で光の元へ。デズが一人で光の源に行って突っ込んである杭を引き抜くと・・・島が崩壊し始める。
  ロック、ヨットで逃げ出そうとするが、そこへジャックが襲い掛かる。

 サイドでは、やっぱりジャックの奥さんはジュリエットでしたっ。そしてその息子がデビット。

 そしてとうとうオーシャニック航空から棺が戻ってくる。
 それを受け取るのはデズモンド。傍にいるのはケイト。
 ロックはジャックの出頭のもと手術へ。
 コンサートで出会うチャーリーとクレア。クレアの出産に再び立ち会うケイト、そして記憶を取り戻す。
  
 ハーリーはサイードをシャノンとブーンとめぐり合わせる。そして記憶を取り戻す。


<最終回>



島ではジャックがロックを退治。島を何とかしようとするジャック。そしてそれに続くハーリーと、ベン。
 
 島を脱出するために別れを告げるソーヤーとケイト。そして途中でクレアを説得して3人でマイルズ、リチャード、フランクが整備した旅客機へ。彼等は無事脱出していく。

 ジャックは岩を元に戻し、代わりにデズを救出するハーリーとベン。
 
 ジャックはハーリーに島の守護者の任を委ねる。汚いペットボトルと、汚い水で>< 
 そしてジャックは傷付いた体でフラフラと辿り着くのは、S1の初回でジャックが倒れていたあの場所・・・。

 サイドでは・・・
 ロックのジャックの手術は成功。そして記憶を取り戻す。「君には息子はいないよ」と告げられる。
 ソーヤーは病院のサンとジンの元へ。故障した販売機でジュリエットと再会。2人で記憶を取り戻す。

 皆がジャックの父親の葬式が予定されているはずの教会へ。そこには皆がいる。ベンは教会には入らなかった。
 
 ハーリーはベンを「ナンバーツー」ベンはハーリーを「偉大なナンバーワン」と呼んだ。

 皆が皆再会を祝して光の中に包まれ・・・・ (涙)


 ロストが始まった段階で言ってた旦那の一言が大当たりになってしまった汗><

追記> 夢オチではなかったようです。彼等にとっては天国にいく狭間で本当に現実としておき続けていたことって事ですね。ご指摘ありがとうございましたーっ♪
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

こんにちは♪
janさん「夢オチ」じゃないですよぉーーー!!!
AXNのサイトでも解説していましたし、ジャックパパも教会で言っていたように「全て現実に起きたこと」ですよ。
ハーリーがベンに「最高のナンバーツーだよ」って言ってたように、ジャック亡き後、島はあの2人がしばらく守ったのでしょう。
“サイド~”は、死後の世界、転生あるいは天国へ行く手前の三途の川辺り?たぶん、死んでからも815便のメンバーに会いくて会いたくて仕方なくって、パパが言うように皆で作りあげた世界で、現実社会では叶えられなかったことを叶えているのじゃないかな?と私は解釈しましたけれど・・・。
夢オチじゃないのだけは確かなようです。
kaho | URL | 2010/11/22/Mon 17:33 [編集]
kahoさんっ♪ おおおっ全部が死後の世界ってわけじゃなかったんですかー?! S1で死亡した場所に戻ってきたからテッキリ・・・それじゃあそこまでの島での出来事は実際にあったことっ事なんですね? サイドは本当に死後の世界。なるほど~。改めてありがとうございますーっ!!! 最後の旅客機の残骸がいかにもって感じだったのですっかり勘違いしてしまいました。彼等の活躍も葛藤も無駄ではなかったって事でよかったですっ♪
jan | URL | 2010/11/22/Mon 22:45 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.