映画と海外ドラマ等感想

ターニング・ラブ
観たっ♪



 以下ネタバレ




 ラッセル・クロウ(スティーヴ)の若かりし頃の作品。お相手はサルマ・ハエック(モニカ)

 恋人同士の2人。若い頃から喧嘩しては、離れるものの、どうしてもお互いを忘れられない。結局電話で仲直り、再びSEX・・・でもまた朝になると喧嘩。の繰り返し。

 この際もうSEXしたらすぐに離れるのがいいんじゃないかと思う事もあるが・・・。


 SEXの相性は抜群にいいが、それ以外は性格の不一致らしい。セフレになればよかったのに。

 そのうちスティーヴが求婚し、結婚式までいくものの、肝心な誓いの部分で気絶するスティーヴ。
 それが決め手となり、モニカとは絶縁状態に。

 お互いに家庭を持った今、改めて再会してお互いが恋しいきもちは残っているもよう。
 再熱するのか? って所でエンド。

 テーマは「恋愛と結婚」かな。決して恋愛のゴールは結婚ではない。結婚前に、2人は世間に「結婚のよさ」「長続きの秘訣」をインタビューしまくるが。いろいろな意見が飛び捲くる。「愛」「忍耐」「SEX」「妥協」等。でも一つだけの結論に至るわけがない。人間それぞれ考え方が違うんだしね。
 
 話はベタな恋愛映画。ラッセル・クロウの若い頃の姿を堪能する映画と言ってもいいかも。
 ピチピチ。エドワート・ノートンみたい。細いし・・・いや、途中太鼓腹になってたけど(笑)
 眼鏡も各種お似合いでした。
 
 でも結婚して落ち着いちゃって、服装も地味目に、髪もオールバックにするといきなり老けるっ><
 これぞ俳優って感じ。

  サンキューマイフレンド?♪

  
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

【あの頃君は若かった・・・】
>ラッセル・クロウの若い頃の姿を堪能する映画
本当に、それ以外の何物でもなかったですね(笑)
哀生龍にとっては丁度良い長さの髪形で、内容はどうってこと無いけれど、彼的にはとても楽しかったです!

>太鼓腹
未練たらたらの妊娠腹ですね(爆)
哀生龍 | URL | 2010/11/14/Sun 16:23 [編集]
哀生龍さんっ♪ あの頃君は若かった。まさにっですねっ♪ 最初誰だか分からなかったぐらい(笑) あの2人の行き来は蹴り飛ばしたくなりますが、合間合間に入ってるラッセルの姿がかわいかったですね。ベッドの取り合いとか、ジムでの妄想とか(笑) そこら辺はとっても楽しい映画でしたっ!! 「君の子度を妊娠しちゃったよぉ~」のは爆笑でした(笑) TBありがとうございましたーっm--m
jan | URL | 2010/11/14/Sun 17:23 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.