映画と海外ドラマ等感想

サブウェイ123 激突
以下ネタバレ





 公開の予告やっていた頃から少し期待していた映画。
 WOWWOWでやってくれたから楽しみにしてたっ。

 だけどー・・・


 正直期待はずれだったかなー>< 好きな人この先読まん方がいいかも。すまない。




 なんかもっと地下鉄の時刻表を駆使した犯罪とか、それを巧く司令室が潜り抜けてくれる話かと思ってたんだけど・・・これなら別に地下鉄じゃなくてもよかったじゃん。鉄っちゃんの愚痴にしか聞こえない?(笑)
 
 それになんか警察がとってもイラつくほどトロいってか、お馬鹿ってか。
 事故ってる場合か?!
 
 主役はデンゼル・ワシントン(ガーバー)NY運行司令室の運行係。
 犯人側はジョン・トラボルタ(偽名ライダー・本名デニス・フォード)

 最初の交渉人としてのやり取りはなかなかよかったと思うんだけど・・・ガーバーには過去があって、ワイロを受け取った事があるかどうか、ライダーの共犯なのか? って感じで。

 本当の目的は他にあったって言ってもさ・・・最後の〆がイマイチだったし。あの部下達、あんなに簡単に警察に囲まれちゃって最後は華々しい終わりにしてたけど、イマイチまぬけだったなぁ><

 そしてトラボルタもすっかりゴールドの証券が思惑通りに跳ね上がった事で満足しちゃったのか、逃走がのんびりし過ぎっ>< 身元もすぐにバレちゃったしさー。それも私怨だし。

 逆にあくどいはずの市長がゴールドと証券の事に気付いたのが凄いと思ったよ。

 なんか思ったより緊迫感のない映画だった。なにがいけないんだ? NYの交通渋滞がいけないのか?(笑)

 人質18人のうちの一人がウェブに公開してって所まではなんか御膳立てはとってもイイのに、どうしてこんなに緊張感がないんだろう。唯一の子供は冴えてたけどな。この母親を庇って撃たれちゃった黒人兄ちゃんが不憫だ。
  
 この中でイイと思ったのは、ガーバーをずっと庇い続けた同僚君。でも彼の上司はあまりにマヌケで(まぁ定番だけど)笑えた。あの壁紙の自画像か、写真はあそこまで派手にする必要があったのか。

 人質救出担当のカモネッティさんも鋭かったし、かっこよかったな。彼のサイドストーリーが観たい。

 主役のはずの2人がイマイチ輝いていないと感じた映画でした><

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.