映画と海外ドラマ等感想

蘇生 イヴィル・ネバーダイズ
観たっ♪


 以下ネタバレ

 「トーマス・ギブソン」さん主演。

 まぁ・・・なんてっトーマスさん至上主義なお話なんでしょうかっ!!

 女上司以外はみんな(犯人も含め)トーマスさん演じるとこのライアンにベタ惚れっ!! 何故男ばかりっ?!
 いい雰囲気だと思ったイヴも違ったしっ(笑)

 みんなに庇われ、愛され・・・いいとこ取りなお話でしたっ!!!
 トーマスさんファンには美味しい一本だねっ♪

 手錠をし、首を折るという連続殺人が起きていた。
 その犯人を追い詰めているライアンと相棒のコールマイヤー。
 ライアンの誕生日パーティを開いていたその日、妻のアビーが殺されてしまう。
 執念で犯人ウィリアムを逮捕したライアン。
  ウィリアムの死刑にも立ち会う。

 何が凄いって。トーマスさん、誕生日で幸せいっぱいな時にはパンパンに太ってたのに、死刑執行日にはゲッソリしてるの。映画人だっ!!!

 ウィリアムは死刑間際に歌った「僕が欲しいのは君だけさ?」んで「俺は蘇ってお前を死ぬまで追い詰めてやる」ってまぁ愛されちゃってっ♪

 妻を失って少し挙動不審になっているライアンは、大学の警備官に転職させられる。
 そこのホールモンド大学のアーキン博士は死体を蘇生させる研究に励んでいた。
 その助手をしているイヴという女性。

 ここにいる警備員のクリス・トンプソン君がかわいかったよなぁ。ライアンに憧れの眼差しばりばりでっ・・・残念でならないっ><

 いやー・・・とにかく至上主義ばりばりでとっても美味しいお話でしたっ♪

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トーマスさん至上主義なお話
誕生日に、ドサクサ紛れに相棒も愛の告白(笑)
本当に楽しそうだったので、その後のほとんどのシーンがやつれ荒んだ状態だったのが、残念でなりません。
可愛いトーマスさんが、もっと見たい!

>警備員のクリス・トンプソン君がかわいかったよなぁ
哀生龍はちょっとウザッと思ったのですが、ご機嫌斜めながらちゃんと相手して、同僚として扱ってあげてたライアンっていい人だなと(笑)
哀生龍 | URL | 2010/09/29/Wed 20:03 [編集]
哀生龍様っ♪ 至上主義でしたよねっ。誰もそれもがライアンに優しいっ!! どんなに精神を病んでいても手放しませんしねー(笑)
 あの坊やウザかったですかー。憧れた存在が目の前にって所で浮かれ飛んでる様がかわいかったのですよ(笑) なかなかライアン弟分としてかわいがってくれていたのに・・・残念です。
 最初の誕生日に浮かれてる笑顔がほんっと無邪気でかわいかったですねっ。
jan | URL | 2010/09/29/Wed 21:10 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.