映画と海外ドラマ等感想

華麗なるペテン師たち S4
2話っ♪


 以下激しいネタバレ


 今回は競馬の話ー。

 早速リーダー風を吹かせてるダニー。迷惑顔のステイシーとアッシュ。アルバートだけは認めてるらしい。
 でも4人じゃ大きな詐欺は辛いから、ダニーは新人を入れようと面接を始める。
 でも実力よりも若くて綺麗な女性ばかりを選ぶ。
 
 そこに黒人のビリーという青年が立候補してくる。門前払いを食らわせるダニーだが、サイフは盗まれるわ、時計は盗まれるは・・・散々(笑)
 「オレはまだ生まれたばかりの詐欺の赤ちゃんなんだ、ブルーさん、あんたのオッパイを吸わせてくれよ」にはかなり笑ったっ!! その後はずっとストーカーしてるし(笑) アルバートに止められるまで、ずっと付けて回るつもりだったんだろうか。
 
 今回はアルバートがカモを発見してくる。ストリップクラブ、AV映画の監督をしている男。リキッド。彼は馬に目がない。
 早速馬主のデイビット・タイラーを装うアルバート。

 詐欺仲間のアーチーから馬を調達。ストップウォッチに細工をして「シンディーズフォーチュン」を速い馬だと思わせる。

 契約10万で成立かと思いきや・・・アッシュ、酒と女に騙されて前金1万で後の9万はレースで優勝してからだという。ここで手を引いても良かったが、ダニーが「一流の詐欺師ならこんなとこで終わらない」

 仕方なく速い馬を色替えしてレースに優勝させた。だが、その後のシャンパン祝いで色が落ち・・・逃げる事に。
 珍しく黒星? っと思ったら・・・そこに新人ビリー・ボンドが。リキッドが馬に賭けた金を盗んでいた。
 その功績で仲間に入れることを許すダニー。

 初の黒星かと思ったけど、みんながみんなちゃんと「シンディーズフォーチュン」に賭けて設けてたっ♪さすがだっ!!

 いやー・・・アルバートはあくまでもダニーをちゃんと立ててくれるとこがいい。でも「話を聞きなさい」といわれたら、ダニーもちゃんとおとなしく言う事聞く♪
   
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.