映画と海外ドラマ等感想

第9地区
観たっ♪





 放映時から気になっていたものを、レンタル出たので早速観てみる。
 なんとなく予想していたのとはちょっと違うものだったけど・・・
 


 以下ネタバレ


 いやー・・・かなりグロかった。
 イメージしていたものとだいぶ違った。

 ある日忽然と南アフリカ上空にエイリアンの宇宙船が停泊。
 中に進入してみると、エイリアン達が大量に衰弱していた。
 彼らに居住区「第9地区」を与えてみたものの、すぐにスラム化し、ギャングも彼らを利用して居ついていた。

エイリアン管理局の「ヴィカス」彼は通称エビと呼ばれるエイリアン達の居住区の管理を任されていた。その様はかなり横暴。

 姿形が違うものはとりあえず排除除去。人間の・・・いや地球人の身勝手な行動等がかなり浮き彫りにされ、それを管理する立場の男が、今度は排除される側になったとき、どんな行動を起こすのか。

  アーマーを着込んでから逃げ出しちゃったときは、同じ人間として恥ずかしく思えたなー><
 でも彼、かなりの人数殺害しちゃってますな><まぁ相手はギャングも入ってたけど。「クリストファー」とバディみたく頑張ってくれ始めた時はかっこよかったっ!!

 最後はなかなか域な計らいで。内容がぐちょぐちょだったわりには、観終わり感は良かった!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

自分は大丈夫か?
>同じ人間として恥ずかしく思えたなー
この作品のポイントは、ここかもしれないですよね。
「人間として、恥ずかしい行為をしていないか?」「違う部分があるからと言って、同じ人間を差別し、横暴な態度に出ていないか?」

>「クリストファー」とバディみたく
人間って本当に単純で、自分の命を救ってくれる(自分にプラスになる)相手は味方、そうじゃない相手はどうでもいい存在か敵。
極端に言ってしまうと、自分が基準なんですよね。
昨日の味方は今日の敵、逆もまた然り。
それがとても皮肉交じりに描かれていて、映画として楽しく見られました。
哀生龍 | URL | 2010/10/12/Tue 08:43 [編集]
哀生龍さんっ♪ かなりの皮肉が込められていましたね。人間の身勝手さ、自分本位な所。自分を保身の為ならどんな残忍残虐なことでも出来てしまうおろかさ。
 それをエイリアンを相手にした事で軽くブラックユーモアに留めて打ち出したって感じですね。これが同じ地球人同士で描くと途端に観る人を選別してしまうから、人種や様々な宗教を超えてみんな同じ地球人としてどうなのっ?! って全人類に働きかけるにはこっちのがズンッと胸に来るものがあるかもしれませんね。
jan | URL | 2010/10/12/Tue 09:52 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

第9地区
南アフリカのヨハネスブルク上空に宇宙船が立ち往生し、栄養失調のエイリアンたちを難民として受け入れてから早30年近く。 [続きを読む]
I am invincible ! 2010/10/12/Tue 08:28
Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.