映画と海外ドラマ等感想

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャック S2
15話っ♪



 以下ネタバレ



 チャックはサラとの関係を、姉のエリーに言われるままに断ち切る事にした。

 その途端に登場かっこいい男コール・パーカー(単体で見るとそれほどかっこいいとは思えないけどなー笑)
 彼が掘り出したCIAの遺体のバックルに機密があるとチャックが気付く。サラが誘惑する事に。

 サラは何とかバックルを手にする事が出来るが、バックの銃に気付かれてしまう。
 頼みのケーシーも、フルクラム3人(アールのカタリーナだったから、ただの主婦ではないとは思ったらー♪)に阻まれて、助けにいけない。
 チャックが向かうが、サラは1人で何とかしていた。

 パーカーを連行しようとするが、そこにヘリの襲撃が。するとパーカーは自分はMI6だと告げる。ヘリを撃退したパーカー。だが、ケイシーに頭を殴られて昏倒(笑)

 MI6のパーカーは、サラにお熱。サラとの関係を断ち切ったばかりのチャックは気が気じゃない。

 再びフルクラムに接触しようとするパーカー。補佐としてサラとケイシーが向かうが、ハブにされたチャックは、自分でも何とか出来ると、機密にアクセスしてしまい、パーカーが危機に陥った上、チャックまで発見されてしまう。
 
 サラとパーカー、チャックが拷問を受ける。
 ここでのチャックのヘタレ加減が大笑い。

 拷問されているパーカーを見せられているだけで、チャックは自分がインターセクトだと告げてしまう。
 だがすぐに機転をきかせてパーカーが「オレがインターセクトだ」と告げてくる。サラもそれに乗る。
 チャックは「自分だ」と言い張るが、注射器を目に刺されそうになって気絶する。

 ケイシーがあわやの所で助けに来るが、フルクラムの拷問女は自殺してしまう。

 パーカーとサラはお互いに任務を優先する事にしたが、熱いキスを交わす。その姿を見たチャックは複雑。
 
 チャックは、マイクと母親がいちゃつく家にいたくないモーガンが家に居候した結果エリー達の前で裸体で寝ていた事で文句を言われたことも含め、独立することを宣言する。モーガンと同居しようとするが・・・。

 パーカーがフルクラムに再び拉致されてしまう。
 その為、チャックの護衛が必要となり、サラがまだ関係を絶つわけにはいかないから同居をしようと告げてきた。
 愕然とするチャック。
 
 今後もパーカーは出てくるのかなー。
   
スポンサーサイト

ハート・ロッカー
戦争は麻薬である。冒頭の言葉。


以下激しいネタバレ




 ブラボー中隊の爆弾処理班。最初の班長はガイ・ピアーズ兄貴っ♪ トンプソン軍曹。
 わーいっと思ってたのに、あっという間に爆死っ>< あれ?! 

 途中レイフ・ファインズも出てきたーっと思ったら・・・射殺っ・・・あれっ?!
 ちょっとびっくりした(笑) なんて贅沢なっ!! 友情出演って事?

 主役はピアーズ兄貴の後任の班長、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)
 童顔であんまり印象にない感じだったんだけど、最後には凄く印象強くなってた。でも他の作品で見ても気付かないかも(爆)
 でも、このジェームズの戦地でどんな状況においても淡々と冷静に何でもこなす姿は頼もしくかっこよかった。

 相棒はJ・T・サンポーン(ずっと参謀って呼ばれてるのかと><)(アンソニー・マッキー)

 部下オーウェン・エルドリッジ(ブライアン・ジェラティ)
  まだ若い彼のお目付け役ケンブリッジ大佐(クリスチャン・カマルゴ)(デクスターのルディ♪)
  生徒にかっこいい姿を見せたかったんだろうけど・・・><
  
 最初の相棒トンプソン軍曹を亡くしたサンポーンは、代わりに入ってきたジェームズをなかなか受け入れられなかった。人とのコミュニケーションがイマイチ巧くないジェームズ。
 寡黙で、必要な事以外、必要な事もあまり話さないせい。

 最初はぶつかるものの、彼の現場での頼りになる仕事ぶりに少しずつ打ち解けていく。
 
 途中の人間爆弾にされた少年の姿はあまりに悲惨>< でもせめてあれがベッカム君じゃなくてよかった><

 とにかく簡単に人が殺され、爆死していくシーンばかりで、R12なのはしょうがない。

 それにしても、ハラハラ感を際立たせたいせいだろうけど、チームのはずのサンポーンが、懸命に爆弾を解除しているジェームズを急かすのがイラついたなー。

 爆弾解除はデリケートな仕事のはず。
 もっと協力的に出来ないものか。周囲が敵だらけのこの土地では仕方ないことか><

 一旦は平和な奥さんの元(ロストのケイトだった)と息子の元へ戻れるものの・・・少ししてやはりジェームズは戦地に戻っていく。つまり冒頭の「戦争は麻薬である」な状態なわけだよね。

 長い映画だったけど、そんなに長く感じなかったかな。 
 

MADMEN
7話っ♪


 以下ネタバレ


 うわー・・・今回スターリングさん災難っ>< ドンさんは敵に回しちゃいけませんって事だろーか。
 つーことは、今回ちょっとドンさん、ピートにも肩を持ったって事かな?
 スターリングはよっぽどピート(若者)嫌い?!

 愛人ジューンにも冷たい態度されちゃうスターリングさん。代わりにドンさんを誘って、若い子を引っ掛けようとするけど、若い子の狙いもドンさん(笑)

 その後ドンさんの自宅まで押しかけ、酔っ払ったあげくにベティにまで言い寄っちゃう><
 これでドンさん怒っちゃったわけですね>< (ここでケーキを分けていたベティ、ドンさんの皿にケーキ置いたの立っちゃったのはNGでしょうか(笑) そのままにするベティに、ドンさん自分で横にしてたし(笑))

 ピートは結婚式のお祝いの品が重複したって事でデパートに返品しに。パーティ皿だけど、ほんとパーティ用にしか使えなさそーな代物ですな。

 でも返品しようとすると、名前がキャンベルじゃなく、奥さんの旧姓ボーゲルで契約していた>< 男としてのプライドが>< 
 その上同級生? マザトンにもちょっと馬鹿にされた挙句に、店の子にもツンケンされちゃって。「あいつは性病持ちだ」って言いたくなる気持ちはも分からないでもない。

 返品した商品券を、ライフル銃にしちゃう>< こいつら本当にガキかっと思ったら・・・やっぱり奥さんにも怒鳴られ・・・>< 傷心のまま銃を持参で通勤するピート。でもその気持ちをペギーは分かるらしい。狩猟の話を気持ち悪がるかと思ったら、興奮したらしい(笑)相性いいじゃん。

 自宅の所業を謝罪してくるスターリングだが、そのあと牡蠣と酒を大量食い(美味しそうだった)
 その上エレベーターが故障(これってドンさんのたくらみだよね?) 23階も階段で上がることに><
 
 ドンさんもヘロヘロだったけど、スターリングほどじゃない。その上、客の前でカキを嘔吐しちゃうスターリングさん。ヘロヘロになってる彼を案じつつ、ニヤリっとするドンさん。こわっ!! してやったりって感じ。

 そういや、ベティがへレンの息子グレン9歳に欲しがられた金髪をあげた事で、ヘレンに「貴女おかしい」言われてしまう。咄嗟にヘレンを平手うちするベティ。どうだろう。変な意味に取るほうが悪いのか・・・あげる方が悪いのか・・・><

 

FRINGE
19話っ♪




 以下ネタバレ


 マッシブ社で、過去ウォルターと共同研究をしていたウィリアム・ベルが、最近の事件の数々を起こしている犯人達の出資者だと聞いたものの、ニーナはあくまでも強気な態度。ウォルターも「彼はそんな恐いことが出来る人間じゃない」と擁護する。

 彼は今旅に出ているというが?!

 女性(スーザン)がいきなり自然発火して燃えてしまう事件が起こる。今回もやはりウィリアム・ベルの研究が関係しているようだ。

 彼等はきたる未来に備え、恐ろしい敵に立ち向かうべく、最強の超人兵士を作ろうとしていたらしい。
 
 事件の最中、オリヴィアはもう一つの世界を、幻覚のように見るようになる。これも過去の被験者になっていたせいなのか。
 もうウォルターはオリヴィアには告白してたのねっ(笑) そりゃ責められるのは当然だ。でも泣いちゃうんだもんなぁ?(笑)

 最近すっかりパパ想いのピーター。ウォルターの顕微鏡や、放射能検知器なんかを分解して何を作ってるかと思えば・・・なんとウォルターが聞きたがってたレコードの再生をしてやろうとしていたらしい。凄いよ。やっと天才を発揮できた気がするっ♪

 その装置は、ウィリアム・ベルの部下、アイザック・ウィンターズの被験者にされていたスーザンの双子の女性ナンシーが浚われた状況を再現し、そこで犯人が誰かに電話をしていた番号を明かす事になる。

 なんとその電話先は・・・ことあるごとにオリヴィアの邪魔をしてきたハリスだったっ!! なんとっ!!
 ただの私怨のいやな奴かと思ったら・・・ウィルと繋がってたとはっ><
 
 でもそんな奴もナンシーの能力であえなく焼死。

 ウィリアム・ベルを何とか信じようとしているウォルターが、古いレコードの合間から彼の手記の原本を見つける。そして誰かに引き抜かれていた大事な部分も発見した。

 だが、そこになんと監視人がっ!!! 「出かける時間だ」と。ウォルターは驚きもせずに、当然のように上着を持って彼に付いていくのだった。

 ????どーゆー事ーーーっ?!

 そしてニーナは、ブロイルズに監視人の事を相談に行った帰り、自宅に強盗のような男達が。撃たれちゃった?!

 うーん、2つもクリフハンガー展開がっ。濃厚だな。

 途中で出てきたサイトの情報提供者グレイソン。真面目な情報かと思えば、ただのスタートレックのオタク?!
 ピーターと2人して、特有の手のサインをし合う(笑) 自分をスポックと思ってる男のたわごとではあったけど、少しは的を得ているようだったね。

クリミナルマインド S5
10話っ♪



 以下ネタバレ


 ホチ、ジャックと共にヘイリーの葬儀へ(涙) ジャックの投げキッスが不器用なのがかわい過ぎるっ!!
ロッシと語り合う?。ジャックに出来る限りの事をしてやりたいって。仕事やめちゃうのか?

 ジャックとヘイリーのビデオを見る>< うう。ホチ、S1の頃のようにジャックの世話を焼く。

 ストラウス、態度は柔らかくなったものの、結局要望は一緒>< BAUの退職手続きを持参。

 それにしてもモーガン、どこまでホッチ崇拝なんだっ!! 「ホッチがしたいようにオレは対応する」ほんってイイ奴だよねっモーガンっ!!
  
  そんな最中の今回の事件は、ブルネットのエリート女性がバラが敷かれた上で殺されていた。
  料理も作り、片付けまでしている。犯人には完璧な妄想があるらしい。
 彼女等の周囲にいて違和感を覚えない存在として、本人もそれなりの立場の人物?

 3人目の女性エリカ、頑張って犯人に合わせてる。機嫌よくさせていたものの、そこにボーイフレンドのグラントが現れ・・・><

 今回リードの着眼点がなかなかいいと思ったものの、結局糸口を掴んだのはモーガンとロッシとガルシア。彼女らが立ち寄った場所の従業員で、借金を背負っている男。ジョー・ベルサ。

 上流階級の婚約者を親友に寝取られ、捨てられた事が要因。現在は駐車係。それで被害者達のキーも自宅の場所もゲッド出来ていた。

 最後の被害者になりそうだった女性の元へ踏み込む。
 
 エミリー、ジョーの首を絞め、銃を突きつけながら「刑務所で運命の彼で出会えるかもねぇ?・・・抵抗しないで身を任せなさい」恐いっ!! でもかっこいいっ!!  
  
 ヘイリーの姉ちゃんジェシカ。いい人だぁ?っ♪ これで安心してホッチも仕事に復帰できるねっ♪ ヘイリーのお墓に復帰のご報告。ロッシももう見抜いていたらしい。さすが。

 うう、これでタイムリーに見られるのは最後ー!!

 サンキューマイフレンドーっ!!!


WAT S6
4話っ♪


 以下激しいネタバレ


番組冒頭の紹介。いつまでマーティン「若き捜査官」なんだろう(笑) ボスと5つしか違わないよ?(笑)

 ロンダの誕生日に、恋人のケニーとデート。
 ロンダのウォレスの車でドライブしていたら、警官に囲まれ、ケニーはジム・ポカスキ巡査に射殺されてしまう。

 警官への情報では、前科何犯かのウォレスの車にヘロイン10kと、最新型の銃が詰まれていると言われていた。
 中に乗っているのが他の誰かとは思いもしなかったらしい。それだけの確実な情報の元出はいったい何処から?

 巡査ジムは人間違いで射殺してしまった事に後悔を覚えている。その姿に、ダニーも同調する。彼も新人の頃、少年に向けて銃を撃った経験があった。たまたま不発で助かったらしい。

 またやられたよっ>< 気持ち悪い諦めの悪いウォレスの手下のストーカー男だと思ったロンダの元彼エヴァン。彼がロンダを浚ったのかと思いきや・・・彼は潜入捜査員だった。こういう展開鳥肌たつから><

 ウォレスはエヴァンが潜入捜査員か試すために、妹に車を貸し、試したのだった。

 最後は妹の裏切りにより、ウォレス逮捕。

クラブの用心棒を尋問するマーティン。「刑務所には何もしてない人ばっかりだっ♪」(笑)

 携帯の表示を離して見てる?っ♪ でも紹介ではまだまだ若いっ♪
 ボスももう老眼鏡掛けてるけど、マーも必要じゃないか?(笑)
  
 

パラサイト バイティング 食人草
観たっ♪



以激しい下ネタバレ



 ジェフ(ジョナサン・タッカー)と恋人のエイミー(ジェナ・マローン)親友のエリック(ショーン・アシュモア))とその恋人ステイシー(ローラ・ラムジー)
 はメキシコのリゾート地に遊びに来ていた。

 明日には出航するという時になって、ディミトリ(ディミトリー・ベイヴィーズ)と知り合う。彼はマヤ文明の発掘をしている考古学者の弟とその恋人との連絡が途絶えたので、探しに行くという。
 折角のメキシコの最後の日、特別な思い出を作ろうと乗り気になるメンバー達。

 ディミトリのメンバーも1人加え、6人で秘境へと向かう。

 ようやく遺跡に到着したものの、いきなり原住民が怒りだす。訳が分からないうちに、全体が蔦に覆われたピラミッドのような遺跡の天辺に押い込まれてしまうメンバー達。
 
 そこには調査隊のテントなどか放置されていた。

 原住民に抵抗しようとしたディミトリの仲間の1人が矢を打たれ、頭を銃で撃たれて殺されてしまう。

 パニックに陥るメンバーの耳に、携帯の着信音が響く。それはディミトリの弟のものらしい。遺跡の天辺から地下へと下りる滑車とロープがあった。

 すぐにディミトリーがそれに体を括り、ジェフとエリックが縄を下ろしていくが、途中でロープが切れてしまい、ディミトリは落下してしまう。

 その後ステイシーが様子を見に行くが、短くなったロープのせいで飛び降りるしかなく、足を怪我してしまう。 
 地下では、背骨を骨折したらしいディミトリが苦しんでいた。

 ディミトリを運ぶための、調査隊のテントでベッドをこしらえ、エイミーと協力し合ってディミトリを上に運ぶ事が出来たが、かなりの大怪我らしい。

 エイミーはパニックになって逃げ出そうとする。だがどんどん増える原住民が、周囲に塩を撒き、彼らを銃と矢で脅して逃げ出させない。

 その時、手元の蔦を投げつけるエイミー。それが原住民の子供に当たると、原住民は途端に大騒ぎし、その子供を親の前で射殺してしまった。
 その事でこの蔦が原因であると分かる。 

 そのうち助けが来るはずだと楽観視していたが、ディミトリの具合は悪くなる一方。
 再び携帯を取りに再びエイミーとステイシーが地下へと向かうが・・・そこで蔦に襲われる。そこにいたのは干からびた死体ばかりで、咲いていた花が共鳴するように、携帯の着信音を真似していただけだった。

 何とか2人は脱出してきたものの、ステイシーの傷口の中に蔦が繁殖し始める。同時期、ディミトリーの下半身にも蔦が撒きつき、貪り喰われ始めた。
 
 ジェフはあのままでは感染症でディミトリが死亡してしまうと判断。両足を切断するものの、神経は麻痺しているはずが、激しく苦しむディミトリ。その後、口から進入した蔦によって、喰われてしまうディミトリ。

 そのうち花の囁きにより、暗示を掛けられたステイシーも狂っていく。体中を自分で傷つけ、蔦を引き出そうとし始めたのだ。それを止めようとしたジェフも傷を負い、エリックも胸を刺されて死亡。すぐに蔦に喰われていく。

 このままでは全滅すると考えたジェフは、まだ無傷のエイミーだけでも逃がそうと、彼女の体に血を塗り、死亡したと見せかけて、遺跡を下りていく。

 すぐに集ってくる原住民。ジェフは激しく激昂してみせ、原住民の注意を引く。そしてエイミーから注意を引き剥がしていくと、ジェフは矢で打たれ、銃殺されてしまう。その後蔦に絡められていく。

 その隙を突き、エイミーはジャングルを走り出す。原住民達に追われるが、何とかディミトリーの弟の車まで辿り着き、逃亡を図ることに成功した。

 その後、ディミトリーの仲間2人が、再び様子を見に遺跡に足を運んでいった・・・。彼らの運命もまた。


 って事で終わり。

 最初のただ楽しげな場面から淡々とした感じのジェフ。周囲がどんどんパニっくになる中、1人淡々とし続ける彼のおかげでちょっと恐さが半減したかも。頼もしいんだもん(笑) 

    

レギオン
観たっ♪



以下ネタバレ



 主演はポール・ベタニー。大天使ミカエル役。

 ある日神が罪深き人間を一掃しようと、天使の軍団“レギオン”を使わした。
 
 ただ1人人間の味方になる大天使ミカエル(ポール)。 自分の翼を引き千切り、人間達を天使が乗っ取り奇妙なバケモノになって人間を襲い始めるのから守るって話。


 砂漠にポツンっと建ってるダイナー。経営してるのはボブ・ハンソン(デニス・クエイド)自分は負け組みだと思って愚痴ってる。そのおとなしい息子ジープ・ハンソン(ルーカス・ブラック) 従業員のコックのパーシー(チャールズ・S・ダットン) ウエイトレスのチャーリー(エイドリアンヌ・バリッキ)妊娠中。

 そこに客としてくるアンダーソン一家。父親と母親と娘オードリー。黒人の男カイル。


 元々テレビの写りが悪かったけど、いきなり放送が途切れる。ラジオも途絶えてしまう。
 何があったのか、そこに1人の老婆が。最初は愛想の良かったその老婆が、いきなりバケモノと化して襲い掛かり始める。
 何とかカイルが持っていた銃で撃退する。

 そこにミカエル(ポール)がやってくる。これから奴等が来るからチャーリーが妊娠している子供を守らなければならないと告げる。何の取り得もなさそうなジープが守護者だと告げ、彼にチャーリーの子をどんな事をして守るように告げる。その子を守らなければ、人類は全滅するという。

 わけが分からないままに、大勢の天使に操られた人間が押し寄せてきて、その全員が暴徒と化して襲い掛かってくる。




 ある意味ゾンビものとあんまり変わらなかったな(笑) 

 我侭娘でしかなかったオードリーがどんどん逞しくなっていくのは良かったね。

 
 天使の羽根の動きとか飛び方は綺麗だったんだけど、どうせなら白にして欲しかったなー・・・

 ミカエルとガブリエルの戦いはなかなか迫力あった。ガブリエルが降臨してくる時の音がなかなかイイっ!! ぶほほーって福音っての?

 でもちょっと華がなかったなー。ベタニーは好きなんだけどなー・・・。

 ダイナーのお父ちゃんボブ(デニス)がかっこよかった?っ!!! ちょっと鳥肌たった。 

 話はともかくとして、これは天使の羽根と飛び方を見る映画って事で(笑)


CSI/NY S6
12話っ♪



 以下ネタバレ



 クリスティーン・レイノルズが殺害された件で、レイエスが裁かれていたが、そこにステラが押しかけ、レイエスの釈放を頼み込んできた。
 その検事役をしていたのは、マックやステラと旧友の検事15年になるクレイブ。勝負スーツとかフレンドリーな雰囲気。
 
 裁判を途中で止められ、クリスティーンの母親からは、当然恨み言を言われる。

 現場にはあんまり証拠がない。大理石の靴跡ぐらい。改めて調べた現場から、ダニーとリンジーが指紋付きのライターを発見する。
 それはロブ・マイヤーズのものだが、彼にはなんとアリバイがあった。クレイブの妻、サラと浮気をしていたのだ。

 だが、その後の調査でライターは現場検証をした後に置かれたものだと判明する。後から現場に入ったのは、クレイブ1人。

 彼はサラの浮気を知り、相手を突き止めるためにCSIを利用したらしい。

 だが、相手は検事15年の男。証拠を台無しにする方法を心得ており、肢体もバラバラにして川に捨てたらしい。なかなか相手が狡猾で楽しいっ!!

 だが、除雪車の中についていた血痕が、ロブの飼い犬のDNAだと判明し、その北の土地の塩化カリウムがクレイブの車のタイヤについていたことで、クライブを裁判にかける。


  一旦釈放されたレイエスが証人の女性を殺しに行こうとした事で決定打。「無罪」の申し出は却下された。

 
  そしてそしてっ♪ ダニーは今も鍼治療を続けているらしい。治療を受けている間、サイフとID、バッチを盗まれてしまうー><
 
 あーうー・・・タイムリーに見れるのはここまでっ>< WOWOWさん、今までありがとうっ♪
 今までサンキューマイフレンドーっ♪
 

NCIS:LA
15話っ♪


以下ネタバレ


 冒頭、ケンジー姉さん銀行強盗に遭って3発も撃ちこまれて昏倒。



 今回サムの6級の金庫に入っているものがテーマ(笑)

 興味ない人間にはどうでもいいようなもん(笑)
 コミックとか、ルーキーカードとか、チケット。
 でも「キング・オブ・ポップ」M・ジャクソンのライブで貰った白いラメの手袋は別格らしい。

 その中身が本物か気にするカレン。

 チャド・ジェフコートが自宅の前で撃たれ、ゴミ箱に遺棄されていた。家には25万もの札束が隠されていた。
 さらに血だらけのキーが。
 
 ノースバレーの飛行場の倉庫には、さらに大量の札束が。銀行強盗の計画表もあった。

 そこに戻ってくるサレルノと関わるメンバー3人。
 サムとカレンで応戦。3人とも昏倒。カレンもあわや・・・って匂わせるけど・・・無事

 ケンジー姉さんの軍人だった父親の話。ネイトに話す。父親の飲み友達に殺された疑いがあるものの、15才の彼女ではどうしょうもなかったらしい。


 サレルノの部下の生き残ったミックにケンジー姉さん揺さぶりをかけるが、逃げ出す。ネイトがちゃんとGPSを仕掛けていた。ケンジー姉さん、ネイトのハイタッチ断る><

 凄腕のハッカーなら簡単。エリックは2分で金持ちになれるって。言ったものの「頼まれてもやらないよ」っとカレンとサムに睨まれて焦っていい訳(笑)

 おっレンコーさんっ協力っ♪

 バーンハート刑事をレンコーが紹介してくれる。ジョニー・マニングといつも手を組んでる。 

 ミック空港に姿を現し、サレルノの連絡を取り合いつつ、射殺される。

 内部スパイがいる。該当者カーティスは出会い系サイトに登録していた。ケンジー姉さん潜入決定。

 銀行へ。 

 そして冒頭。ケンジー姉さん3発撃たれて昏倒。

 その上裏口から潜入したサムも2発撃たれて、持ち弾がなくなる。ピーンチ。

 おっと仕込みかよっ!! やられたっ!! 姉さんはきっと仕込みだとは思ったけど・・・
 レンコーもカレンもいたのかー(笑)

 まんまとカーチェスと、ワイロを受け取っていた支店長も逮捕っ!!


 ケンジー姉さんの思い出の品はヘティの許しを得て保管庫に預けられることになった。 
 父親の勲章等。

 ヘティはモンテカルロに金庫があるらしい。そこにあるのは・・・1955ポルシェスパイダーだって。

 

チャック S2
S2 14話っ♪





 以下ネタバレ


1992年、ターザナって土地。女の子スージーに虐められてるモーガン。そこにチャックが助けに入る。


それから15年。あんまり立場的に変わってない。
でも、チャックにとっても両親がいなくなった時に傍にいてくれたモーガンは大切な親友だそうだ。

 でもモーガンもこのままじゃいけないとは思っているようだ。

アンナが新しい恋人ジェイソンと会っているのをストーカーしてるモーガンに頼まれた、チャックとジェフ、レスター。
 そしてそのメンバーをスパイしてるサラとケイシー。モーガン達の事をけなすケイシーだが、サラも「私達もやってることは同じ」確かに!!(笑)

 ミント味のスプレーを貰ったチャック、ちゃんとこれも伏線として活用される。

 
 今回ジェフとレスターがバンドをやっている事が判明。80年代風の音楽。なかなか巧いんでないかい?
 エリーとデボンの結婚式に使ってもらえるか?!

 アンナの恋人ジェイソンは実はトライアドの一員だった。

 アンをストーカーしていたモーガンをスパイと勘違いしたトライアドのメンバーは、モーガンを本当のターゲット中国の大使館メイ・シュンと一緒に殺そうとする。

 そしてもう一つの伏線。ケイシーが、バイ・モアの車をリモコンで運転する。

 大使とモーガンを助ける為、爆弾を積んだ車を運転していくチャック。爆発してしまい、サラ、ケイシーショックを受けるが・・・リモコンを活用していたっ♪

 モーガンとの親友同士の友情を理解出来なかったサラだが、今回何となく理解した?
 
 モーガンもちょっと大人になって、アンナとやり直すらしい。

 今回もサラの車の中での格闘シーンがかっこよかったっ♪

  

MADMEN
6話っ♪




以下ネタバレ


 おっと、今回のクライアントのニック(ダーマ&グレッグのピートだっ!! 真面目に演技してると笑える?)

 んでドンさんの過去が少しずつ明るみに。アダムが生まれた時の事を、階段から落ちて思い出す(笑)

 それにしてもドンの奥さん、ほんっと綺麗だ。
 綺麗だけど、やっぱり釣り上げた魚には魅力を感じなくなるのか?

 スターリングとジョーンは不倫してるのかー。いろいろ乱れてるねー。まぁあのジョーンが誰とも付き合ってないって言ったら不思議に思うけど。浮気防止に小鳥を。でもジョーンだったら・・・社長とも関係してても疑わない。

んでニックがペギーに目をつけた。こちらの進展はあるのかな? ペギーも仕事で認められた事で嬉しいらしい。

そしてドンさん、相変わらずケンズさんを追っかけてる。フラレたのがよっぽどプライドを傷つけたのもあるんだろうけど。

 ケンズさんも結局ドンさんにやられてるみたいだ。

 でもドンさんはまたセフレの元へ。でも流石セフレ、他の男と遊びに行くって。付き合わされるドンさん、感慨にふける。

    

クリミナルマインド S5
9話目っ♪




 以下激しいネタバレ



 とうとう通算100目ストーリーっ!!! すごーーーいっと手放しで喜べない内容><


 ストラウスがBAUのメンバーを1人1人面会。ホッチがいかに役に立たない上司かって言わせたいらしい。

 当然JJも、ガルシアも、エミリーも、モーガンも、リードも、ロッシも(携帯してるし汗) ストラウスが望むような言葉を吐くことはなかった。

 ガルシアってケヴィンとまだ付き合ってたのかー。

 もう憎らしい程リーパーことホイエットが巧みで・・・参った!!

 電話で告げられる残酷な告知。ヘイリーとの別れ・・・(涙) どこまでサドなんでしょー。
泣きながら運転するホチ。リーパーが潜む家に単身乗り込み、感情を抑えながら自宅を捜索・・・その先に待っていたのは・・・><



  せめて・・・ジャックが無事だっただけでもホッ・・・としたい。ホッチの唯一生きる望みだよね。
 
 最終的にはストラウスも同情的に。ガルシアじゃないけど、ほんっとよってたかって・・・って感じだったからねー。

 JJの旦那久々に出てきたけど、なんか顔色悪くみえた><


 ずずーーーんっと落ち込む。でもそこにトーマスさんのインタビューがっ♪ 

かわいい・・・それだけでなんか癒されましたー(単純) 

 

FRINGE
18話っ♪




 以下ネタバレ


 いかにも男の方が悪者チックに見せていて・・・実際は・・・女がモンスターだった。

 でも今回はちょっといつもと違う。

 今まで出てきた博士の中では1番常識人? ニコラス・ブーン。なかなかウォルターとも気が合ったようだが。

 菌が「梅毒」ってのがなー・・・><

 スーパーな梅毒にはスーパーなペニシリンが効くわけねっ(笑)

 とりあえずチャーリーは後遺症もなさそうで良かった良かった。

 ウォルター手作りなのかな・・・あのクッキー。あういう研究してるラボで作ったクッキーはちょっと食べたくないなー・・・><
 それと、手をパンパンって拍手するだけで電気が消えるのに変更したらしい。とっても楽しそうっ♪

 そして再び登場ウィリアム・ベル。ZFTに資金を送っている人物として名が浮上!!


WAT S6
3話っ♪




以下激しいネタバレ




 レポーターのクリスティーン・ウッズが失踪。強引なレポーター業のせいで、恨みを抱く者は多数いるはずとの事。

 最後のレポーターで言い合いになったドクターウィリアムに嫌疑が掛かるが、彼は彼女と内部告発をしようとしていた同士だった。
 そんな彼女がその件から手を引きたいと言ってきた。
 グワテマラでボランティア活動をしていた息子デイビスが事故で死亡していたと思っていたのに、フアンという青年が「彼は軍の収容所で一緒で生きていた」と伝えてきたからだ。

 クリスティーンは息子を捜索する為に失踪したらしい。

 
 彼女の家にはテレサという移民がいた。元々デイビスの恋人だったらしい。彼女はクリスティーンが何処に行ったか知らないと告げる。国に帰される事を1番恐がっていた。
 昔クリスティーンの大学時代の彼リチャードに、デイビスは食って掛かったらしい。
 彼はCIAだった可能性が高い。

  フアンが通っていた病院の医師から、拷問管のオルテガが近くにいると報告を受ける。

 オルテガは今は新しい人生をやり直しているらしいが・・・。

 
 おーマーティンっ!! CIAと堂々と渡り合ってるよ?!! 余裕じゃんっ!!
 CIAが持ってなかった証拠を突き出して・・・「読みが甘い」って♪

 今回ジャックがCIAのリチャードに感化させれて暴走してしまう。オルテガに拷問をしてしまうリチャードに同調する。指を切除してしまうところからようやく自分を取り戻してリチャードを止める。

 結局犯人はテレサ。
 デイビスが政府のものだと勘違いされて拷問を受け、デイビスもそのせいで死亡したという。
 それを世間に明るみに出そうとするクリスティーンを、止めたくて殺してしまったのだった。

 テレサを尋問する時のマー、酷く怯えられて「この部屋に僕がいると恐いの?」「はい」「じゃあ出てくよ」
 ヴィヴ「もう戻ってこないわ」(笑) 

 最後に・・・CIAに同調して無実だったオルテガに拷問をしてしまったジャック。
 ヴィヴに呆れられてしまう?
 仕方ないじゃーん。ジャックも元々Sなんだもん(おい)

 
Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。