映画と海外ドラマ等感想

マイネイムイズアール S4
25話・26話っ♪ 



以下ネタバレ


 「潜入っ!! 徹底ルポ」って番組はカムデンで8年前に撮影されたのだが、ダーネルの証人保護の為に今までお蔵入りになっていた。

 元々ダーネルが働いていた「アーニー・クラブジャック」の店長アーニーの2001年4月9日からの失踪事件についてのもの。


 カムデンの住人が改めて1人1人紹介される。司会はヘラルド・リベラ。


 アール・ヒッキー(犯罪常習犯)
 ランディ・ヒッキー(町の間抜け)笑
 ジョーイ・ヒッキー(トレーラーに住む主婦)
 ティム・スタック(自称セレブ)
 ウィル・フリッド(ティムのエージェント)
 ダーネル・ターナー(カニ男こと・黒人同僚)
 マイケル・ウォルトリップ(デイトナ500の王者)
 カタリーナ(カムデン初のセクシー移民)
 パトリシア(昼間限定の娼婦)(夜は舞台女優だとは知らなかった><)

 ダニエルズ巡査(カムデン警察)
 ホイン巡査(〃)

 ジョシュ・マーティン(ネット・おたく)
 ネスコバール・ロブロブ(外国人) 

 みんなアーニーにはいい思い出しかない。ただ、彼に対して細かい事で脅迫文を100通も出していたランディ。「ようじを置いて欲しい」「好物の魚のヒレはなんで週一だけなのか」等。

 尋問されるランディは狂気を見せ、共犯としてアールも逮捕される。誘導尋問で自白する事になったランディだが、彼らのアリバイをしっかりとデイトナ500王者マイケルが撮影しといてくれた♪ 無罪放免。

 ならアーニーは何処にっ?!

 途中ダーネルが何かいい事を言ったらしいが、ジョーイが聞くともぐもぐとサンドイッチを食べていてなかなか答えない。これ、ラジオだったら放送事故だ>< 結局CM明けに「忘れた」

 よっぽどネタがなかったんだね>< 「ネタがなかったから引き伸ばして2本にしたんだよ」と素直に認めていた(笑)

 アールのご先祖様の話で南北戦争までの歴史までさかのぼったり、宇宙人の仕業かも・・・と告げてみたり。

 でもそのUFOかもって出来事にはちゃんとダーネルの証言があった。屋上の国旗を盗まれそうになってたから、対決した時にポールが電柱を直撃してしまったため、カムデン全体が停電してしまい、激しく光ったのだという。

 だが、それはその出来事はそれだけじゃ終わらなかった。

 アーニーは自分の店のトイレを盗撮していた。住人を出演させてAVビデオも製作してた>< 全員それぞれに出演してるけど、ランディはAVだと思ってなかったらしい(笑) 口紅を塗らされて「僕ってかわいい」(笑)

 事件当日の盗撮ビデオも録画していたので、そのテープで確認すると・・・
 トイレの床を工事していて、コンクリートが固まっていない中に、停電した途端に倒れて生き埋めになったのだ。床からは鼻だけが出ていた。ひー><
 みんなドアノブだと思っていたらしい>< 汗。

 皆、その鼻に対してお別れを告げる。だが、その中ランディは・・・「ようじの事は赦すけど、魚のヒレの事は赦さない」って鼻を摘む>< 怖い?っ!!!! 
 
  泣いても笑っても後一話っ!! 3/9の放送だそうだ。予約忘れないようにしなきゃっ><

スポンサーサイト

マイネイムイズアール S4
観たっ♪ 24話




 以下ネタバレ


 地元教会の催しに参加しているみんな。
 ジョーイはめちゃくちゃ酔っ払って芝刈り機を盗んで運転する。その前に自分よりいい景品を取ったカタリーナが。彼女を轢いたまま、納屋へ。警察に行くというカタリーナをそのまま閉じ込めてしまうジョーイ。

 かたわらのアールは、元ワルだった神父様と再会。昔の自分の悪行を思い出し、謝罪する。今は神父になったハッシュポテトは赦してくれるものの、次から次に彼に迷惑を掛けた事が発覚。妻にまで手を出していた事で、怒りが爆発。再びワルに戻ってしまうハッシュポテトだが・・・

 彼の愛車にアールが銃を撃ち込んだ事で、取引前に警察に逮捕されたハッシュポテト。だが、その取引に行ったみんなは乱射し合って全員死んだという。アールは結果的に命の恩人だとして赦される。

 カタリーナの事をダーネルに相談したジョーイ。予想に反して、ダーネルは口封じの為にカタリーナを殺そうという。カタリーナは友人だけど、ジョーイが今度捕まったら終身刑。普段は善人だけど、やはり元スパイ。その発想にジョーイも驚き・・・カタリーナを助けるっ!! 最初これもジョーイとダーネルの作戦かと思った(笑)

 ランディ結構いい声だったっ♪


マイネイムイズアール S4
観たっ♪ 23話(撮り損ねた><)




 以下ネタバレ



 ランディはこの前の初恋話は何処へやら、ジョーイにいじめられてる。初恋だからこそなのかなー(笑)

 UFOキャッチャーの景品を取っては盗られる毎日。

 そんな苛めの話に、アール自身も転校して行った先で苛めたウォリーのリストを思い出す。
 昔苛めた謝罪をするべく彼の元へと向かうと・・・昔はもやしっ子だったのに、今はデカい筋肉隆々な男になっていた(笑)
 思わずアールは自分の名前をクリフと名乗り、接する事に。

 2人でジムに通ってる時、ランディにジム仲間がサメ・ホルモンを睾丸に注射する。そのせいで乱暴な男になってしまうランディは、ウォリーと激しい乱闘を繰り広げる。なかなか迫力あったっ!!

 でも本当の敵がジョーイだと思い出したランディは、ジョーイを脅し、景品を取り返すものの、子供からも取り上げた事で子供に泣かれ、改心する。

 ウォリーの方も、ランディの事で改心し、自分の夢であるミスター・カムデンに挑戦っ♪ 蝶々好きな自分の内面を隠すことをしなくなった。

 大怪我をおったランディがベッドに入る様は、本気で大変そうだった(笑)

 ジョーイを近付かなくさせるには、豆ディップだって。


CSI/NY S6
 8話っ♪




 以下ネタバレ


 ヨットで会社のパーティをしている所に、クビになった男が入り込み、社員を射殺。さらに殺そうとした上から人が降ってきた。

 ダニーが颯爽と歩いてるー。ようやく完治して良かったっ♪ でもあんまり活躍なし。

 「たいした事件じゃなさそうだからまともに食事が取れそうで嬉しいっ」ステラとダニーはしゃいでいたら・・・
 ステラにはシドから。ダニーにはマックから電話が入る。二人で「ついてない」♪

 ダニーにはドンちゃんの行方が分からないから、合鍵で部屋に探しに行けとのご命令。

 そのドンちゃん底。仕事サボって、家では酒びたり。電車に乗って酔っ払ってると・・・強盗に遭う。あわや殺されそうになった時に、テレンスがっ!! 伊達にMTVで売れてないっ!!(おい)
 いい奴だなぁ?。

 テレンスのところにいたドンちゃんのとこにマックが。

 ドンちゃんエンジェルちゃんの事と、その仇を討っちゃった事を告白するも。
 マック「それは君と神の問題だっ!! 私は司祭じゃない」 ちょっと驚いた。
 仲間達が心配してることだけ告げて去るマック。これで立ち直るドンちゃんもえらいと思ったり。

 何でもない事件と事故だと思ったら・・・なんとホークス先生が潜った海の中から方位が固定されているコンパスがっ!! またもコンパスキラーの犯罪だったのだ。

 後から緑のフードの男が手紙を置いておく。「居眠りなんてするんじゃなかった・すまない」

 コンパス・キラーの奥さん、前回と同じ服。やっぱり幻らしい。統合失調症。精神病院に入院していたが、逃走してしまったホリス・エコハートだと分かる。幻で出てくる奥さんカリオペは、乱射事件で2年前に死亡していた。

 今日はアダムが大活躍。ホークス先生に褒めてもらう。

 彼の足取りが彼の病室のスケッチで分かり、ホリスを見かけて追っかけるものの・・・取り逃がしてしまう>< ちょっと・・・引っ張り過ぎのような気もする><

 

NCIS:LA
11話っ♪


 以下ネタバレ



 今日のヘティはカレンに何かと突っかかる。
 指揮官として叩きなおすつもりか?

 ストリッパーカティアをナンパしようとしたM・レニー。突っ込んできた車からカティアを守って死亡。

 突っ込んできた運転手も死亡していたが、IDはなし。身元不明だったが、後からデング・オヤットだと分かる。
 彼は年配の男と一緒だった。周囲に聞いてもそれが誰だか分からない。

 調査の結果、過激派のテロ集団のサファーだと分かる。サファーはデングを使ってカティアを殺させようとしていた。店のオーナーダラスはサファーが店で禁忌を犯した映像で彼をゆすっていたのだ。これから聖戦を始めようとする彼には痛いイメージダウンになる。

 今回カレン、カティアには最初からちょっと態度が硬い気がした。裏があるってもう見抜いてたのかな。

 突っ込んできた車には、密輸・人身売買人のセサル・チチ・バルガスの指紋が付いていたが、彼は2週間前に殺され、自宅の冷蔵庫に詰められていた。

 ネイトはもう長い間休暇を取っていないらしい。来週月曜日から一週間ヘティに強制的に休暇を取らされる。
 あまりに強引だと思ったら、彼女の旧友、イギリスの諜報部員だった人が仕事1本やりで孤独死したせいだった。

 今回はサムの過去がちょっと出てくる。スーダンからモーという少年を連れ帰って面倒を見ていた。だが、彼の父親は犯罪者で、サムが殺していた事を言っていなかった。
 その事実をサファーにバラされ、モーはサムの元を去る。
 傷心のサムと2人で走りに行ってあげるカレン。

 今回カレンはストリッパーの客として潜入。ベッドシーン間際までこなして・・・機転をきかせて従業員になったりしたけど・・・結局バレて格闘。その場では逮捕したものの、ダラスが扱っている顧客には上院議員やら、軍の上層部がいたりと、圧力がかかり、釈放になってしまう。

 悔しいけど、その証拠品等を全てCIAに手渡しただげでもまぁよしとする?!

 

チャック S2
10話っ♪




 以下ネタバレ




 ジャック・バートン、サラの本当の父親がご登場。
 この前に匂わせたばかりなのに展開が早いなっ><
 
 なんとサラ、父親と「当たり屋」やって稼いでたって>< 
 本当に骨折もしてたって・・・そりゃ強くもなるよな><

 久し振りに会いに来た父親は、やっぱり詐欺の真っ最中!! 100万ドルもプレゼントしようとしてきた。
 
 「一流の詐欺師はいつでも街を去れる」とのポリシーがあるみたいだが。

  今回のターゲットはサウジアラビアの富豪・アマッド。他人所有のビルを売る詐欺を働いたらしい。

 サラは自分から父親を逮捕するように進言するものの、アマッドはテロ組織に資金を流している存在。
 父親にCIAという事を言わないままに、協力させ、アマッドの逮捕の任務にあたる。

 
 今回はまるで「レバレッジ」だったな(笑) チャック・サラ・ジャック・ケイシーのチームで詐欺を働くっ!! 
 かなり危ない感じだったけど、チャックの機転がきいてよかったっ!! でもドイツ語ぐらい頭に浮かばないのかなー。

 
 そして今回もやはり知らないうちに手助けすることになったモーガンのデロリアンっ!!(笑)

 それにしても・・・折角アンナが同棲しようって言ってくれて、デボンも将来に投資してやるとまで言ってるのに・・・目先のものに飛びつくモーガン・・・まだまだ大人にはなれそうにないね><

 人の見る目はあるサラの父親ジャック。チャックは本当に信用出来る男。チャックもジャックにサラを必ず守ってみせると誓うのだった。

 ケイシー、サラの父親の刑期について軽減してくれるように進言するなんて、かなり優しくなったよねー。


MADMEN
2話っ♪




 以下ネタバレ


 ドンの奥さん、手が痺れるって。
 注意力散漫で車で軽い事故を起こす。幸い子供2人も軽い怪我で済む。
 
 何かの病気かと思ったら、精神的なもの。
 留守がちなドン。(浮気しているのも何気に気付いてる?)
 まだ幼い子供達の育児。母親が3ヶ月前に死亡。
 母親から「自分の事を話すのは恥ずかしいこと」と躾られていた鬱憤。

 精神科に掛かった彼女は全てをドクターに吐き出して、すっきりしたもよう。
 それまではちょっと近くに引越してきた離婚者の姿に同情を示して、自分もそうなるかもと思ってた?
 
 マッドメンの社内では、新人秘書のペギーが会社の風潮にぶちあたっていた。
 次から次にランチに誘われ、OKを出すとすぐに付き合う事になってる。
 
 でもどうやらペギーは最初に口説いてきたピートにご執心らしい。あらあら。

 今回の広告内容は「男向けのデオドランドスプレー」の広告だった。

 男向けに部下達が宇宙をテーマにした広告を打ち出そうとしたが、ドレイパーは却下。
 そういうものを買うのは結局女性。女性が欲するものは? カウボーイの方がいいそうだ。
 広告の売り文句は・・・「近付く為の口実」

 ドレイパーのセンスはいいとして、部下達のセンスが心配だ><

  
 

ある日モテ期がやってきた
観たっ♪




 以下ネタバレ



 総合が10点とするならば、5点の冴えない男カーク・ケトナー(ジェイ・バルシェル)は2年前にマーニー(リンゼイ・スローン)という女性と別れた。その期間は2人が別の経験をしてみて、本当の愛に気付くためだという。
 マーニーはその間にカークの家族と仲良くなり、彼女の恋人ロンと一緒にカークの家族と家族旅行をしたりする仲になっていたものの、カークは問題外。
 
 そんな性悪女マーニーに今だに恋心を抱いているカークに、仲間達(航空内勤務TSA同僚)は激励を送る。

 唯一の既婚者のデヴォン(ネイト・トレンス)少し太めだが一番常識人。
 バンドのボーカルをやってるちょっと性格がひねくれているステイナー(T・J・ミラー)
 ちょっとゲイっぽいジャック(マイク・ヴォーゲル)

 みんなカークを友達として大事に思ってる。人間に点数をつけ始めたのはステイナー。そんなひねくれものの彼にも辛い過去と失恋の経験がある。

 そんなカークが10点満点の女性モリー(アリス・イヴ)と出会った。モリーはカークの予想に反して自分に好意を抱き始めてくれる。
 ステイナーは嫉妬もあって「釣り合わない」と忠告する。
 長年カークを虐げてきた両親、兄ディラン、その婚約者デビーと元彼女マーニー。その彼氏ロン達も信じられない思いだった。

 だが皆の予想に反してモリーとカークはどんどんその仲を深めていく。ところが・・・。


 ありがちな恋愛物なんだけど、その合間に出てくるやり取りが楽しいっ!!

 モリーの元彼氏カムは、カーク達をゲイだと間違えるし、巨根ってネーミングの戦闘機に乗ってる。彼はバイだろう。 
 モリーとの初夜の為に、ジャックにアドバイスされて下半身を剃毛するカーク。手伝うデヴォンとのやり取りとか。シモの話ばっかりか!!(笑)
 カークが飛行機内で改心して機内の皆に暴言を吐いて敵に回しておいてかっこよく去ろうとして、もう外に出れなくなってとぼとぼ戻る様とか。
 飛行機を当然のように止めてしまうジャックもかっこよかった(笑)

 どんな容姿だって、欠点は誰にでもあるもの。問題は自分にどれだけ自信を持ってアピールできるか。
 そんなのがテーマなのかな。

 カークの為に必死になってあげる仲間達の友情が心地良かったっ♪

 あんな家族に育てられた割には・・・まっすぐに育った方じゃないか? カーク(笑)

 個人的に嬉しかったのは、カークにナイスな恋愛アドバイスをしてあげたジャックに、デヴォンが「セックスのヨーダだ」と告げること。
 削除されていた中で、カークの兄デヴォンが「ユアン・マクレガー」の名前を出してくれてたことっ♪ へへ。

  

クリミナルマインド S5
5話っ♪




 以下ネタバレ


 何かの依存症を持った家出少女(金髪・青い瞳)をレイプし、妊娠させ、子供を出産したら殺して遺棄。産ませた子供は奪っていくという事件。
 死体が発見されたのは3体。1人は何度も流産し、その都度また妊娠させられ、ようやく出産出来た直後に殺されていた。他にも被害者はいるもよう。監禁から殺害まで2年の歳月をかけている。


 ホチ、JJの子供ヘンリーの為にJJを早く帰宅させてあげる♪

 でも久し振りに出てきたよ?ストラウスっ!! またホチ苛めをしているもよう。今のホチは苛め甲斐があるだろうねぇ。思った以上に落ち込んでいるホチ。サド心をくすぐるんだ貴方><

 そのせいでモーガンにいろいろキツく仕事と態度を改め始めるホチ。モーガンは「なんで俺に絡むんだよぉ?」っとちょっとショックなもよう(笑) でもホッチからのメール攻撃なんてかわいいっ♪

 最初この犯人は性的サディストかと思われた。だが、彼女等に与えられている薬は健康になるためのもの。でも出産後は無造作な扱い。子供が大事らしい。

 子供等は教会に捨てられていた。リードのプロファイリングで気付いたが、捨てられているのは女の子ばかり。
 男の子は確保しているらしい。 

 確かに猟奇的な話なんだけど、子供が全員無事だったのがせめてもの救い。実行犯は性犯罪者の夫。真犯人は乳ガンの末期の妻で、自分の最初の男の子マイケルの代わりを求めていたっていうものだった。
 
 そのリンダを説得するモーガンがかっこよかった?っ♪ 「マイケルは君の事を忘れないよ」優しいっ!!!

 拉致されていた2人の子達も無事。赤ちゃんを産んだ子も、自分の子を戻されてめでたしっ!! 感動。

 今までの養子斡旋に出されていた子も幸せそうだし、新たな血縁者もいい人そうだし。なかなか最後は心温まる終わり方でよかった♪

 して最後。ホッチがモーガンを呼び出す。上はホチがリーダーに相応しくないから異動させたがってる。異動してしまったらBAUが解体されてしまうから、降格するしかない。代わりのリーダーとして、モーガンが任命された。
 驚くモーガン。「でも一時の事なんだろ? リーパーを倒すまでのさ・・・」って事で納得。引継ぎ開始っ♪
 2箱も出してくるホッチに、ギョッとするモーガン。「今夜何か予定でもあったのか?」久し振りのホッチの笑顔っ♪
 頼りになる部下がいてよかったねぇ?っ♪
 
 サンキューマイフレンド♪

FRINGE
14話っ♪




 以下ネタバレ


 久し振りに登場ジョーンズさん。忘れかけてたよ。減圧機に入っておられたのですね(笑)
 やっぱりワープした副作用はかなりあるようで、元から具合悪そうだったけど、さらに悪くなったようだ。

 どうやら彼、とんでもない薬を開発しちゃったようだ。傷を修復させるたんぱく質を活性化して、人間の穴という穴を塞いでしまうというもの。それも、文字通り人間は窒息死してしまうんだけど、気道を喉に確保しても、それも塞いでしまうという強烈な代物。巧く利用すれば万能薬になるのにねぇ・・・。

 でもコレはどうやらオリヴィアの能力開発の為のテストの材料だっただけのもよう。

 オリヴィア、どんどん超人になっていくのかなっ?!(笑)見ただけで電気を消せるようになった!!
 
 オリヴィアもとうとうピーターに頼るんじゃなくて、彼の不思議な仲間達に頼るようになっちゃった>< 本人のIQの高さは何処に行ったんだー!!!

 それにしてもハリスって邪魔だな。あういう憎まれ役が1人でもいないと面白くないといえばそれまで。
 でも今回はやたら顔がいい捜査官を殺してしまったという事で、少しは罪悪感を感じたらしい。オリヴィアに折れたよ。

 こうてきしゅはんってどういう漢字書くんだろう・・・分からん><
 
 「君は合格だ」と壁に残して壁ごと消えたジョーンズ。面白いなぁ・・・。

 マッシブのシャープ女子がオリヴィアにジャクソンビルに行けと指示。またワナじゃないのかなー? 

 ウォルターは自分の装置で人は殺させないっと決意も固く・・・何するつもり? 本の言葉から何かを感じたウォルターは古いタイプライターにアビリティ「能力」と打つ。何っ?!

 で、今回も監視人はカンニングしちゃった(笑)

 

ゾンビランド
観たっ♪




 以下激しいネタバレ


 これは映画館で予告を見て面白そうだなぁ?と思っていたもの。
でも映画館には怖くて観に行けなかったので、レンタルでっ♪(ヘタレ)


 思った以上にグロかったな>< 飄々として、淡々として、楽しい雰囲気はあんだけど、やっぱり殺人は殺人>< 気持ち悪かったな?。 相手がゾンビだから何してもいいって感じだよな><

 主役はコロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)みんな本名じゃなくて偽名なんだけど。
 その相棒になるタラハシー(ウディ・ハレルソン)

 仲間になるウィチタ(エマ・ストーン)とその妹。リトル・ロック(アビゲイル・ブレスリン)(この子、NCISのゲストで盲目の少女をやってて印象が強いっ!!)


 地球各地にゾンビウィルスが蔓延して、ほとんどの人間が感染してしまっている。その中あまり人と接触をしてこなかった引きこもりの青年コロンバスは何とか生き残っていたものの、406号室の感染した女性を助けた事で追い出される事に。

 数々のルールを決めて、それに従ってきたことで今まで生き延びてきたコロンバス。
 
 そこにトゥインキー(カステラ菓子)目当てのカウボーイ風のタフガイ、タラハシーが。
 彼はバックという犬を懐かしがっていて、その犬がゾンビにやられてしまったことでゾンビに激しい憎しみを抱いている。

 ゾンビから逃げるってよりも、タラハシーのトゥインキー探しの旅って気がしないでもない(笑)
 
 途中からはコロンバスとウィチタの恋愛ものにもなってるし。

  そうそう、ビル・マーレ(本人)の豪華な屋敷に匿ってもらうんだけど、ゴースト・バスターズの物まねやって遊んだりしてそこは楽しかったっ!! でもあのオチは絶対そうだろうな・・・とは思ってたよ><


 ウィチタは妹のリトル・ロックをロスの遊園地に連れて行く約束をしていた。 
 2人は向かうが、そこはゾンビだらけのゾンビランドになっていた。

 いやー・・・グロかったけど、まぁみんな無事で何よりっ♪ まだ希望がある終わりでよかった?っ♪

 中でもやはりタラハシーのバックの真実には鳥肌立ったよ>< 

 それにしても最近海外ドラマ(フリンジ)でも良く観る手法、文字がそのまま画面内に存在するように出てくる感じ。面白いよね?。
 

四角い恋愛関係
観たっ♪


 以下ネタバレ



 ユアン目当て(って言っても看板で出てくるだけなんだけど笑)
 サンキュー・マイ・フレンド?っ♪


 レイチェルとヘクターはついに結婚!! 少し引っ込み思案なところがあるヘクターだが、性格はとってもいい。レイチェルと仲睦まじくお似合いのカップルだったのだが・・・。

 その結婚式に花を届けに来た女性ルース。彼女に一目惚れしてしまったレイチェル。最初はヘクターの友人であるクープに紹介しようと思ったのだが、彼女はゲイだった。
 
 レイチェルは少しずつ自分の気持ちが本物だと気付き始め、それはルースも同じ思いだった。
 
 だが互いにヘクターを裏切れないと我慢するものの・・・。

 
 誰がかわいそうってやっぱりヘクターだよね。あの時運命の出会いがなければ、レイチェルもヘクターで満足してたはずなんだし(笑) いい人だっただけにかわいそう。 まぁ救済のように次の女性が出来てたけどさ。
 てっきり友人のクープとくっつくのかと思ったら・・・彼には彼で遊び人って言いつつ子供がいたぞっ?!

 今回の目当てはユアン♪ レイチェルがレズってどんなんだろう・・・と興味本位でビデオ屋でアダルトを借りようとしたら、母親が来ちゃって、その母親がビデオ屋にあった等身大看板のユアンに「いい男よねぇ?♪」と擦り寄るシーンが目当てっ♪(笑)ピーポイントすぎるっ!!
 
 なんと後で調べてもらったら、その年配の女優さん、SWのEP1でアナキンと宇宙ステーションを破壊してましたっ(笑) なるほどっ♪ オビ=ワンと知り合いなわけだっ(笑)

 この中でルースが花屋やってるんだよな。自分も花屋になりたいっ!! 一時市場では働いてたんだけど、花粉症になって辞めざるおえんかった>< 気に入ってたんだけどなぁ(涙)やっぱり花屋はいいなぁ?。
 
 花屋にはいろんな事情の男女がいろんな思惑で花を買いに来てて、花言葉とかも気にするんだけど、ヘクターに関しては・・・本当にかわいそうだった>< レイチェルとルースも辛かったとは思うけどね。

 レズものでここまでさわやかな恋愛物は初めて観た気がするっ♪

 

ナイト&デイ
観たっ♪




 以下激しいネタバレ



 目当てはピーター・サースガード君。FBIのフィッツジェラルド役(笑)(WATのマーと一緒っ♪)

 
 トム・クルーズ(ロイ・ミラー) と キャメロン・ディアス(ジューン・ヘイヴンス)の恋愛物。

 敵はジョルディ・モリャ(アントニオ)セクシーでございましたっ♪


 特務を担った捜査官のロイの事件にいやおうなしに巻き込まれていくジューン。
 
 でも純粋な女性の役だったらキャメロンじゃない方が良かった気がする。
 彼女の場合「チャーリーズ・エンジェル」のイメージか、何でも出来そうな気がすんだよなぁ。
 トムの奥さんでよかったんじゃね?(おい)

 トムの殺陣はいつものごとくなかなか迫力がありました。

 そしてサースガード君がいる段階でもうこいつ「裏切り者」ってわかってしまう(爆)
 ストーリー的にちょっと薄い感じがした。

 でもっ単なる恋愛物? って以外にも別の楽しみ方を発見したっ!! 
 それはポール・ダノ(サイモン)が出てきて・・・彼とロイの関係がまるで「メタルギアソリッド」のスネークとオタコンだと思えた時からだっ♪ メタルギアソリッドも実写映画化しないのかな?・・・。

 別の視点でちょっと楽しめちゃったっ(笑)

  でも敵がいい人使ってる割にアッサリし過ぎっ>< すっごくもったいなーーーいっと思った!!!


NCIS:LA
10話っ♪




 以下ネタバレ



 クリスマス話っ?! なんか常夏、海辺って事で場違いな感じ?>< 

 カレンとサムでクリスマスツリーをオフィスに持ち込む。2人で計画して2人で買ってきたんだろうか(笑)

 
 携帯に爆弾を仕掛けられ、爆死したアッシャー・ロス2等軍曹の捜査に入る。彼は爆弾処理班だった。

 サムは犯人が起爆装置に使った携帯を探す。カレンとケンジーはロスの家へ。両親が辛そうだ。

 
 容疑者かもしれない人物が浮かぶ。ヘイスティング・キング。だが、彼のところにも爆弾が仕掛けられ、解除している途中だった。サムと力を合わせて解除をする。

 カレン、ネイトのネクタイの結び方にご指導をする(笑)サムと共謀してネイトを脅す。おいおい><

 同僚のオリンの元へと向かうが、カレン達の姿に驚いて車で逃げようとして爆発してしまう。カレン達に助けられる。車に悪戯書きが。コーランの言葉だった。イラクから恨みを持ち帰ったようだ。
 カレンも気持ちは分かる。

 同僚にテリクというイスラム教徒がいたらしい。皆距離を置いていた。LAに家族がいる。テリクはテロに遭って重症を負っている。恨みを抱いていてもおかしくない。だが家族はテリクを見てない。送金はしてくれている。

 家族に送金している私書箱の管理人ボールのとこへ。私書箱の借主はアッシャーだった。

 キングのところの作業服をテリクも持っていた。どうやら共犯? ケンジーが潜入していく。
 まんまと姿を現すテリク。顔が半分溶けてる。

 イラクでの過去はみんな辛いものらしい。オリンからネイト、聖書受け取る。
 テリクがイラクのおばあさんと娘、その赤ん坊を撃ったと告げる。
 
 キングからキツい事を言われたケンジー姉さん落ち込んでる。ヘティに慰められるものの「男が真実ばかりを追い求めるものなら、メイド服は持ってない」>< 考えたくない・・・。

 だが、テリクの証言とオリンの証言は食い違いがある。娘が自爆テロをしようとしたのをオリンが撃って救ったのだという。おばあさんと周囲を助けたのだと。妄想? 嘘?

 犯人は・・・オリンだったのか>< 彼は歪んだ罪悪感の為に皆を罰し、自分も自殺をするつもりらしい。

 ケンジー姉さん再びキングと対する。信用してくれないが・・・そこにオリンが。自爆テロ準備してる。 
 ケンジー・サム・カレン3人で説得。腕を打って起爆装置を落とし、キングが解除した。

 皆でヘティとスコッチでクリスマス(笑) ネイトは家族の元へテリクを送り届ける。素晴らしいプレゼントだね♪

 

チャック S2
9話っ♪




 以下ネタバレ



 うおおっケイシーの過去だっ!!(嬉)
 格闘習ってる?っ!! 師匠がいる?っ!! 今回の長髪、髭はなかなか似合ってる?っ!!!
 彼の過去作品映画「タイガー&ドラゴン」のようだっ(笑)


 エメットにもっと笑顔を・・・っといわれて引きつってる(笑)
 エメットも勇気があるな?。殴られなくて良かったね。

 そんなバイ・モア、今日はお客様へ対する態度をコンテストする「今月の従業員」をやるらしい。
 それに対してチャックが片手間に「どうでもいい」っと言っちゃった事で「ぐうたら」従業員に拍車が掛かる。


 ケイシーの師匠タイ・ベネットは国の裏切り者。ケイシーは彼への信頼を裏切られてかなりショックを受けているもよう。
 
 いつも大事にしていた盆栽も、そのベネットの道場のマークに使われているものだった。それを落として壊してしまう。残念>< 
 
 チャックの護衛という任務を忘れて私情に走ったケイシーに、ベリック准将は謹慎を命じる。

 イラつくケイシーとチャックは激しく言い合い・・・。

 ケイシーとチャックの、嫌いながらも必要な相手っていう感じのバタバタが楽しかったね。

 とうとう元師匠との対決になるケイシーは、一方的にやられてしまう。その時にチャックがわざとケイシーを怒らせて逆転っ!! 

 1人でケイシーからの感謝の言葉を演じていたチャックだったけど・・・そのチャックにケイシーから一言「ありがとう」♪ たまには素直になるのもいいかもねっ!!

  お見事ご両親きたよーーーっ!!! 確かにお見事だった!!!(笑) エリーは父親の事までは譲れないみたいだね。(なんか・・・チャックのパパもスパイとか?どきどき)


Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.