映画と海外ドラマ等感想

ザ スタンド
 N様に観せて頂いたっ♪ いつもありがとうっ♪ スティーブン・キングの♪ 本人も出てたっ(笑)

 いやー・・・ゲイリーがかわいいっ!! かわい過ぎる!!! ゲイリーだけじゃなくロヴ・ロウもとっても綺麗っ!!! 話的には悪魔 対 神 でなんだかなー・・・な展開でしたがっ><
 とにかくみんな旬な感じで綺麗だったよーーーーっ!!! 
スポンサーサイト

GSG9
GSG9

 
 すげーーネタバレがあるのでご注意ください。







11話「遺言」


正義の為に頑張ったのに最後は誰にも信用してもらえずに死ぬしかない状況にえぐえぐ泣くコニーかわいかったです・・・私も一緒に泣きました><

「ヘルムホルツ」姉さんとの「ベッドシーン」綺麗でした♪ でも考えてみれば浮気・・・><
 覚悟を決めて見た割には・・・辛かった・・・せめて「デミア」じゃなかっただけましですか・・・>< ・・・暫く泣く。


FBI 失踪者を追え S2
S2 24話「クルーザーの秘密」S2最終回。


 以下ネタバレ


 今までの「マー君」と「サム」の会話が再現される。まるでこれでは「マー君」が「サム」に気があったみたいじゃないかっ。鈍感君はそんな事は絶対にないです。気があったら怪我した「サム」に「来ないの?」とか冷たい事言えないです。
 
 「ボス」が引越しの片付けで珍しく(爆)「パパ」してます♪
そこにお邪魔虫が早速っ♪「マー君です♪
「今「ヨットハーバー」に来てるんですが」「免許でもとるのか?」っと即答する「ボス」。良く「マー君」分かってますっ♪ 
「クルーザー」で「ボス」と「バカンス」いいねー♪

 死体を見て嘔吐してる女性沿岸警備隊に「あれだけは慣れない」と同意する「マー君」「トラウマ」抱えたままっ♪

 今回家族が拉致られた旦那様がまるで「ジャック」の今後を暗示しているかのような境遇>< わざとだろうな。

 「ヴィヴ」が送別会をひらいてくれるそうです。「ケーキ」も買っちゃったっ♪ 次の「ボス」は「ヴィヴ」に決まったしねっ♪
 序曲が鳴り響く・・・

 「ヨット」の底を調べるのに・・・WATは海に入る要員がいないんだねー・・・まぁ部署が違うっていや違うか。
 「NYのダニー」とか「マイアミのデルコ」とかの担当がいないんだな。まぁもし入るなら「マー君」か。下っ端だしな。
態度デカいけど。

 それにしてもWATは部署が部署だから仕方ないけど、みんな服装が硬いんだよな。脱がないよな・・・><

 ボスがあわや怪我? と思ったら他人の血でした>< それを見て「マー君」「最終日にボスの葬式出すなんて嫌ですよ」♪
 すげー「ブラック」でも心配してるんですってっ♪

 原石を10万ドルなんていう馬鹿な値段で売っちゃった男に・・「マー君」「何となく馬鹿っぽいと思ってたけど、本当の馬鹿だとはね」本当に失礼な子だな。確かに馬鹿っぽかったけど、それぐらいのがかわいいじゃないかっ♪ いや、ここの「どアップ」の「マー君」もかわいかったですっ♪
 本当は5、6百万どるの価値がある宝石はもう市場に出回っちゃってた。密輸品らしい。

 サムを「ヒーロー」みたく助ける「マー君」シリーズ最後で必死で二人をくっつけようとする工作が見受けられる。

 ヴィヴもかっちょいーっ♪ 射撃姿は普段あんまりないけど、とっても正確っ♪

 そしてWATではとても珍しい飲み会っ!!! 

 「ああ、もう僕限界。先帰るね」と言った「マー君」
 でも・・・それを邪魔されてしもた。
 タクシーを拾ったサム「ねぇ、一緒に乗ってかない?」
「え? でも僕反対方向だから」(鈍感君っこれの何処が気があるって?) でも「知ってる・・・」とのサムの誘惑ビームに断わる訳にもいかず・・・「マー君」拉致られて行きましたー><

 考えてみれば「サム」淋しさを手近な男で紛らわせる人なんだな。軽く引っ掛かっちゃたねー・・・馬鹿な子><
 
 そして最後・・・めでたしめでたし・・・でイイ雰囲気だったのに・・・ここで「マリア」さんから爆弾が投下されます。


「貴方には・・・一緒に来て欲しくないの・・・」


普通・・・「行かない」って言ったのを「来て欲しい」って言われるもんなんじゃないのか? あまりに・・・不憫過ぎて・・・撃沈。
 ご愁傷様です・・・ちーん・・・・。

FBI 失踪者を追え S2
S2 23話「自分をさがして」


 以下ネタバレ

 この本当の母親だった人・・・NCISの局長ですか? 良く似てる気がするけど・・・違うかなー><

 さてボスが「妻と行く事になった」と皆に告白♪
 皆がショックを受ける中マー君はすぐに「良かったですね。もう決めたんでしょう? 一緒に行くって」快諾。

 勿論その後には「後から僕もまたコネ使って転属しますんで」
 って続くんだったんだよ。全然僕平気って感じだったもん。彼を慕ってここに来たんだから絶対に行く気満々だよね。

 さて事件は。インターネットで自分の名前を検索してみたら、失踪者の中に同姓同名がいた事で、今の両親が誘拐犯じゃないかって疑いを持った子がきた。
 それって今の両親に失礼じゃ・・・><

 ここでいつもの周囲の人の不思議な行動。
 養子斡旋所の男の人。声がギデオン(クリマイ)と一緒だったからただ者ではないだろうなって思ったけど・・・何故かマー君にいちいち目配せするっ!! 「この書類見せて頂いても宜しいですか?」と訊ねる「ヴぃヴ」は無視してマー君を見てから・・・「いいですよ」マー君も何やら苦笑。分かってるな? この罪な子っ!!!

 この話も結構複雑で面白かった。こいつが犯人じゃね?っていうのを少しずつにおわせるカメラアングルでさっ巧いなっ♪

 それにしても・・・引き取る人引き取る人薬中って・・・やっぱり今の所に養子に入ってた方が幸せだってのっ♪ 
 まーでもこの事で今自分がどれだけ恵まれた環境にいるのかって事が実感出来たんじゃないかな。

 サムがジャックの転属で泣いてるシーンを発見マー君探りを入れる。

「今もその気持ちは?」「あるわ・・・でも薄れてる」

 そしてボスはダニー兄貴をナンパっ♪「一緒に来るか?」「無理すよ。俺の街ですから・・・」
ボスふられまくりっ>< かわいそうです。マー君ならお安くしとくのにー・・・きっと叩き売るよっ?!

 え? ダニー兄貴、マイアミ出身じゃないの? 元「NY」なんだっけ?

 最後のボスとサムとの会話。「来世であえたら・・・」なんていう女嫌いだ(すまない)

FBI 失踪者を追え S2
S2 22話「コーチの辞表」


 以下ネタバレ


 ラグビーコーチが失踪。失踪する前にラグビー界の不正や汚職に嫌気が差して辞表を書いてた。

 このコーチの所を捜索に来た時のマー君とダニー兄貴の雰囲気がいいっ♪ なんかスーツとネクタイもお揃いみたいだしっ♪ 頭を寄せて仲良く捜査・・・その時マー君が「途中で邪魔が・・・」って台詞と一緒にサムが声を掛けてくる。まさに邪魔っ!!!(おい)

 さてさて。ボスのかわいそうなお話の序曲が始まりましたぞっ・・・(泣)もうこの頃にはマリアさんの気持ちは決まっていたのでしょうな? 恐い女だ。

 ボスと並んでオフィスに入るマー君♪ 

 今日のダニー兄貴凄い髪の毛・・・これもファッションかな。

 ギャラガスさんを尋問するマー君いつも通りに高圧的っ♪ バラす言った彼に「バラす? 普通の人はそんな言葉使わないでしょう?」と突っ込むっ♪

 この話で・・・息子に本当の父親の話は別にしなくても良かったと思う・・・。知らない方が幸せな事だっていっぱいあるのにね。
 
 それと息子に正しい事を言われちゃって自分が恥ずかしくなっちゃった彼の気持ち・・・良く分かります。良く私も息子に叱られますから・・・ダメ親><

 エヴァを尋問する時のマー君すっごく意地悪っ鬼畜っぽいっ♪ 自分で挑発しといて・・・押さえ込むっ!! 悪い子♪

 ・・・ボスが不憫でなりません・・・>< 

FBI 失踪者を追え S2
S2 21話「二つの家族」


 以下ネタバレ


 これも辛い話だったな・・・強引にきっと止められた・・・と思うべきだろう。じゃなきゃ辛いよね><

 でもあの子の今の記憶が本当に確かかどうかも定かじゃないけどな・・・><

 被害者側から観ればさっさと・・・と思うのは確かなんだけど。加害者としてもやっぱり加害者とはいえ息子・・・辛いだろうな。
 見方を変えれば・・・っていうのが良く分かる作品だったね。

 息子や娘の為に親が奔走して頑張る話って良く出てくるね。もう他人事じゃ見れなくなってるよ。まぁ全ての親が自分の子に対してそこまで入れ込んでるかって言えば人様々。血のつながりなんて関係ないとは思うんだけど。
 用は人間性の問題だよね。赤の他人でも命を掛けて人を守れる人はいっぱいいる。そういう事で警察とか消防士とか医者とか制服系の人には憧れるよ。勿論不正とか威張りたいだけの人もいるだろうけどね。

 むかつく知事にきつい一言をおみまいするジャックかっちょ良かったーーーっ♪ 

 複雑な心境の奥さん担当のヴィヴとマー君ずっとアップがかわええ抜かれ方してますっ♪

 ダニー兄貴の久々に「了解っすっ♪」気持ちいいっす。

 こういう終わり方も・・・たまには・・・ねぇ・・・たまには。

FBI 失踪者を追え S2
S2 20話「人生の最後に」


 以下ネタバレ

 マー君のプライベートなお話っ♪ 伯母さんにあたるボニーさんが失踪。彼女は看護士でもありガン患者だった。彼女は何処に?

 今日はみんなで休暇らしい♪ お手伝いに来たのはサムなんでこれがジャックとかダニーじゃないんだーーーっ!!!

 彼らだったらかなりの美味しい話になったのにっ!!! 最後のシーンなんて「泣くマー君」をどこぞの「マックとダニー」みたいにだきだきしてくれれば良かったのにー!!

 勿論ダニー兄貴にもお願いしたかったのにな・・・ちぇ。兄貴なら・・・「遠慮することないやろ・・・」とか言って強情張ってるマー君をぐいっと抱き寄せて・・・してくれたかもしれないのにっ><ちぇ。舌打ち多い。
 
 でもここでかわゆーマー君♪ サムが手伝いにおうちに訪れた時・・・手帳を腕の中でだきっ♪ とする姿がまるで乙女♪
 かわえええっ。姪っ子のエヴァちゃんっもかわえ♪
 んで従兄弟にはマティ言われてますっ♪ きゅーとっ♪
 

 話的には辛過ぎる・・・「ガン末期患者の苦しみと最後」
 
 お医者さんで伯母の寿命を知るマー君の横顔がむちゃくちゃ綺麗だったっ!!!!
 伯母だけが自分のこの仕事を応援してくれたっと告白もっ♪ なんで相手が・・・以下省略。

 サムが自殺を考えるべきというのにムキになって反対するマー君結構敬虔っぽいので自殺だけは許せないんだろうな。

 この話のわきではジャックが。こちらは痴呆になったお父さんとの話。こっちもつらい・・・><
 今さら知ったけど、このお父様役「スパイ大作戦」のレギュラーの方だったのね!! 

 あまりに身近過ぎて辛い話だったが・・・終止マー君が頼りなげでかわいかったなぁ・・

 えっぐえっぐ泣くマー君かわえええええええっ!!!

FBI 失踪者を追え S2
S2 19話「双子の兄弟」

 以下ネタバレ

 これもスポールディング校長と同じように連続ものになりましたねっ♪ ニックのナルシスっぽさが恐いっす♪
 
 そしてなんかゲイ臭い相手は必ずマー君が深く関わってくるのはなんでですか? マー君はそういう担当なんですかっ?! だいだいジャックが仕向けるんだよな・・・罪な人だよな・・・マー君、ボスに言われたら断れないのにー(どりーむ)

 ま・・・確かに「ナウアンドアゲイン」の時のむきむき体の時の姿が「ゲイ向け画像」に良く入ってますが♪ 私は嬉しいですっ♪

 双子の弟「グレッグ」の恋人の「ジュリー」が失踪。どうも「グレッグ」の言動にはおかしい所が多い。
 双子の兄「リック」は聡明な男。彼が弟を「リード」してるっぽい。


 この「リック」もさー。なぜか会話の時「ジャック」より「マー君」をじろじろ目配せするんだよね。
 んで突っかかってくるし。「君は彼(ジャック)の「キャディだな」「君には兄弟はいるか? いれば僕の気持ちも分かるはずだ」エリックは3人兄弟の長男さん。
「ははーん。サラブレッドか。どおりで人を小馬鹿にしたような態度なわけだ」

 それも知ってか知らずか「マー君」の大好物の「ハンバーガー」をこれ見よがしに眼の前でぱくぱく。「マー君」目が据わっていきますー><食い物の恨みは恐いんだぞーっ特に「マー君」はっ!!
 
 精神苛め食らう「マー君」がむかっとしてついには内情をばらしちゃう姿がかわえええええっ!!! んで「ボス」に「君は何をやってるんだっ!!」叱られて・・・しゅーん

 
このニックの長年やり続けてきた逃げ工作にいち早く気付くマー君苛められたから仕返しとばかりにっ(笑)

 連続女性殺害の写真を陰鬱な眼差しで見詰めて・・・「あいつ異常ですよっ」低い声色で告げる毒発言好きだっ!!「変態っ」とか。すっごく実感篭ってんだよな・・・過去に嫌な記憶あるんだろうなー・・♪

 まー最後はグレッグがニックの思惑よりもずっと純粋で優しかったって事だろうね。かわいそうに。

 いやー・・・このニックとの攻防するマー君かわええ。

SAS
4話「ざ きりんぐ おぶ あ わん あいどぅ ぶっきぃ」


 以下ネタバレ


 うぎああああっ!!! ジェレミーヤラレまくり!! 
 
 拉致られーの拷問されーの焼ごて焼ごてっ!! 
それで嬉しがるなーっ>< もういいよっ分かったよ納得するよっ。 

 でもそれにそれにっ「アレックス」と黒人さん(名前わかんない)のやり取りがむちゃくちゃエロかったっ!!! 絶対あの後迫られてるなっやられてるなっ!! やられたよっもう!! 

 でもやっぱり「ドッニー中尉」も捨て難いのよね(笑)


ロングウェイダウン
ロングウェイダウン

 以下ネタバレ


 後2週間で旅も終わり。家族には会いたいけど、旅も終わらせたくないってっ♪ その気持ち良く分かるっ♪ 自宅も恋しいけど、このままずっといたいなぁ・・・って思えるのは帰る所があるからだと思うけどねっ♪ 

 またサファリパークに深緑のポンチョ姿で向かう一行っ♪ 緑のてるてる坊主みたいっ(笑)像が凄く接近してきて迫力。目が悪いんだって。その代りに耳と鼻がきくんだね。

 リカオン普通の雑種の犬に見える。思わず手なんか出したら食われちゃうだろうなっ>< 子犬は何であってもかわいい♪

 自分の家の近くに像が来て、思わず近付き過ぎちゃうユアンぱおーんっ!! どかどかって像に追っかけられてしまうっ>< 恐怖の一時。原始的な恐怖を感じたって。そりゃそうだっ!! 誰もがひやってしたって。

 カヌーにも乗って近くからカバも観てたっ♪ 夜にはハイエナ。バッファローの群とヤマネコ毛繕いする姿に二人共「恐い」って。かわいー・・・て言っちゃったよ私は><

 後10日で「ゴール」
 最後の難関。ナミビアの国境までの砂道。120K頑張るっ!! でもやっぱり転びまくりっ>< でもかなり安心して見れるようになったのは慣れ?!

 ユアン「白い炎の女」でサラがアフリカの夕日は最高って台詞があるけど、実感したってっ♪

 ナミビアの綺麗な舗装道路に感激してる二人っ♪ 簡易な柵だけの国境越え。みんなとっても気さくっ♪

 車隊は別行動で南アフリカへ。

 街から街までまっすぐな砂道を永遠134きろ。途中でガソリンが切れそうになってビク付いてた。恐いよなっ>< あんな重いバイク押してくわけいかんしな><

 ナミビアに3万年前から住んでる原住民の所へっ♪ 歌と踊りを披露され、祈祷師が病人を治す所も見せてもらうっ♪ 病は気からってなっ♪

 ユアンのハリネズミみたいな髪型っ♪ これもこれでかわいいけどっ(笑)

 スケルトンコーストまではまるで火星のような景色っ♪ 
 ここで野営の準備っ♪今までで一番いい場所だって。360地平線。一週間ぐらいここで読書したいってっ♪

 そんな頃・・・車隊は・・・またデイビットが無茶をやらかして・・・海辺って走りたくなるよね。砂に嵌ってるし>< 
 思い切り嵌って・・・ちょっと寄り道するはずが、夜まで這い出す作業で掛かりきり・・・大変でしたm??m

 ようやく南アフリカに到着っ♪ 海辺でテントを張るけど・・・突風でユアンのテントが飛ばされて破れバイクも転倒。日焼け止めも鞄の中で破裂。散々><

 このバイクが大好きだってっ♪ 僕をこんな遠くまで無事に運んでくれたっ♪ てっ♪

 丘を一気に上がる競争をする二人。ユアンはやっぱり途中でリタイヤ。チャーリーは頂上まで制覇しましたっ!!

 もうすぐで皆との合流地点アガラス岬なのに、ユアンのバイクの後輪がパンクでもチューヴで埋めて修理成功っ♪ 良かった良かったっ!!

 最後の国境越え。南アフリカへっ♪ 

 ここの検問のお巡りさん。彼等のルートを聞いて恐がってる。同じアフリカなんだけどね。
「あんな犯罪の多い恐い所には行きたくないわ」チャーリーは「凄く楽しかったぜ?」と(笑)

 最終日。以前のロングウェイラウンドの時ももうすぐ・・・って所でユアンが車と事故を起こしてたけど、良くある事だって。自分の家の回り一キロを走ると、後5分で家という気を抜いた時に事故る確率が上がる。
 それがこの旅の今からの時間になる。「魔の時間」なんだって。
 って言ってた途端に・・・事故った><

 一番前を走ってたチャーリーが写真を撮りたくて急ブレーキした所、すぐ背後にクラウディオがいて、ぶつかり転倒。
バイクはかなりは破損、クラウディオも頭を打った><
 まぁ大事なかったけど・・・本当に恐いね「魔の時間」

 そして岬へ。オーリーと娘達が来てるっ♪ パパーと声を張り上げる娘さん達に感動っ♪ 良かったねーーーっ!!!

 ラスの所の家族も熱い抱擁っ♪ ユアンの所も来てたはずだけど・・・映像なし。

 ガーンズベイには大量のバイカー達がインターネットで見て集合してたっ!!
 半端じゃない数っ!!!  大暴走族の出来上がりっ!!

 そのみんなでケープタウンにご到着っ♪ 凄い人の中、感想そぞろって感じの終わり方でしたっ(笑) 
 最後のユアンの言葉で一番好きだったのは・・・

旅は魂や頭、心にとっていい栄養になるっ♪」

 本当にお疲れ様でしたっ♪ そして最後にまたユアン大好きじゃーーーっ♪ \(★ ̄∀ ̄★)/

NCIS ネイビー犯罪捜査班 S3
S3 24「遠い記憶 後編」(しーずん最終回)


 以下ネタバレ


 ぼすーーーーーーーーーっ!!!!!

 もうなんか存分に欲求を高めてくれたなー・・・><

 なんか今日はくどくど言わんっ>< 
 どーしてここにっここにっここにっ!!! 「とにー」が来てくれないのーーーーって思っちゃうしっ><
「けいと」久しぶり・・・「じヴぁ」それこそ「しょっく療法だ」
局長との過去はこの時の為のもの?(あんまり必要なっしんぐ)
 
 でもわざと「とにー」に「まくぎー」言って「とにー」にだけは最後まで素直じゃなーいっ!!!

 お前に譲る・・・

「とにー」愕然としたまま言葉がない・・うえええーんっかわいそうーーーーっ!!!! 
必死で必死で「ぼす」の帰るまで頑張ろーと思ってたのにーーーっ!!!! 

 ぼすのいけずーーーーーーっ!!!!   


はぁはぁはぁ・・・もおおおお涙目じわじわだったよ>< 

少し落ち着いて・・・
 ぼす・・・忠実に自分の「ぼす」(ぷりずんのちゃーるずさん)に仕込まれてた事を再現していたんだねーっ!!!「ぼす」の「ぼす」が「とにー」に目を付けちゃうってのもいいなー・・(笑)
 いい加減にしなさいっ>< 
とにかくみなさんお疲れ様でしたっm??m S3は「しなりおらいたーのすと」のせいで1日に3話まとめて撮影してたらしいねっ><お疲れ様でしたっm??m S4いつからかなー・・・。

FBI 失踪者を追え S2
S2 18話「父と母と子」


 以下ネタバレ

 今回「まー君」がとってもやさぐれ「ヴぁーじょん」になっててえろっぽーーーーいっ!!! こんな感じの方がやっぱりいいなぁっ♪無精ひげと暗い表情に言動・えろえろ雰囲気振り撒き過ぎっ!!

前回の事件で「とらうま」が引き出されちゃって。睡眠不足になっちゃってるらしい「まー君」ずっと眼差しが暗い。うふふふっ♪

 それを指摘してくれたのが「ぼすっ♪」「顔色が悪いな?」
「隣の部屋がうるさくて睡眠不足なんです」なんて嘘付いちゃって。でもいかにもふらふら状態の「まー君」に「ぼす」「さむ」にも「あいつ大丈夫か?」と聞いてくれるんっ♪ でも「さむ」は「さぁ?」つ、冷たいぞっ!!!


 今回「だにー兄貴」は「らふぃ兄貴」の出所が掛かっててそれ所じゃなーいっ><本当の過去を忘れちゃってた「だにー兄貴」でも家族の事故を自分のせいにしてたんだからそんな余裕なかったわな>< 「らふぃ兄貴」がとってもかわいそう・・・>< 牢屋でのやり取りは「えろ」かった。これが逆の立場だったら・・・「だにー兄貴」完全に受だったよーな気がする。
 
今回の「ねた」は最後の最後まで分からんで意外だったなー。

 「じょーじ」というお父ちゃん失踪。この家族には何か秘密があるようだ。

息子の「しょーん」を「ぼす」と尋問する「まー君」でもちょっと寝不足という事もあり「きれちゃう」「まー君」

「しょーん」の襟首を掴み取っちゃう腕を「ぼす」に掴まれるんっ♪ その腕から逃れちゃう「まー君」すっごくこのやりとりが「えろいーーーっ」

 なんかいろいろ疑惑が上がるけど・・・ほとんどの疑惑は全部外れっ>< 過去に奥さんが男に「れいぷ」されててそれを見てるしか出来なかったお父やんと息子は心に傷を負ってて・・・ってかわいそうな家族やった><みんな気を使い過ぎちゃってから回り。
 両親共犯罪者になっちゃって・・・残された「しょーん」の今後が心配だよー><

「まー君」は「ヴぃヴ」に相談っ♪ ここでしっかりと「あどばいす」を受けていたら後に引き摺らずに済んだかもしれないのに、途中で邪魔がっ>< 
 「箱に封をしてしまい込むの」っていう「ヴぃヴ」の方法は・・・結構辛いよね。「まー君」には出来るのかな?

 「まー君」も「だにー兄貴」も疲れた顔で廊下の椅子に隣同士で座って「こーひー」を飲むっ♪ 何かいい雰囲気だったっ♪ 

 血だらけの現場に唖然としてる「まー君」えずいて震えてる様が激萌っすーーーーっ!!!!  「わっと」はさり気無い演技がとっても重要なのよねっ♪
  

 兄貴の事を誤解していたと分かった「だにー兄貴」は法廷へ。「らふぃ兄貴」の仮釈放の後押しに・・・良かったねっ♪

FBI 失踪者を追え S2
S2 17話「兵士とフィアンセ」

 以下ネタバレ

 「いらく」からの帰還兵「けヴぃん」が失踪した。

 陸軍の制服を着る「ぼす」と「だにー兄貴」「だにー兄貴」はむちゃくちゃかっちょ良かったっ!! 様になってたっ!!!
 「ぼす」はかわいかったっ!!!「まー君」も着て欲しかったけどなー・・・残念。「だーくすかい」では見れたからまーいっか。

 今回あんまり出番のない「まー君」「ちゃっく」の家の天井から金を発見する。その前に椅子の背もたれに座るという曲芸まがいな事をしている。しゃきっと立ってられないのは「ヴぃん」と一緒♪

今日の「ヴぃヴ」の一言「ころんぼ観た事ない?」(笑)

 二人が「いらく」から帰ってきた姿に「おかえりなさい」と事件の報告をする「まー君」
「だにー兄貴」の「ばぐだっと空港」でのお土産かなんだったのかとっても気になりますっ♪ 「まー君」には何買ってきてくれたのかなー・・・うししし(おい)

 「まー君」今回出番があんまりないので「ぼす」との「ちゃっく」への尋問思い切り頑張ってますっ!!!
 
 家に戻ってくる「けヴぃん」に人質にされちゃう「だにー」必死の説得っ!!! かっちょいーすっ!!! 
 
「けヴぃん」弾を抜いた銃を掲げて「すわっと」が待つ外に飛び出していき・・・射殺されちゃう。泣き叫ぶ「ふぃあんせ」を止めるべく抱き締める「だにー兄貴」辛そうっでもかっちょいいっ!!!

 その姿から辛そうに目を背けちゃう「まー君」ここで「とらうま」が引き出されちゃうんだなっ(激萌)


FBI 失踪者を追え S2
S2 16話「22才の笑顔」


 以下ネタバレ

 4年前に失踪した「じぇしか」の事件を「ヴぃヴ」がずっと追い続けていたが「じぇしか」の部屋にあった身元不明な指紋に一致する事件が発生する。

 失踪する半年前には「こーるがーる」をしていたが、やり直そうとしていた。8才の時に父親が病死。その頃から荒れ始めていた。

 4年間報告を持っている母親。抗うつ剤を飲んで煙草を吸ってかなり参っているようだ。
「ヴぃヴ」とご一緒する「まー君」♪

 「もーてる」で暴行を受けた女性に尋問する「だにー」と「さむ」本人は医者だと言っていたらしい。その犯人を「ヴぃヴ」の記憶が突き止めるっ!! 昔の「じぇしか」の洗面所にあった軟膏を思い出した。凄いっ!! そこで近くの皮膚科の医者の写真を被害者の女性に見せると、いたっ!! すげー。

 すげーむかつく医者。そいつへの尋問をする「ヴぃヴ」
「私は貴方を心底軽蔑します」私も同じ気持ちでしたっ♪
「じぇしか」は「せっくす依存症」だった。必死で克服しようとしていた。

 「まー君」に報告に来てくれる「ぼす♪」「あっぷ」が「らぶりーーーっ!!!」こんな所で騒いでるからなかなか感想が書けんかった><(あほ)

 依存症を克服する「せみなー」を調査しろという「じゃっく」に「だにー兄貴」は戸惑いの表情。その横で鈍感(でもちょっとだにー兄貴の態度がおかしいのは気付いてたっ♪)「まー君」一人で「はいっ分かりましたっ」と優等生のお返事っ♪

 その「せみなー」の場所に向かった時「兄貴」の「あるこーる依存症」の話を聞かせてもらえるっ♪
「7年と3ヶ月と18日もう酒を断ってる」言う兄貴に「立派だよ」言ってあげる「まー君」「でもすぐに油断すると酒に手を出すから・・・今も週に2度断酒会に行ってる。これでいいか?」
「分かった」少しずつ「兄貴」が気持ちを許してくれるといいね♪


 この後兄貴が「俺の相棒のふぃっつじぇらるど」って紹介してくれたーんっ♪ 

 どうやら従兄弟と一緒に救いを求めて、ある「かると」教団に入っちゃったらしい。教祖様がいかにも怪しい。で、やっぱり癒しとか言って「せくはら」しやがってるので「じぇしか」は逃亡したそうだ♪
 
 彼女は父親から性的虐待を受けていたらしい事が分かる。

 ようやく彼女が名前を替えて住んでいる場所を突き止め・・・「ヴぃヴ」と「まー君」が向かうっ♪
「行かないの?」「任せるよ」
 でも彼氏もいて、幸せそうな「じぇしか」に「ヴぃヴ」は声を掛ける事はしなかった。
「捜す事が彼女を救う事になると思ってたけど・・・そっとしとく方がいい」
 「まー君」も納得っ♪ この二人なんか仲良さげな感じがするのは実年齢が近いから? 「ヴぃヴ」のが年下って所が不思議(笑)

 母親にもご報告。ようやく幸せそうな笑顔が見れたっ♪ なんかいい終わり方やったっ♪

FBI 失踪者を追え S2
S2 15話「少年えりっく12才」


 以下ネタバレ

 失踪者「えりっく」って名前が・・・それにしても痛い話だった。これぐらいの子って一番容赦ないかもね。

「えりっく」は学校で苛められていたよう。でもそれを学校側や両親はまるで知らなかった。
「といれ」に頭を突っ込まれているのを見た事があるという友人が。その加害者の少年の尋問をするが、親は何も知らない。
 だが苛められはしていたが「えりっく」はその子の事を憧れもしていたらしい事が「めーる」のやり取りで分かる。
 そういう感情を「まー君」も「だにー」も分かるみたいっ♪ 

 「げーせん」の店長を尋問する時の「まー君」何故かめちゃくちゃ「どあっぷ」何故っ?!とっても綺麗っ♪

 でもそのうち全校生徒等に「えりっく」の「きでぃふぃるむ」のような裸体の写真が「めーる」配布されているのが分かる。やったのは「えりっく」が気持ちを寄せていた女の子だった。

「えりっく」は彼女に気に掛けてもらいたいから苛めたが、その仕返しに女の子等の「ぐるーぷ」が一緒になって「えりっく」に報復をした。その先頭に立ってた金持ちの子は「えりっく」の事が好きだった。くそ生意気かと思ったけど動機はやっぱりまだ子供。

「えりっく」は親と友人に別れの電話をしてきた。彼は自殺する気らしい。「といれ」の鏡を壊したのも自分だった。

 首を吊ってる「えりっく」を「ぼす」と「だにー」が発見っ必死で救命措置を施す。
 ここもー・・・ぼろぼろ。「だにー」も泣きながら「大きく息をするんだっ!!」ってもー・・・兄貴っ素敵っすーーーっ!!!!

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.