映画と海外ドラマ等感想

CSI/M
 S3/23話「殺人鬼養成講座」

 うえーい・・・こ、こんなにもデルコがスピードルの死に関して拘りがあったなんて知りませんでしたーーーって自分途中からしか見てないから何とも言えませんがーっ>< 
 いや、今回の最後も鳥肌もんでした・・・なんじゃこりゃーっ><

以下ねたばれ


 ある第一級殺人犯の処刑が延期された。それは以前のファイル管理ミスのせいだ。でも5年も前に決定している死刑が延期されるのは可笑しいと食ってかかるホレイショ。
「確実に死刑になるように証拠を突きつけてやる」って・・・おいおい。

 その死刑囚の事件を過去担当したのがスピードル。それを洗い直すってんでデルコがムキになってます。スピードルに間違いはないっ!! 言い切っちゃう程に信用してたのね・・・この迫力には流石のウルフ君もタジタジです。ウルフの野心あからさまな態度も困ったちゃんだけど・・・以前の殉職した同僚に関して柵を押し付けられても・・・困るよな><

 流石のカリーもウルフを庇うって。
 ウルフ「僕は死んだ人間と競争してるつもりはないよ」
 デルコ「生きてる人間にだけかっ・・・」

 ウルフが採取してた証拠をチラっと見て無言で立ち去る。さっさと任務を突き進めていっちゃう・・・デルコ本気になると・・・怖い。普段穏和な人ほどキレると怖いのだ><
 ここの捜査員達は殺伐としてるよー・・・><

 ホレイショの家族もなかなか落ち着きませんなっ><イエリーナ、捜査官としての姿があまり見受けられませんっ><

 そんな中立て続けの犯罪が起きる。その犯罪の記事を死刑囚の男に送り付けて賞賛してもらっているよう。・・・彼はレクター博士ですか? いやいや彼みたいな知能犯ではありません。単なる殺人鬼です。

 どうやら彼の血縁者のもよう。
 捜査上に浮かぶローレンス・ハーグローブ。通称ラリー。彼は死刑囚の男のように「タフ」に殺人をしてのける男になりたかった><
 どんどん犯罪の手口がエスカレートしていってる。
「僕はタフな男になりたいんだっ!!」
「なれるさ・・・死刑囚に・・・」

 その報告を死刑囚の男に報告。ホレイショ「もう明日にはお前は死刑だ」死刑囚「どうかな・・・まだもうひとつサプライズがあるかもしれないぜ」
ホレイショ「もう私は何があっても驚きはしない」

 だ、だけど・・・こりゃやられちゃったよ・・・ホレイショ><
 その死刑囚の被害者の遺族のお母様から・・・被害者の写真を見せてもらう。「まだ息子が生きている気がするんです・・・」
 なんとその写真は・・・通称ラリー。死刑囚に憧れて犯罪を手伝っていた男だった・・・。つ、つまり? 最初の犯罪は冤罪って事ですか?! でもまーその後何人も殺してるから死刑は仕方ないと思うけど・・・。
 これにはホレイショ驚かない訳にはいきませんでした>< 鳥肌たった。

 でもその死刑囚。それが明るみに出る前にわざと「ピーナッツアレルギー」なのに最後の食事で「ピーナッツバター」を食べて・・・死亡。綺麗な幕切れをしちゃいました・・・うーん・・・何とも後味の悪い話だった><
スポンサーサイト

CSI/M
そして本日のS3/22話「闘いの火蓋」

ホレイショー・・・どーすんだよぉ。闘うって言ってもさーー・・・・





以下ねたばれ





 今まで刑事ものいろいろ観てきていますが・・・結局さー警察の最大の敵ってさー・・・犯罪者じゃなくて内部のが多いんですけどー・・・上層部とかさー・・・秘密機構さかさー・・・それでいいのかっ!!!



いつも派手なパーティ風景やらビーチやらが冒頭にくるマイアミですが。今日は同窓会。いやはや向こうでもあるんですねー・・・苛め問題が。

 今回は単純に言ってしまえば昔苛められていた恨みを15年目の同窓会で晴らしてしまいましたって話



 今回は案外臭い人がすぐに分かった感じ。 これはオマケみたいな話なんだな。本題が他にあるからっ><

 でも今回ので被害者が手にしていた恨みのメモ書きのインク調べが随分と手が込んでたね。あんなに一般市民に調査方法教えていいのかしら・・・と心配になったけど



さて本題

 なんと・・・あの第一級犯罪者だったはずだけど・・・ホレイショの弟でイリエーナの旦那だった元捜査官のレイを殺したとされるボブ・・・本当は麻薬捜査官だった彼・・・が殺されてしまいましたーーーっ><

 悪者のようだけど・・・本当はいい人ってなんか私大好き?! だから怪傑ゾロとかヒーローモノも好きなのかなー・・・バットマンとかスーバーマンとか?

 この根底は・・・何処? SWのハン・ソロ? 小学生の時に初めて劇場で観た映画がSW。最後の最後で「助けにきたぜー」ってのに子供心に惚れたよな・・・うん。 あ、わき道反れちゃった



 デカイ組織に使われてるそこにホレイショ果敢に挑んでいきます。GS4ティーン・・・って? とりあえずFBIって事らしいな・・・相手は。

 パークさん・・・怖いよ・・・この人、素で怖いよっ

 調べようとするホレイショに「幽霊を呼び覚ますな・・・」珍しくホレイショが手が出せなーいっ!!! 権力ってこわーーーいっ!!!

 でも負けないホレイショっ!!! 伊達にかっこ付けてないっ!! 

 犯人を数少ない証拠から突き止める。フリオコカインの売人。でも突き止めた途端に暗殺された><こ、こわいよー・・・いつホレイショも撃たれてもおかしくないって

 シリアルナンバーからX線装置を開発してる男リチャードを引っ張ったけど・・・そこにもFBIが乗り込んできて重要参考人として連れてっちゃう・・・手が出せないホレイショ・・・悔しいそうっ!!!!



 イエリーナも伊達に捜査官じゃありません。いい加減自分で真実を調べました。旦那のレイは生きているようです。はい。 そして最後・・・「どうするの?」 ホレイショ・・・「闘いはこれからだ・・・」



 闘うんですかーーーーーっ?!!!やばいっすよっホレイショっ!!! 組織には何か良くわかんない裏がいっぱいいっぱいいるだからっご都合主義みたいにいっぱいいんだからっ・・・気を付けないとーーーーっ






CSI/M
1日遅れて録画で観たS3/21話「汚れない秘密」



 う・・・今これ思い出して打ってるだけで泣きそー・・・




以下ねたばれ



いつもとちょっと違う始まり方で・・・まるで最終回のようでしたっ でもこういう撮り方って凄いよね。内情を知らずに単にこの映像だけ観てるだけじゃ・・・完全にブラッドが悪者だものね・・・でも実は・・・ 今までで最低最悪の母親登場

 自分の裸売ろーが売春しよーが勝手だがっ・・・娘までネットで性犯罪者にアピールしてるなんて・・・最低すぎるっ・・・ どこまで本気で知らなかったのか疑わしいっ><「私は実の母親なのよっ?!」の気持ちが何処にあるのか・・・あー・・・ムカついた。



 出来ればブラッド・・・殺さないで欲しかった・・・ホレイショーー・・・ブラッドが死んじゃった時も・・・最後にエイミーが父親との「秘密」を打ち明けた時は・・・もうボロボロだよ・・・うえーん

 血が繋がってなくても・・・ブラッドは本当に父親だったのにね・・・(また泣けちゃう)



 このエイミーの強さが余計に涙をさそうわよ>< ホレイショ絵本の最後観て「家がなくなっちゃったね」に対して「また見つけるから」・・・うう・・・ガンバレエイミーっ!!! いい里親が見付かるといいねっすっかりドラマに入り込んでるおばちゃん一人・・・><



で・・・もう一つひやひやしたの。またやっちゃったよ・・・ウルフ君・・・・貴方、CSIの嫌われ者になっちゃうよ?! 本人は良かれと思ってる所が・・・もっと悪い? でもカリーが来た時に「やべっ」て顔するんだから・・・多分確信犯だよね・・・いい加減にしなさいっ ウルフの行動はおばちゃんの心臓に悪いです。



 カリーが今回以外でもちょっとウルフに対して態度が硬化してるのは・・・やはりデルコの事から? まずいぞウルフ>< ホレイショに頼まれたからってカリーの資料に手を出してたウルフにカリー表情強張り「辞めてくれるっ?!」 唖然・・・ウルフ 



 その上・・・裁判所にブラッドの血のサンプル提出を求められて・・・素直に血液外に持ち出してきちゃったウルフ君。「パトロールの時には命令は絶対だった!」「貴方はもうパトロールじゃないのよっ?!」 ウルフ・・・頭も固いのかな・・・うう、カリー・・・もう怒りを通り越して呆れる・・・完全に信用失墜 

 今後ウルフ君の存在ピーーーンチっ><



エイミーの本当の父親が・・・本当の父親になるべくブラッドを狙ってた・・・でも先にホレイショが撃ったから・・・母親に当たっちゃった・・・うー・・・・んでもこの男にはエイミーは預けたくない。あの母親と同じ穴のムジナだもんな。



 んで最後になっちゃった6階から落とれされた最低男。性犯罪者。エイミーに手を出してた男。殺したのは正義の味方お父ちゃんブラッド・・・人殺しはいけないけど・・・いけないけど・・・ブラッドを応援したくなっちゃうじゃんさ。



 今回は全部見事に人が関係して繋がってたね・・・いやはや・・・泣けたよ>< 


CSI/M
 しえええっ・・・盛りだくさんで鳥肌立ちまくりっ><

S3/20話「エピローグへの幕明け」




 以下ねたばれ




ひええええっいい子ちゃんデルコっ女漁ってたのかーーーっ!!!よりにもよって・・・相手か「やりやり女」ってあんた・・・。今回デルコの私生活がCSI内にバラされまくりっ



 でも素直にホレイショに「バッチなくしました」と報告に行ったのはエラい私がドキドキしたよ><

 その時はホレイショもビックリ。「何処かにあるんだろう」信用してたんだよね。でも女に盗まれた・・・その上殺人事件に利用された・・・ときたら、どんどんデルコと顔合わせなくなってきた・・・しええ信頼が失墜してしもた



 大勢の女に携帯無線で誘いを掛けて・・・路上SEXしてたのがCSI内にバレバレ・・・そうしなきゃ女の身元を追えなかったからだけど・・・潔いぞ・・・デルコ。まだ誉めるか?!><



 本人も自覚ない程S3一話で死亡してしまったスピードルの殉職が傷になっていたもよう・・・内部監察官に「スピードルの死を受け入れられないから荒れてるんだろう?」と言われて激怒してしまうデルコ・・・ 事件を解決してから心理カンセリングへ・・・ようやく受け入れたもよう。でもクビにならなくて良かったね・・・ホッ。

 結局犯人は「やりやり女」の弟。麻薬絡み。



 だがもう一人。情報提供者のファイルを犯罪者ファイルに間違えてインプットしてしまっていたバレーラ・・・クビ・・・ そのミスを発覚させたのは自覚ないウルフ君 確かにとんでもないミスだけど・・・即刻クビとは・・・。ホレイショは「何も心配ない・・・」って言ってくれてたのにーっ!!!庇い切れなかったもよう



そのホレイショも「やりやり女」の弟の事件現場で何と弟のレイを殺したボブ=キートンを目撃! 終身刑のはずなのにっ!!! 確認をとると模範囚で釈放になったと。そんな馬鹿なっ!! その時イエリーナが尋ねてくる。

「何でレイのファイルを見てるの?」

「何でもない。ちょっと確認しただけだ」

 こん時は言わないとやばくねぇー? 狙われかもしれねーじゃん。と心配したが・・・街で出遭うホレイショとボブ。なんと・・・ボブは麻薬覆面捜査官だったっ!!!「捜査で仕方なかった・・・」つまり・・・「レイは・・・生きてるのか?」「ああ・・・」がびびーん。犯罪者だと思ってた人達が本当はいい人?! 以前のエピソードを知らなくても鳥肌が立ったよーーーっ 何が真実なんだか、わ、分からねーーーっ 



 本筋の出逢い斡旋業者の事件が薄れてしもた>< 女は、同性の女が紹介する男には気を許しがち・・・って手口は確かに・・・と深く納得しました



 これがS3の20話で・・・後4話でS3は終わってしまうのだけど・・・続けてS4もやってくれるのか?! やってくれないと消化不良になりそーだっ



CSI/M
S3/19話「モンスターの復讐」

最後の最後まで何が「モンスターの復讐」なのか全然わからなかった>< 最後は鳥肌立った><

しえええ・・・なんであんなにウルフ君が周囲から冷たくされるのか、初めて分かった気がした回っ!!
ウルフ君・・・野心高過ぎ  そりゃ嫌われるがな・・・と思ったよ。お坊ちゃんなのかなー・・・  まー譲り合ってたら昇進できないだろうけど・・・あまりにあからさまだよなー・・・うーん


以下ネタバレ

 国税局員が立て続けに2人も射殺された。ブラックリストに乗ってる滞納者の名前が上がる。でも結局国税局内部でも不正が行われてたって事で・・・痛み分けみたいな感じ?

 それにしても今回はウルフ君があまりに痛い  デルコが体を張って潜水して捜しあてた証拠品の銃をデルコを待ちもせずにさっさとホレイショに自分の手柄として持って行っちゃう  
デルコじゃないけどそりゃねーよだよね。 

 いやー・・・ウルフがここまでデルコにライヴァル心を抱いていたとは知らんかった。まぁ・・・確かにホレイショには信頼がありそうだもんねー。嫉妬?!(笑)

 ウルフ君意地張っちゃって、デルコの得意分野に関しても素直に聞く事が出来ない。それでもデルコはさり気無く助言してあげる・・・優しいぞ・・・デルコ
 でも素直になれないウルフ君、結局デルコにCSI内にバラされる。カリーにまで「手柄を横取りされたくないわ」とか言われちゃうし・・・(泣)
 このまんまじゃウルフ・・・CSI内で針のむしろ状態になりそーだ  いや、あのガキっぽい態度はそうなっても仕方ないと思えてしもた>< もっと精神的に大人になんなきゃーウルフ君っ!!! 

 して横道にソレましたが、今回の犯人「モンスター」は何と10才にも満たない子供・・・最後のオチの場面では親として鳥肌が立った>< そしてモンスターって題名に何となく深く納得。

 ほんとマイアミって面白いですね・・・何様だわれ

CSI/M
 S3/18話「配達された殺意」
 
 今回ホレイショ個人的にお仕事頼まれてるー こういうのでも個人捜査してあげるんだねー。

 そして毎回思うけどマイアミのメンバーって事情徴収をしに行く人に対して高圧的なのはどうしてでしょー。 もしかして吹き替えの声優さんのせいか? 特にアレックスにウルフとカリーって怖い気がするわ・・・浪川さんのせいか? おい。唯一デルコは優しい気がすんだよな。

 で、今回の事件ですが・・・運搬中の船に追突した乗用車に乗ってた男は既に追突前に死亡してた。事故の衝撃で車の中に埋もれていた右足が死亡の原因を発覚させる。

 今回も幾重にも人が入り組んで関係してて面白かったな

 以下ねたばれ

 何がかわいそうって・・・やっぱりスケボーバソコンゲーム社長の替え玉を頑張ってたデビット? 会社の受付嬢が花を送り間違えちゃって ・・・その原因で濡れ衣で奥さんにスケボーで殴られるわ・・・ゲームプログラマーには逆恨みされるわ・・・かわいそう過ぎるっ><
 モーションキャプチャーが殺人現場シーンを再現してるってのも新鮮だったなっ

そしてカリーの決め台詞「ゲームなら殺しても生き返るけどね・・・」 う・・・痛い

 これはゲーマーの私としても痛い台詞ですな><

CSI/M
S3/17話「終わりへの伏線」

 今日はカリーの3角関係が目立ちました

 以下ネタバレ

いきなり飛行機落ちるし。毎度迫力あるなーマイアミ  それも「アイランド」に出てた俳優さんが飛行機を落としちゃってた><これが発覚するのはあまりにも呆気なかった。グリーンレーザーポイントで飛行機パイロットの目を眩ませて落とすなんて・・・これ知ったらガキがマネしそうだ

 そして落ちたパイロットはいいとして、荷物の中には12億ドルもの小切手それに違法の札束どっさりっ♪ 
 それと後でウルフ君が発見しました若い女性の死体。どうやら飛行機に乗る前に死亡していもよう。
 まだ事件が入り組んでるぞっ

 不良少女達を更生する慈善財団のお金だったらしい。20才でここまでのお金を動かしてるのは凄いと思った 死んじゃったけど・・・><
 この子のお母タマが出てきた時からあまりに美人過ぎるので怪しかった・・・やはり娘の金を横領していたもよう。うーむ。

 それと今回分かったのはMRIだけではやはり検死には完全じゃないらしい。ちゃんと内臓を切り開かないと分からない事もあるのだね。うん、納得。

 そして・・・今日も思ったが・・・なんかみんなウルフ君に冷たくない? そう感じるのはウルフ君にかなり肩入れしてみるようになってしまっているから? 分析課の子といい・・・アレックスといい・・・ようやく自分の仕事を発見したと喜んだウルフ君に、アレックス容赦なく「もう遅いっ! もうカリーとデルコが向かった」と言い切ってしまう  なんだか不憫だ。

 今回カリーがなんだかジャックという刑事とエリックという刑事を天秤に掛けてるっぽい感じが出てました。ジャックあからさまに嫉妬。それにカリー対応こわいっ「私の仕事を邪魔しないでっ」うーんCSIの女性ってみんな凛々しいなぁ・・・惚れ惚れ
 
 でも今回ウルフ君少し見直したぞ  昔はグレてた不良少女が腹の中にいる赤ちゃんの為に慎重な態度を取った事。ちゃんと葉酸を摂取している事等、賞賛しております。例え父親が犯罪者だとしても、子供に罪はないもんなっ♪この子はちゃんともう【母】になっててえらいなーと思いましたっ  私も見習わねば><

CSI/M
S3/16話「エバーグレース炎上」

 マイアミって話がいろんな筋に分かれてて巧いなぁ。

以下ネタバレ

 レイって?! ああ、ホレイショの弟だったのかー。以前から見てないから分からない柵がなんか歯がゆかった>< ホレイショの子じゃなくて・・・レイの子供だった? んで捜査員のイエリーナがその弟の奥さん。息子一人。つまりホレイショの甥っ子。で? スージーは誰? 気にする事はないんだ・・・ってホレイショ自分の骨髄が適合したら提供する気満々だったよね><
 なんか最後ジーンと出来たっ

して事件の方はヘビの次はワニかよっ!! そして山火事っ!! マイアミ派手だなぁ・・・散弾銃で撃たれた死体をワニが食おうとした・・・毎回いくつかの事件が入り組んでたりして犯人が最後の最後までわからなくて楽しいぞっ

 有名映画俳優が少年性犯罪に絡んでて・・・その被害者少年の父親が同じ牢中の殺人鬼に復讐を依頼したって。今回アレックス検死官さん大活躍っ♪

 私服姿のデルコが気になってきました・・・いつもピチピチの服きて・・・胸がむきむきなので・・・


CSI/M
S3/15話「猛獣の正体」ひえええええ  

 以下ネタバレ

 ひええええっ映画アナコンダですか? ちょっとだけ消化された人間がリアルに描写されてるのはもっとエグイ気がするんですがーーーーっ>< まさか本当に食われてる人間だとは思いもよらずっ>< こええ><

して、・・・今回もまたやっちゃったよウルフ君  ウルフ君やっちゃったよシリーズ化出来そうだ>< シーズン3で初めて観てる訳ですが・・・もしかして最初からこの子はこういう担当なのか?
 シーズン2までの捜査員が殺されてしまって入ってきたんですよね? 不慣れなのは仕方ないし科学捜査の方も夜学に通って自学で頑張ったけど・・・やはり如何せん経験がないのかなー

 偽造IDを利用されてるって被害者の女性・・・最初に訴えてきた女性をきちんと調べもせずに荷物返して帰しちゃったね。そしたらまた次にはその被害者が訴えてきて・・・あーあ・・・って感じ。

 うろたえるウルフ君「じょ、上司に相談しますっ」あーっまたホレイショに折檻されるのか? と期待してワクワク してたら・・・カリーに逃げた そーきたかっ!! カリーも一件優しく穏和そうなのに厳しい人だなぁ。捜査員はやっぱりこうじゃなきゃ務まらないんだろうか。

 それに対してデルコはホレイショに信頼されてるっぽいなー・・・いいなー・・・。

 最後アナコンダと共に薬を密輸してたクラーボVSホレイショ第二ラウンドらしいけど・・・親のすねかじり馬鹿息子。 確かに憎たらしい、条約がどーの、国際問題がどーのとホレイショじゃないけど「うるせぇ」と言いたくなった。なったけど・・・これは酷くねぇか?

DNA鑑定・・・私はあのお父ちゃんワザと血をホレイショにくれたと思ったのに・・・出来た親じゃんと思ってたのは間違いだったらしい>< やっぱり母親同様に親バカだった。それも・・・子供が自分の子じゃなかったって分かった途端の手の平の返しようはあまりにも酷過ぎないか? それを利用するホレイショも・・・何度目かで怖い・・・と思ったよ


CSI/M
S3/14話「妻達の危険な情事」です。

 今回も面白かったですよー。ウルフ君がなんだか少しずつ愛しくなってきました
 バーンを取り扱ってる運送業者を当って・・・ようやく発見したのにその男に荷物を運んだ相手の住所を聞いて満足してしまった所。私もここでは「いいのか? それだけで・・・」とは思っていたが・・・。

以下ねたばれ

 またウルフ君やっちゃったよ>< それが犯人に繋がる男だったよ><
ホレイショの目がまた怖いよ・・・「車のナンバーは?」「・・・・」この沈黙が辛い。 警察の初歩的な業務なのに・・・。

 でも今回はどんな痺れる言葉でウルフ苛め するのかと思ったら・・・「他にも手掛かりがあるはずだな?」ちょっと柔和だ・・・ほっとしたような残念なような(笑)
 でも結局尻拭いは一人でさせてる・・・やっぱりサドだ・・・。それに絶対にモノを動かしたり何かするのに「ウルフ・・・しろっ・・・」て貴方なんで何もしないの? 痺れるわー・・・こういうとこ

 で、だんだんマイアミの色みたいのが分かってきたかな? 最初に何気に引っ張ってきた関係者が・・・実は真犯人だったってパターンかなー。それを追い詰めていく過程が面白いんだなっ♪ 

 で、今回のホレイショの痺れた台詞。
 人質を取っていた犯人が「こいつを撃たれたくなかったら帰れ」に対して「今さら帰れるか・・・」 おーい。それに犯人が人質に「お別れをいいな・・・」と言って引き金を引こうとした途端バンっ・・・射殺しちゃったよ ・・・あららら・・・い、いいのか? これで・・・。

 そしてもう一つは・・・連邦政府の代表・・・つまりFBIって事かなー。に対して「俺の一言でどーにでもなる」 発言。ホレイショってそんなに凄いのーっ?!

 いやー・・・面白いなぁ。人がどうこうというよりも・・・話が面白いっ!
 NYはどちらかと言うとキャラに嵌ってるんだけどねっ♪

CSI/M
S3/13話「分かれ道」 面白いーっ♪

 マイアミって話が面白いなー・・・単なる捜査だけじゃなくて毎回幾重にも事件が重なってて・・・巧いなー。

以下ネタバレ

警官に憧れた青年の慣れの果て・・・うーん哀しい。NYでもそうだったけど16才の女の子の暴挙が怖い。 それに対する親の対応もムカつく。この親にこの子ありって感じで・・・それと共に反面教師として自分の親として絶対ありえない訳じゃないなー・・・とも思ってみる。

 それにしても今回もウルフに対してのホレイショが厳しい。ウルフが安易過ぎるのを知ってるのかな?
 ウルフ「もう全て調べ尽くしました」ホレイショ「それでも探せ」うーん・・・

 それとホレイショ「警察官に相応しくない警官もいる」の台詞に・・・うっ・・・どーしても脳裏に甦るダニー・・・

 検察官の女性の捜査より裁判での勝利を重視してる姿も新鮮だったなー・・・こういう機関しがらみもあるんだねー。ホレイショにフラれてたけど><

CSI/M
S3/12話「ER襲撃」なんかさー・・・元祖シリーズとNYを見てたけど・・・マイアミシリーズって事件が派手? いきなりERでドンパチ始めてビックリだよっ><

<余談> ギャング団の抗争の話なんだけどー・・・こういうの観ると頭に浮かんできちゃうのはNYのダニー・メッサーすよぉ。元ギャング?って匂わせてるけど、そういう軽犯罪でも前科あると警官にはなれないそーですよ?だから多分手は染めていないんじゃないかと・・・バレてないだけ?<>

んで今回のマイアミですが。赤ちゃんがかわゆかったっ♪ ウルフが、赤ちゃんが機材に手を伸ばすのを台詞を言いながらさり気無く遮っていくのが・・・くぷぷぷぷ。赤ちゃんに流石に演技は無理だもんねーっ♪

<余談> そーいえばこのウルフの吹き替えは浪川さんなんですよ。スターウォーズのアナキンなんですよ。はい、ただそれだけですっすみません。

んでマイアミですが。またホレイショがかっこ良かったですよ・・・この人人情があるんだか、ないんだか良く分かりません。ギャングに「どうせお前等は俺達がどーなろうが構わないんだろ?」 と拗ねて見せる姿に「俺を見くびるな・・・」とちゃんとギャングの親玉の事件を捜査してあげます。
 ERの中での抗争の時には「クズ共」とのたまわっていたのに・・・単なる負けず嫌い?おいおい

パラサイト
 どーしてもあのジョシュの髪型が気になって手を出さなかった映画。だが、勇気を出して観てみれば結構気にならなかったじゃん。
 あれでイライジャ君とのキャラが逆だったら・・・辛かったかもしれないけど、跳ねてる役だからあの髪型でもOKなのかもっ♪ 



 以下ねたばれ


 うーむありがちな学園内エイリアンものでしたねーっ♪ 体と頭が千切れて分離してエイリアンだからって復帰したのはいいけど・・・その後再生して普通に生活し始めるってすげー無理ねぇか? あの先生と良くジークは関係を持続出来るな・・・あんな姿みたのに><

 体育の先生がT2の人でとても追いかける姿が様になっておりましたっ
 一つ残る疑問的には・・・あの転校生が親玉だったわけですが・・・ジークとキスをした時にどうして乗り移らなかったんでしょーか・・・もっと苛めてやりたいと思ったとか? おいおい。

(笑)他の生徒達はまーどーでもいいんですが・・・イライジャ君はやはり目がデカイっ綺麗っと思いましたっ♪ 

ザ・ウォッチャー
 面白かったっ!!!! こんなにもホモ映画だと思わなかった><
 匂わせてるのかと思ったら思い切りそのまんまやんけーっ!!!

 執着されてる刑事さんが綺麗だった。睫ばしばしで♪ 目は荒んでて死んでたけど(おい)でもこの犯人役のキアヌがいいっすねー。美青年だからこそいいっすねーっ♪

あの花占い冗談かと思ったら冗談じゃないんですねー。「俺を愛してくれる? それとも壊す? 愛してくれる? 壊す?」って・・・くーっ。
 欲しいものは「あんた」だ。これってさー・・・王道じゃーんっ♪違う? あの女の前で致しちゃうかと思ってドキドキしてたよー・・・でも頬すりすりまではしてたけど・・・。あの変な踊りは何なんだろー・・・それだけが疑問だ><

ラッキー・ナンバー・セブン
 面白かったっ!! 面白かったけど・・・もう少し組み立て方がいいといいのに・・・最後の種明かしの所がトロトロし過ぎだ。これはシナリオの作りがちょっとな・・・もっと衝撃的な感じでいくらでも作れたような気がするんだが・・・><
 ずーーーーーっとジョシュが裸体でタオル一枚で過ごさせられるのは監督の趣味ですか? ブルースの趣味ですか? いやー目の保養ですけど。




 以下ネタバレ



 話的にはだーいどんでん返しな作りで面白かったっ♪ でもジョシュがボス相手に「チェス」が得意な所で「あ・・・」と思った。
 それまではそれなりに不運な男と思えてたけど。
 でも「グットキャット」と「バットドック」って・・・もう少しネーミング何とかなんねー?
 考えようによっちゃ・・・これブルースさんが子供に手を出してるっぽい話だよな・・・出されちゃってるっぽいよな、ジョシュ><
 
Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.