映画と海外ドラマ等感想

CSI/NY12・13・14話
 自分の失態を尻拭いするように感想を書いてみるっ♪ 
☆12話リサイクル
コンビ:ステラとダニー(メッセンジャー青年の死体)&エイデンとマック(ドックショー関係者の死体)
 ダニーとステラ姉御のコンビは姉御と弟子って感じ。
 取調室とか署内とかラボを食い入るように見入る。配置図とか。でもS2お引越ししちゃうからあんまり意味なし><
 ダニーが証拠探しの為に女性雑誌を読み漁ってる所に肩を抱き寄せてくる姉御。
「美容に感心あるなら指導してあげるけど♪」もうウリウリグリグリって感じ。
 ここでメッセンジャーのルートを検索するのにペースメーカーの記録からルートを検索していくシステムはすごーいっと思った♪ それを取り扱えるダニーもえらーいっ♪
 少年暴行犯の所持していたナイフが使われてたって事で男の元へ、そいつに邪険に扱われてダニー「年食ってるのには興味はないのか」自分から挑発してどーすんの? マックとエイデンはあまり犬好きではなさそーなのが分かる。

☆13話タングルウッドボーイ
 これがあっただけでDVD購入した甲斐はあったってもんよっ♪ 必死のフォローだっ><
 今回のコンビ:ダニーとエイデン(車事故の女性の死体)マックとステラ(公園で殴殺された青年の死体)
 硫黄で足跡固めるんだねー・3分クッキングの風景みたいだったっ♪
 殴殺された青年の肩に残ってた剥ぎ取られたタトゥを1000Wの光で火傷を負わせて表皮を剥いて浮かびあがらせるホークス先生。楽しそう。浮かび上がってきた「タングルウッド」の刺青。ストリートギャングの名称。
 マックに聞かれるダニー。
「仲間に誘われたけど入りはしなかった。奴等は最低のクソだ」
 言い放って、マックはまさか部下が自分に嘘を付くなんて思っちゃいないんだろーなー。
 後で気になって様子伺いにくるダニーに、マック「君は彼等の誘いを断わった。賢い選択をしたんだ。誇りに思っていい」と手放しで賞賛。この時のダニーの瞳が鋭くていーーーーっ♪
 エイデンと風俗に行ったダニー「へぇ意外と清潔なんだなぁ」「やだ、まるで自分が来た事がないって言いたいみたい」「ガールフレンドがいるのにわざわざ来る必要がない」「貴方ならお金払っても来るでしょう?」
 エイデンのダニー評って?
 タングルウッドボーイのナンバーワン、ソニー・サスーンを取調室まで引っ張って来るけど「どうせ俺はすぐに釈放される。お前等の部下のダニーに聞いてみるといいさ、俺達の力を良く知ってるはずだ」
 なんつー思わせぶりな台詞を吐いてくれるぜ。マジックミラーで密かに伺っていたダニー苦し気な表情で俯きます。嘘がバレちゃった>< かわいーっ><

☆14話血と汗と涙と
 コンビ:マックとステラとエイデン(海辺に捨てられていた箱に詰まっていた死体)&フラックとダニー(部屋に大量の血痕が?)
 サーカスの話はあまり好きではないのだが。 ダニーはまだグレート3。フラックは5つ下だけど既にグレード1。育ちが育ちの先輩ダニーと、家が代々警察一家のサラブレットエリートフラック君。ドンちゃんのダニーを見る目がとっても優しい気がするっ♪ 
 近所に顔見知りなんかいないって言うダニーに「失踪するなよ?」
 その途中で壁にぶち当ってるダニーにさり気無くマック気を使う。
「目を休めて話してみろ」みんなに心配されちゃう子犬君でした♪ 
スポンサーサイト

バットマン&ロビン(フリーザーの逆襲)
 久しぶりに観たっ♪
8mの頃だねー画面汚い><クルーニ兄貴かっこ良かったーっ♪ ってか確実に私色眼鏡になってますけどね(笑)
 丁度ロビンとの話だし。ロビンはNCIS/LAのG・カレンでごさーい!!
シュワちゃんもウマ女王様もとってもいいキャラを出しまくってますーっ!! 
 

バロウズの妻
 いやー・・・これ結構お気に入りですっ♪
ノーマン君至上主義ちっくなんだもーんっ♪
「こいつ襲ってくれるといいなー」と思ってたら強姦してくれるし、おい。
「こいつもこの子密かに思ってるといいなー」と思ってたら思ってるしっ♪うしっ!! 
っとツボを突きまくりでしたっ♪ 
そしてこの中キーファさんがどうしょうもないゲイおじさんしてます。
借金の方に坊や囲ってて「坊や」にすげー嫌々相手されてる様が笑えるーっ!!!
 本当は情緒的に観るべき映画のはずなんだが・・・ごめん、ヨコシマな目でしか観れんで>< 

レント
久々にミュージカル映画観たなーっ♪
とっても人間臭くて「人間」だからこそ垣根なくいろいろな関係があって苦悩と喜びがあって・それでも前向きな彼等がとっても素晴らしかったです。
エンジェルには泣けた(≧△≦)個人的にはモーリーのタンゴの場面が一番好きかなーっ♪

完全犯罪クラブ
「完全犯罪クラブ」動のライアン君がかっちょ良かったなー。
あういう猟奇的なのも巧いな。んでピット君真ん丸くて綺麗でしたー♪
この二人が実に怪しいというかエロい関係っすねニヤリ。
これも大どんでんがえーしな内容で巧い作りだなーっと思えたっ♪ 
最後の最後まで結局どーなのっ?! って思えたしっ♪(私が単純なだけ?)

パウダー
 まんちゃんからお薦めしてもらった映画っ♪
特殊な人種のショーンむちゃくちゃ瞳がきらきらしてて美しかったっ♪ 
最後は・・・???だったけど、途中途中が激しイイ内容だった!!
ショーンの美しい裸体と無邪気で無垢な様が激しくいいっ!!

SWAT
 めちゃくちゃ期待して観てしまった割には・・・地味な内容だった気が。
考えてみれば派手そうでいてやらなきゃいけないお仕事は地味じゃなきゃいけなかったんだって気付いた><
イメージ的にゲームのメタルギアソリッド想像してたからいけなかったのかもーっ><
ドンパチよりは人間模様が重視されてるんだなっ♪

マイノリティレポート
 ほんとはトム映画(笑)面白かったっ♪ 
近未来刑事のお話だったし、捜査の仕方がとっても斬新っ♪ 
記憶操作関係のお話で大どーんでんがえーしっの内容だしっ♪ 
でも最初は痛い・・・子供が死ぬのは痛いっ>< 
この中でのコリンは「いい刑事さん」役だったから好感度むちゃ良かったっ♪ 
実を言えばこの吹き替えをすがっちがやってからってんでDVD購入したんだよな。えへ♪

フォーンブース
 結構面白かったけど閉所恐怖症の私にはストレス溜まりまくりっ><
もういいから走って逃げちまえよっ!! っと思っちゃった>< 

ねっとりしてる犯人役がすげーエロい感じでいー。
コリンすげー嫌な人役だけど、ここまで世間に暴露されたら流石に同情心も湧くというもの。
この犯人はほんと凄いって思えたっ♪ あのピザ屋だったら間抜けで終わったけどさ>< 

ジャスティス
ナチの戦争モノかと思いきや裁判と白黒問題だった。
面白かったけどこっちでもコリンは大尉に気に入られまくってましたな。
アイドルだ。かなりヒヤヒヤできる話の作りでウィルスさんがかっこ良かったなー・・・。

フライトプラン
飛行計画はそれなりに面白かったな。
意外だったしい。勇ましかったなサースガード君。
相変わらず眼差しは悩まし気だ。ショーン・ビーンもいい機長してたなー♪ 
映画自体のつくりも悪くなかったと思うー。
私が単純なのかもしれないけど、周囲と一緒にジョスタ頭おかしいんじゃないかって疑ったしっ♪ 
あの窓の跡があった時にはゾワリっとしたっ♪ 

LONG WAY OOUND UK版  
 モノがモザイクだったのにはちょっと物足りなかったけど、まーそれは枕でじっくり鑑賞したから良しとして・・・おい。

 カットされてる所がみんなかわいいったらないっ!! moy子様と通信教育みたいにして一緒に観たのですが・・・二人でユアンが出てくると煩い煩い・・ユアンがいなくなると雑談に戻る・・・ユアンが出て来ると「きゃーっ♪」分かりやすい私達でした。

幸せな一時だった・・・♪ 付き合ってくれてありがとうね♪

 救命活動の時のユアンのヘタレな人口呼吸の仕方には激しく騒ぎました・・・貴方がはぁはぁしててどうすんのっ!!ったく・・・かわい過ぎるっ!!擬似訓練激し過ぎ・・・。

 それにしてもいろんなセーター持ってるなー・・・ユアン。なんかセーターだけでもコレクションとしてHPに載せたいぐらいだよ・・・。それと・・・服は誰が選んでるのかな・・・奥さんじゃないだろーな・・・美術やちってた人だよね・・・少なくとも・・・。私だってとてもじゃないがセンスない人間から見ても・・・ヴーンなんだが・・・あの色合いといい・・・柄といい・・・羊の顔って・・・ど、どうして?

 でもすげーむちゃかわいいくマッチしてた衣服姿もあってユアンのファッションショーのようでしたっ♪

 「綺麗・・・」ってうっとり出来るショットがいくつかありました♪moy子様と一瞬で同じ反応を示しているので、私個人の見解だけじゃないはず。

 ナンバー2の進路を相談してる会議室での地図をジーッと眺めているシーン激しく綺麗だったね・・・。あのショットは保存版だな。

 その後のチョコをオットセイみたいに吹くシーン。・・・あんたらガキそのまんま。何にでもムキになるユアン。無邪気過ぎる笑顔・・・かわい過ぎっ!!

 視力の手術にまるで乙女のように怯えまくる貴方が素敵っ♪ 超かわいいっ♪ 特典映像で踊りまくる貴方も素敵よっ♪

 ユアンの友人さん登場! なかなかかっちょ良いじゃないっ♪ 

 ああ、後これは逃しちゃいけねぇ、オビ顔のままの私服姿とキャンプ姿♪ 改めてジョージの美術的センスに感謝したくなったよ。やっぱり美しいよ・・・オビっ♪

 すっごく細かく所々カットされていて、画面から一時も目が離せませんでしたよっ♪ 

 とにかくまたこれを見て「あんたって・・・どうしてこんなにかわいいのっ!!」っと激怒してました。

なんか字幕なくても全然関係なかった・・・まー日本のでまた改めて確認するけどねっ♪ あー幸せだった・・・。


LONG WAY OOUND #7
うう・・・感動の嵐だ・・・感涙しておりますTTもうこれで最後かと思うと余計に感動ひとしおっ!まだやめないでーっとの思いと、本当にご苦労様でしたーとの思いと・・・複雑だ。

 飛行機でアラスカに到着。何より大事なバイクを倒されてて、その扱いの乱暴さにユアンはキレております。少し怒りバージョンです。っと思ったらどうやら眠れなかったようで、時差で相当つらいようです。そこで壊されちゃった部品とかの修理中にクソッだの叱咤し続けてます。

 この旅初めての時差ボケだよ・・・少しの事でキレちゃうよ・・・自覚はあるのにどうしょもないようです。かわいそうに。そのバイクを修理する2日間はアラスカを満喫しました。でもだからって・・・アメリカンサンドユアン達を挟んで女性達がおしくらまんじゅうするやつ・・・う、うらやましい過ぎる・・・。

チャーリー氏もされながらも冷静に「人恋しいんだよ・・・やっぱり」っとユアンを観察。本当に照れながらも嬉しそうなユアン・・・何処でも人懐っこい人よね・・・。

クマ観察も子供のように嬉しそう。

 髭が少し綺麗になってます。どうやら虫が湧いて巣を作ったもよう・・・う・・・うわぁ・・・で、でもユアンの髭なら・・・例え大嫌いな虫がいても我慢するかも・・・マジ?

 シベリアで一つのお店で何でも売ってるのに感動しております。ついでにショットガンやライフル、マグナムまで売ってるのには久々にびびっておりました。

 カヤックに乗って氷山の近くまで・・・崩れてきた氷に大興奮でした。でも危ないんだよ・・・衝撃映像とかで見た事あるもの・・・津波になっちゃって巻き込まれる人・・・。無事でなりよりです。

 そのMサイズのライフベストを着るのに・・・必死で腹をへこませている様子のユアン・・・断じて太ってなどいないと主張・・・いや、かなり見た目でも太ってます。そんなあなたがかわいい・・・うっとり。

 ついでにシャチも観察。優雅に泳ぐ姿に感動ひとしおの二人。思わず映画のウォーリーを思い出しました。

ビデオ日記でご家族に電話したと少し照れ気味に報告。家族にもうすぐ会えると嬉しそう。

 山火事が大変らしい。州地事まで出てきて必死の消防活動です。氷のホテルってのは見たかったな・・・。

 舗装道路で何の苦労があるわけでもないのに疲労するのは今までの疲れが溜まってきているんだね、との事。彼等は今睡魔と戦い続けてます。疲れてるんだよね・・・。そんな中やはりユアンは早くエヴさんを抱き締めたいっと報告・・・わかったわかった・・・。

 ユアン、俺のバイクかっこいいだろー・・・いきなり子供じみた事を・・・と思ったらバイクのあちこちに付いた傷・・・男の勲章ですね・・・あちこちの傷一つ一つがこの旅の思い出だもんね・・・うん、自慢して下さい。たくさんっ!!

 改めて今までの旅を思い出して、大変な環境におかれている子供達を思うと、巨額の映画とかが馬鹿らしく思えてしまうユアンでした。でも貴方はそれで多くの人に夢を与えてくれてるんだよ・・・それで救われている子供達だってたくさんいるって思って欲しいな・・・。

 コインランドリーで洗濯しつつ、過去話をするユアン。演劇学校の時洗濯が苦手だったそうな。白いジーンズが黒になってたそうで・・・。

 あの頃は短髪を真っ赤に染めてピチピチのパンツにゴツイブーツ、シルクノシャツ姿が最先端だったそうで。そういうスタイルは今だに好きだそうです。VGMを彷彿とさせますな。

 ここでようやくお洒落に気が向いてきたもよう。ライダースーツには飽きたそうで・・・ジーンズとブーツを買いました。かっちょいいです。

 携帯が使えるようになって歓喜の絶叫のチャーリーですが・・・ユアンは早速仕事のメールが20件も入っててまた骨の道に戻りたくなったそうです・・・自分が売れっ子だと思い出しましたか?

 ジェイソンって人にアフロバッファローに乗せてもらう二人。感動しております。ユアンはこういう生き方はモンゴルもここも変らないんだね・・・・っと旅の共通点を発見しました。

 遊園地でグルグルマシーンにジムと二人で挑戦のユアン。むちゃくちゃ顔が引き攣ってます。ジムの腕を掴んで怯えている姿は・・・そりゃジムも凛々しくならざるおえません。ほんとうに無差別攻撃のユアンのかわいさですっ♪チビリそうになっちまったぁーっと泣きそう・・・。

 日本のH車と交通事故ユアン・・・ほんとひどい事になんなくて良かったよね・・それにしてもあのお子様・・・事故したわりには妙に明るかったね。状況わかってんのっ?って感じ。あんまりにもお子様過ぎて怒るに怒れない感のユアンとチャーリーでした。ユアンの「僕を殺さなくて良かったな」ってのが印象深い。ほんとですよ・・・あんた・・・もしそんな事になってたらー・・・世界中が敵ですよっでも普段の行いですかね・・・やっぱり80キロの車に当てられて無傷なんて・・・バイクの荷物入れに救われました。バイクにも愛されるユアン流石です。

 その後チャーリーまで事故ってました。チャーリーは遠慮なく車ぶっ叩いて怒りまくり。男らしいです。

 とうとうアメリカ合衆国に入りました。二人はここで乗馬を楽しみます。カウボーイ二人・・・あの映画を思い出します。チャーリーはかなり気に入ってて天職だと言っております。ユアンもお馬さんがお気に入り。馬の眉間にキス。馬が羨ましい・・・

 一件のモーテルに宿泊。ユアンここはホワイト・ホース? チャーリーにも聞きます。スリム・ドンキーじゃないのか? そしてCRに聞きます。町のレシートを見ます。正解はハングリー・ホースでした。あんたら大丈夫かっ?!

 今夜はじゃんけんで負けたユアンが質素な簡易ベット。残り二人は普通のベット。可愛そうです・・・疲れてるのに・・・じゃんけん弱いのかも・・・そんな貴方もかわいいです♪

 モンタナ州は大空の州と言われるロッキー山脈に、大草原を満喫します。ラシュモア山の大統領も満喫してから、苦しい旅の途中でお世話になったカール氏のお姉様の家に彼からの届け物のメダルを渡します。

 地球の裏側に届け物って凄いよね・・・感動しておりますE。そこのご主人をアメリカ版007のボンドに例えております。好みなのかしら・・・おい。

 その日は980キロも走りました。大記録です。そしてここでカメラクルーのジムのご実家にご飯を頂きにあがりました。

 久しぶりの豪華な家庭料理に、今までの食事の思い出がチラホラ・・・それもまたいい思い出でしょう・・・。

 相変わらず睡魔と闘い続ける二人。コーヒースタンドで眠気を吹き飛ばしますが、その時彼等の交友ぶり暴露がなんとも・・・アツアツで・・・妬ける。

チャーリー「俺は結構暇なんだ・・・そんな時はユアンに電話して今夜どうだ?って誘い出して、あのスタンドで会おうって・・・」

ユアン「昨晩も会ったあのスタンドねって」

チャーリー「懐かしいな」 

 ・・・・誰も貴方達に勝てない気がしてきた・・・。

ユアン今回の冒険をいろいろ思い出します。旅を通じてかなり楽天的になったもよう。でもそこには必ず99パーセント優しい人たちの手助けがあったって・・・素晴らしいですね。

チャーリーがまた行きたいなって。今度は逆回りでもする?ってユアン・・・誰も貴方達を止められませんね・・・羨ましいです。

 はいはいここでチョッパーバイクですよ。欲しくて欲しくて溜まらなそう・・・家庭事情がチラリと見えた。「エヴが何て言うかな・・・また買うですってーっ?!」・・・尻に敷かれてますなユアン。

 チョッパーライダー達が爆走します。イージーライダーです。かっちょ良過ぎです。ユアンハマリまくってますっ!!

 ユアンあれに乗ってたらLAでバイクに乗る自分を想像したらしい。内緒だよってチャーリーに向けて自らの口に指を当てる仕草が凶悪かわいいです。やはりでもチャーリーは思い切りノックアウトです。「2年ぐらいLAに二家族で移り住もうか」プロポーズですか?それ。

 ここでラスがやってくれます。奥さん達が着ているのを二人に内緒にしています。でもやはりテレパシーでも伝わっているのでしょうか、二人は妙にそわそわしています。娘達がいる気がする。奥さんがいる気がするって・・・ユアンがコメントしようとした時、パパーっとチャーリーの娘さんの声が。ババっと振り替える先にはチャーリーの娘二人と奥さん、そしてユアンの奥さんエヴさんの姿!

 もー・・・・大抱擁・・・キスの嵐・・・くわー・・・顔が赤面しまくって涙がちょちょ切れました。見せつけられまくりましたよっ!!ハグハグブチューだ!

 感動の後には・・・エヴさん「切っといてよーっ!! 無精髭が伸びちゃって感じが違うけど・・・貴方ねっ」素敵な奥様ですね・・・ユアン。

 そんな感動の中、ラスからBMWのインタビューがあるんだっとの事。断りきれなくて・・・と。ゴール前にインタビューかよっとふてくされる二人ですが・・・何と着ていたのはユアンのお父さん・・・多分。そうだよね?BMWのロレンスって言ってたけど・・・お父さんでしょ? ユアンの喜び方が半端じゃありません。ぎゃあぎゃあです。エヴさんにまで「君は知ってただろーっ?!」っと責めちゃいます。良かったねー・・・。

 そして最終的にはすげー数のバイク野郎が揃って滑走、NYに到着します。爆走族です・・・かっちょいいですっ!! 壮観ですっ!!

 NYに入った途端に泣き泣きのEです。スタッフにダキダキ、最終的にチャーリーに抱き付いて大泣きのユアン・・・その頭を撫ぜてあげるチャーリー・・・チャーリーがめちゃくちゃ大人っぽくかっちょ良く見えて・・・終り。くー・・・最終的には・・・チャーリー・・・おいしいよなぁ・・・。

 とにかくすごい旅を成功させましたっ!! 素晴らしいですっ!! 見れて良かったっ!! もう感動の嵐、これを見れた事によってまたユアンへの愛が数倍増したと言っても過言ではありません。

 感動をありがとうっ!! お疲れ様でしたっ!! 

で、皆様もお疲れ様でした。もし読み続けてくれた方がいらしてくれたら、その方々にも私はハグハグブチュー・・・ありがとうございましたっ!!

 いつもながら乱筆乱文ですいませんでした。


LONG WAY OOUND #6
シベリア最大の難所「骨の道」いや、想像以上に凄かった! 

 次から次に川、川、川・・・泥、湿地・・・んでまた川・・・ロールプレイングゲームも真っ青です。ユアン達のレベルは99を超えているに違いない。

 道を作る為だけに連れて来られて、過酷な環境と労働で死んだ人達はその道に埋められたという骨の道をバイクで走ります。二人は複雑な気持ちです。最近でも事故が絶えないそうで、あちこちにお墓が建てられていました。

 その上クマ♪がたくさん出没するらしい。その中昼寝してる二人。ユアンは何が怖いんだって感じ。彼等の領域にいるんだから当たり前って感じだけど、寝込みは襲われたくはないらしい。当たり前。

 蚊の来襲にユアンの桃尻が餌食になりました。真っ白なお尻をプリンと見せて5箇所の傷口を見せます。前も3箇所やられたらしい。蚊の奴め・・・羨ましいぞ(おい)

 川の橋が壊れてるーっ仕方なくチャーリーが街まで戻ってトラック調達。その間ユアンは一人でビデオ日誌。何故か髪型気にしているユアン「俺は何を撮ってるんだっ」ってテレてれるのがかわいい♪似たような景色に、スコットランドに想いを馳せてます。 

 レトルト飽きたと愚痴る。CRテント盗まれたから、一緒に寝てくれよーと哀願。でも二人に断られて結局街に一人寝。でも温かいし、広く寝れるし・・・ってでも顔が淋しそうCR。冷たいな、二人共。

 冷たい雨の中きつそうだ・・・。蚊にやられてしまったケツをかきまくるユアン「かーゆーいーっ」てバタバタ暴れる子供のような貴方が好きだ♪

 何処までも水たまり、川、水たまり、川・・・落ち込みそうになってたユアンですが、エンジンに水が入り込んでしまったのを自分で修理出来て得意満面。すぐに機嫌が直ります。ほんと、かわいい・・・その横で大人っぽく微笑むチャーリーさんがなんかかっちょ良く見えたな・・・。またユアンのレベルが1上がった。

 でもそんな中あの重いバイクを横転しないように補助し過ぎてチャーリーの左腕が肉離れになってしまう。のたうち回ってるチャーリーを見下ろして途方に暮れてるユアンがかわいい。そろそろ近付いてとりあえず摩ってあげてみる・・みたいな。そんなオハチも何故かCRに回ってきます。「君のせいだ」ユアンが辛辣に言い放ちます。多分CRは心で泣いていたと思われます。

 後続のサポーター車に乗ってるドクターに「バイクの運転は無理、チャーリーは奴隷じゃないぞっ妻も子供もいる身なんだぞっこんな映像が何になるって言うんだっ」とドクターらしく激怒します。仕方なく暫くトラックにバイクを乗せて川泥川泥の道を走り続けます。

 そんな中やはりDDはかっちょいいらしい。単なる無鉄砲なのかもしれないけど・・・とにかくすげー川です。車もほとんど沈没するぐらいの水位があります。そんな中ジャバジャバ70Kで走しり抜けるDD。

 そんな中ロシアの地元の運転手がクマを発見した途端に射殺。皮を剥いで、肝を取り出します。毛皮と漢方薬になるので金の為です。ユアンは当たり前ですが、激怒です。ひどいよ・・・を連発。彼等の領域を侵しているのは自分達なのに・・・って感じです。チャーリーはもう少し冷静だけど、肉も食うべきだと言っておられた。あくまでも金の為だからやはり許せないそうです。

 大きな窪地があったので、周辺の木を切ります。ユアンがわざわざオノで切りたいと申し出てパワフルに木こりをします。嬉しそうです。チャーリーが俺もやりたいと羨ましそう。でもユアン、ハリキリ過ぎちゃって元々あったマメを潰します。血だらけです。「僕はマメ男っ♪」血だらけのマメにアフレコして遊ぶ貴方・・・素敵過ぎです・・・。

 ユアンこうやってサポーターのみんなと一つの目的に向かって共同作業するのがとても嬉しいらしいです。元々映画もそういうものだものね。

 チャーリーバイク乗りたがりますが「本来なら半年は安静の重症だぞっ!」ドクターまたも激怒。ユアンは「もしチャーリーが無理なら僕は一人でも走るから、そうなったら素直に納得してくれよ」とチャーリーに男らしく言います。珍しくチャーリーの方がうろたえます。「いやだ・・・ユアンと二人で走りたい」改めて告白です。熱いですね、お二人共・・・。そんな中、せっせとチャーリーの世話をするユアンに、
チャーリーは「ユアンは世話好きなんだ・・・」でもユアンは照れてるのか、憮然と「ラスに言いつけられたんだ」言います。何にしても夫婦みたいな二人です。

 凄い濁流です。向こう側にも立ち往生している人々がいる。ユアンは何故か、ブラビを例えに出してこの滑稽な場面をおちゃらけます。向こうが無理矢理渡ろうとして、濁流にのまれそうになった時、体を飛び上がらせてマジでビビッている彼がかわいい・・・♪

 仕方無く彼等でこの骨の道の補修をし始めます。土木作業です。でも周囲のロシア人達とも力を合わせて頑張ります。

 「怪我人や死人出してまで旅は続けたくない」ユアンは少し怯えてます。でも彼等の結束力で何とか濁流を何本も乗り越えていく事に成功します。本当に嬉しそうです。

マダカンが見えました。チャーリーはとうとうバイクに跨ります。街に到着して絶叫する二人。そりゃそうだよね・・・。

 深痛のマスク。骨の道での犠牲者の慰霊碑です。その中でも子供の慰霊碑に胸を打たれるユアン。二人でベランダみたいな所に座って足をブラブラして街を眺めている姿がまるで学生みたいでかわいい・・・。

 街の人の多さに久々に驚く二人。そしてバーでは久々ユアンのギターと唄♪堪能します。最後の方はチャーリーも一緒になって口づさんでました。

 ここでロシアとはお別れ、アンカレッジまで飛行機で飛びます。ここでロシアのサポーターチームだったドクターとスタッフ一人と別れます。苦行を共にしただけに別れが辛いようです。

「人生最大の達成感を味わえた」ユアンのロシアの感想でした。

 飛行機で爆睡の二人。ユアンは椅子ぶち抜きで横ねしてます。丸まって寝る姿がめちゃかわいいです。本当にお疲れ様でしたっ!!


LONG WAY OOUND #5
今回はユアン絶対DDに惚れちゃったんじゃないかな。
かっちょいいっDD!車輌隊のラスが事故ってユアン達も悪路にぐだぐだで、CRのバイクも故障しちゃって精神的にもう「ここからロシアに戻ってー」なんて逃げ場ばかり捜していたユアン。

 他のスタッフも「僕には子供がいるんだ、 これ以上危険はおかせない」なんて落ち込んじゃって・・・みんないるんだけどね・・・。そんな極限まで弱ってたユアンにDDが電話で口説く(違うっ)説得しました。「NYに到着する予定を遅らせばいい話じゃないか、これは一生に一度のチャンスだよ、ユアン」♪きゃーっ私だって惚れるわっ!!

 ユアンは、自分の弱くなってた心を彼が気付かせてくれたって感動のビデオ。絶対惚れたなっ! 一瞬でチャーリーが霞んでしもた・・・

 そんな彼等の前向きな気持ちが伝わったかのようにモンゴルの93歳のおじい様のお手伝いにより、CRのバイクも復活!本隊と合流して感動の抱擁。ユアン涙目しか映ってなかったけど、きっと大泣きしたと予想。

 日記をサボってる自分を子供の宿題忘れに例える貴方がかわいい。チキン食べながらビデオを撮る。「音が最悪だね・・・」涎垂らして「見た目もだ・・・」っていえいえ・・・私にとっちゃ絶景です(変態)最近チャーリーと一緒に物忘れがひどいんだって・・・大丈夫か、あんたら。脳揺さぶり過ぎて崩壊してるんじゃ・・・失礼な。

 ウランバートルって所で1970年にバイクで旅した人と出会う。その人の本を読んでEは今回の旅を思い立ったそうです。出会えてすっごく嬉しそう。貴方ってほんと、馬鹿正直な程に顔に出る人よね・・・。

 モンゴル相撲に挑戦は残念ながらチャーリーのみ。ユアンは「闘うより愛し合う方が好きだ」あ、あなたったら・・・全く罪な人だ。カメラ坊やのジムも参戦。あの子もかわいいよね。「彼はああ見えても凶暴なんだよ」って、ユアン何かされました?(いい加減にしなさい、私)それでも終始何故かチャーリーばかりを褒めるユアン・・・やっぱりチャーリーなの?

 下水で暮らすストリートキッズ達と出会う二人。最悪な環境、一番下は2歳の女の子・・・この子ですか? 例のユアンがお世話を申し出た子は・・・違うのかな・・。子供達を見る目がとても温かいです。とうとう愛しのモンゴルから出るとなったらユアンはふさぎ込みます。相当気に入ったようです。いろいろあったから余計だね。

ロシアに入りました、チャーリーは風邪ひくし、CRはスキンヘッドになった。     地球の真水の5分の一を湛えるというバイカル湖に期待を寄せてた二人。だが到着した途端がっかり。沼のような場所です。廃屋しかないし。そして・・・この女の人は何なんですか? いきなり怒って儀式をする為に掃除しろ、だの二人に指示して、ユアンも思い切りムスッとしてます。「今まで何人も女王様と共演したけど、彼女は負けていない」って・・・その名前が知りたいです。
 トトロみたいな踊りしてて大笑い・・・かなりイライラしてそう・・・かわいそうに。何の意味があったんだ・・・。

 シベリア、またテントネタ。「仲たがいしたんだ、体臭がキツイんだ、イビキがひどいんだ・・・」一緒に寝たくない理由をあげれば10分はいるそうですが・・結局チャーリーは「一人でお楽しみしたいんだ」そうです。(おい)

 スキンヘッドにしたにも関わらず相変わらずCRはひっくり返ってます。二人に呆れられて「弱い者苛めだーっ」って・・・。

 この先のシベリアはあまりに悪路でバイクは断念、チタ駅でシベリア鉄道に乗せてくれーってエリックってぼうやに通訳お願いしたけど、了承もらえず、結局違法で極秘に乗せてもらう事になった。ユアンはその貢献者エリック君にメールしてくれって・・・いいなー・・・。鉄道の中、何故か上半身裸で読書中ユアン。色っぽ過ぎます。

 下車してからチャーリーのバイクがパンク。ユアン手伝ってるつもりのパフォーマンスが凶悪にクソかわい過ぎますーっ!!なんであんなに無邪気なんだっ! かわいいんだっ!!くそーっ!!何故怒る。なのにまた砂地に入って自分のバイクにひどい亀裂が入ってるのを知ってガクーンって落ち込むユアン。思わず気分悪くなってしまいます・・・相変わらず浮き沈みが激しいです。

 そのバイクの修復の為に二人でヒッチハイク。何故チャーリーしかやらないの?ユアンが少し薄着で手上げたらすぐ捕まりそうじゃない? あ、それで止まられても危ないからだめなのか・・・一人で馬鹿納得。
 トラック一台ゲット!ティンダでバイクの修復、夜にはなんとディスコ!!踊ってますユアン!キュート!

 チャーリー問題発言「SEXがしたいー・・・」危険ですユアン。危機感を感じて別テントにしたのかな・・・(いい加減にしなさい)

 ここでまたCRがやってくれます。ランチしている間に荷物(カード類、テントも)盗まれてしまいます・・・運ない人だ・・・。「・・・チャーリーとテント一緒だ・・・」ユアン愕然と呟きます。や、やばいです。

 これからロシア一番の難所骨の道です。湿原だそーです。最悪です。今後も心配です・・・。

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.