映画と海外ドラマ等感想

ミックス・ナッツ/イヴに逢えたら
 WATのボス、アンソニー・ラパリアさん出演!
 主演はスティーヴ・マーティンのホームコメディドラマ。
続きを読む
スポンサーサイト

ランタナ
観たっ♪



 以下ネタバレ



 WATのボスことアンソニー・ラパリアさん出演の映画を拝見しましたっ♪
 先日ブログにアップした「ランタナ」の映画があるというのでお友達と一緒にご鑑賞っ♪

 思った以上に楽しめましたっ!!

 最初のスタートはちょっとトロトロな感じはしたものの、人間の紹介と、その関係がしっかりお膳立てされると、その後のサスペンス部分が活きてくる。
 
 冒頭で、ランタナの茨の中にある女性の遺体が映し出されてくる。あの遺体はいったい誰のものか、と視聴者に投げかけてきてから、話が始まる。
 
 このアンソニーさんは完全にWATボスの過去って言ってもおかしくないっ(笑)
 性格的にも、体型的にも(おい) 
 
 ぼよんぼよんの体でランニングして心臓押さえてはぁはぁ言ってるし><
 サッカーやってるんでしょー?!>< 体壊してダメなのかな><

 ◎刑事「レオン」(あんそにーさん)の妻と2人の息子達。
 ◎ダンス教室に通うジェーンとその別居中の夫ピーター。
 ◎そのお隣のニックとリサとその子供達。
 ◎そしてジェフリー・ラッシュの「ジョン」とその妻「ヴァレリー」カウンセラー。
 ◎そのカウンセラーに来ているゲイのパトリックとその妻子持ちの恋人。
 
 この5家族の人間関係が入り乱れる恋愛憎サスペンス劇。

 刑事リオンは妻に誘われたダンス教室のジェーンと浮気をした。それに感付く妻は、カウンセラーヴァレリーに相談する。だがそのヴァレリーが行方不明に。その容疑者として、夫か、彼女が恐れていたゲイのパトリックが疑われるが・・・ジェーンが隣人のニックを通報する。だが。

 簡単に書いてしまうとこんな感じだが、それぞれのキャラクターが深く掘り込まれているので、途中途中の言動で笑ったり、あーあ・・・と感情移入をする事が出来る。

 ここのリオンの2人の子供達がかわいいっ♪ お父さんと違ってとってもいい子っ♪

 そしてニックもとってもいいパパなのに、容疑者にされちゃってかわいそうではあったな。

 妻のカウンセラーに告白したテープを何度も聞いては、しまいには罪悪感で泣いてしまうリオン。

 でもまぁ最後は何となくホンワカと終わる。一番かわいそうなのは、娘と奥さんを亡くしたジェフリー・ラッシュの人だっ><

 効果的にランタナが出てきたなー。
 

マンコラ

観たっ♪


 以下ネタバレ


 エンリケ・ムルシアーノ出演作品。

 主役のお父ちゃんが自殺した所から始まる。
 いまいちお互いの関係が分かってないんだけど><

 昔の同級生? の女の子とエンリケさんは夫婦。でも何となく奥さんが主役といい雰囲気なのにイラ立ってるエンリケさん。
 とうとう奥さんは彼と浮気をし・・・。

 恋愛愛憎劇。

 海中から観る波って奇麗だな。

 エンリケさんサングラスを外す姿がかっこいい。立ちしょんしてた時にしてたチョーカーが「NYダニーー」のに似てるー。

 エンリケさん心臓あたりに手裏剣みたいな刺青があった。あれは自前? (違うそうです)

 小さな荷車みたいのに乗るのに縮こまって乗る姿がかわいかった。
 別荘を借りて天蓋付き「ベッド」で妻とSEX&浮気女とのだっこちゃんSEX等、全裸がいっぱい観れた♪ とにかく細いっ!! 
 その他泣く姿に、吐く姿に、乱闘しつつ組み敷かれる姿堪能させて頂きました!!
 DVD特典の緑のパーカー姿も素敵でしたっ。

 サンキューマイフレンドーっ♪

フェニックス

 観たっ♪


 以下ネタバレ


 「ダニエル・ボールドウィン」出演作品。プラス「アンソニー・ラパリア」出演作品♪

 しょっぱなから「ゴ」が付く虫が大あっぷで出てきた時には叫んだっ>< 暫く画面を観れず・・・><わざわざ逃がさなくていいからっ>< 彼等は弱気者か?

「WAT」の「ボスーっ♪」「ヘンショー」役。
「ダニエル」さんは「ナッター」役。
 それと主役の「ハリー」と「フレッド」

 4人ともとっても仲良し刑事さん。学生の頃からの付き合いっぽい。もう16年付き合ってるそう。

 でもみんながみんな街のクズの手下になってたり、金を借りたりしてる>< 

 その中主役の「ハリー」は「ギャンブル」好きで借金は抱えているものの、正義感は人一倍で、弱き者を守り・・・の精神は譲ってない。
 でも「ギャンブル」で「シカゴ」という高利貸に借金をしてしまう。
 
 彼からの妥協策で、留置場にいる彼の手下である「ジョーイ」が口が軽いから殺せと言われた。
 「ハリー」は悩んだ挙句彼に会いにいくが。
 この「ジョーイ」が「リビシ」君だったよーっ!!! 脅されてえぐえぐ泣く様はかわいかったーっ!!!

 街の顔である黒人「ルイ」に反旗を翻そうと仲間達にもちかける「ハリー」
 そこで変装したのが「豚」と「鶏」と「兎」と「猿」かなり笑えたっ♪

 まぁ・・・なんか勧善懲悪に近いので観終わり感はそれほど悪くもない。

CSI & WAT 合同捜査
観たっ♪



 以下ネタバレ

 
 本家との「コラボ♪」良かったっ「ボス」だけじゃなくちゃんと「マー」達の出番もあったやないけっ♪

 今やってる「WAT」とはかなり時期が違うだけにちょっと皆の違和感が凄かったね。
 「マー」は髪が短いっ。「ダニー」はまた身長伸びた? 「サム」はもしかして妊婦の時期か? ぷくぷくしてたよねっ(笑)
 「ボス」はあんまり変わらなかったーっ♪

 「ボス」が列車から飛び降りる所はまるで岩跳び「ペンギン」のようだったわっ(笑)

 今日は「ボス」と「マー」で結構一緒に行動してくれたなーっ♪ 途中聞き込みの所で「ダニー」と「マー」もあったけどっ♪ 身長差がひらいててびっくり(笑)
 
 本家はあまり馴染みがないんだけど、他の「メンバー」があんまり活躍しなかった気がしたなー。

 NYに来た時にはまるで科研の一人みたいな扱いになってたしな、主任っ>< 「ジャック」の横柄さに比べたら・・・本家主任は「わんこ」に近いかも・・・><

ニューヨーク・ジャスティス
観たっ♪


 以下ネタバレ


 おおっこのボスWATのアンソニーさん♪ もかわいーっ♪ 
 刑事ものっ刑事ものっ♪ 相棒もの相棒ものっ♪

 それもボス3人娘の良きパパ♪ スティーブ役。 
 奥さんは病死。一人身で3人娘を育ててたけど・・・犯人に射殺されちゃう><

 残された娘達を相棒ルイスの子供に恵まれなかった夫婦が引き取る。

 事件的にも・・・まぁ本当にそれでいいのか? と思いつつまぁ完全懲悪って事でっ♪

 若き熱血刑事フィリックスさんもお気に入りだなーっ♪ 

 うん、やっぱり自分刑事もの大好きだーーーっと改めて思ったいい話やった♪
 

イノセント・ブラッド
観たっ♪


 以下ネタバレ

 
 面白かったーーーっ♪ WATのボスがちっちゃくて若くてかわいかったーーーっ!!! 
 正義感溢れる潜入捜査員っていうのもいいよねーっ♪ 
 残忍な吸血鬼ものっていうよりは、みんななんかコミカルでかわいかったなーっ♪ 

 ここに出てくる俳優さんが全員笑顔が素敵な人達ばっかりっ!!! 
 思わずこっちまでにぱって笑い返したくなっちゃうっ♪ 微笑ましいっ!!! 

 もうなんかボス演じるジョーはそのまんま「くまのぷーさん♪」運ばれる時にも「重い、重い」いわれちゃって>< 
 車の中に突っ込んだ時にはいつまでも足ばたばた(笑)かわい過ぎるーーーっ!!!

 

オータム イン ニューヨーク
 アンソニーさん目当てで観た映画っ♪ 

 こういう恋愛ものは苦手な上に、一番嫌いな病気もの・・・でもとりあえず・・・ボス(違)はとってもいい人でよかったっ♪ 

NOW AND AGAIN
画像なんか貼り付けてみたりしてっ♪
なうあんどあげいん

抱き付かれてるのが本物の「マイケル・ワイズマン氏」で抱き付いてるのがエリックで新しい体っ♪
右の黒人さんがドク



20話 ザ ボックミースター


※ 以下ネタバレ (と言ってもヒアリングなんか出来ないのでー素敵ブログ様とカタカナ辞典に助けられてます・・・著しく間違えていたらごめんなさい)

 虫の話・・・虫は止めて虫は・・・それも大量なのは勘弁><

 ハチが人を追跡し、暗殺するという事件が起きる。


ロジャーはすっかりリサ達の家に居候状態><ヘザーは登校拒否。リサはすっかり頭を悩ませている。「赤ちゃん時はあんなにかわいかったのに、私に嘘を付くようになってしまった」って愚痴るのは強烈な説教だと思う(笑)

マイケルを監視しているドク達。マイケルの心拍数がいきなり上がって画面を確認するとマイケルは蚊と格闘している。(心拍数とかまで管理されちゃってたら溜まんないよね)
 丁度今蚊を媒体にしたバイオハザードが発生しているせいで大騒ぎ。

ドクがすぐにマイケルの所に。でも慌てるドクを尻目にマイケル両手で無碍にもバチンと殺しちゃう(笑)
「やったっ♪」喜ぶマイケルにドクげんなり><

 その後すぐに検査する為に黒い大きな手袋をはめられちゃうマイケル(笑)まるで着ぐるみ状態♪ 
蚊を媒体としたバイオハザードが発生しているかもしれないと説教を受けるっ♪

ヘザー学校で苛めに合い、その博物館の虫博士と知り合う。その博士の胸ポケットからは蜂が。どうやら博士は蜂と意志が通じ合うらしい。

 部屋で二人で新聞を読み合ってるドクとマイケル。ドクは経済新聞。マイケルはクロスワードをやってる(笑)ある問題にドクは真剣に応えようとしてくれるけど答えは簡単ブーブー(笑)呆れるドクこういうさりげない行き来がかわいいっ♪ 

 その記事に仕事中でいきなりサラリーマンが死亡する事件を発見。仕事中の過労死。突然死などこのニューヨークでは珍しくない。それでも一応気に掛けるドク新聞の行き来を何度か交わす。マイケル「虫を暗殺者に仕立てるなんていいアイデア。ドク「悪い考えです」

 博物館の館長がその日「虫博士」を追い出そうとした夜、寝室で蜂の大群に殺されてしまう。

 それから次々と虫による殺人が続く。トイレに蠍がいたり。

 次々と虫を媒体にしたと思われる「暗殺」が続く部署にやってくるドクとマイケル。マイケルが囮になって、部屋で待機して蚊を待つ。

 でもあまりにも暇で、机に差してある国旗をぱたぱたしてみたり、してるけど、挙句の果てに居眠りしちゃう(笑)ドクに耳の盗聴器で起こされるマイケル♪くそかわいいっすっ♪ 

 そこに排気口の中から蜂が飛んでくる。その動きにはいかにも意志があるかのような動きをした。
 捕まえようとするが、逃げ出す蜂。いきなり動き出すドクが「どうしました?!」マイケル「犯人は蜂だよっドクっ!! 今捕まえるっ!!」と屋上にどんどん上がっていく蜂を追い駆けていくマイケル。

 そして蜂が屋上から空へ飛びたったのを追い駆けるようにマイケルも蜂を捕まえると共に高層ビルの屋上から飛び降りる。

 つづく。 

 こ、これで死んで終わりだったら哀し過ぎるよね><


21話 「ザ バッグミースター パートビー」


 以下ネタバレ


 ビルの屋上から落ちたマイケルは何とか生きてる。手の中にはちゃんと蜂を生きて捕らえていた♪ えらいっ♪

 その傷を治す為に部屋でジャグジーに入ってるマイケル気持ち良さそうっ♪ うっとり入ってると、いきなりジャグジーを止められちゃう。「ドクー止まっちゃたよー?」
ドク「もう出なさい」マイケル「うーんまだ痛い。後10分・・・後冷たい飲み物と雑誌持ってきてー」と甘えるけど「げっとあうとっ!」と怒られちゃう。それでも粘ってるマイケルの顔にバスタオルを被せるドク「今すぐにっ!」鬼っ!!

 またエリックの体むきむきになってない? この打ち切り真近になって。あ、それともトレーニング辞めたから少し肉付が良くなったのかな?(笑)それにしてもエロい体♪ 

カプセルに入れた蜂を眺める。「これは殺人マシーン」だって。
 
 ヘザーは新聞で博物館の館長が殺された事件ですぐに「虫博士」を疑い始める。リサとロジャーだけは何とか信用してくれて、一緒に博物館に向かってくれるけど「本当か分からないから様子を見てくる。と単身で向かうヘザー」

 ドクが蜂の生態を調べ始める。何だかとっても嬉しそうっ♪この蜂の素晴らしい帰巣能力、追跡機能をマイケルにも付け加える手術をする事にする。どうやら鼻に埋め込むらしい。

 その蜂をもう一度放てば、仲間の所に帰巣して、主である犯人が分かるだろうって。それを大興奮で説明するドクの前でテーブルに隣同士で座るマイケルと助手(この人もとっても顔が綺麗)の人が少し気遅れするように顔を見合わせ合うのがかわゆいっ♪
マイケル鼻改造をされる。お鼻にばんそこうを付けられてるのがかわいいっ♪ 

 手術後ドクと助手がぐったりする中、一人で明るいマイケル♪

 放たれた蜂はやはり「虫博士」の所にやってきた。ヘザーは彼にさりげなく面会し、疑いを掛けるけど彼は少しイっちゃってるっぽい。逃げ出そうとするヘザーはマイケルと遭遇っ♪ 
「早く逃げろっ」って言われて外に逃げ出すヘザー。
「虫博士」「君のお兄さん?」だって♪ そりゃなっ♪ 実は父ちゃんだけど(笑)

 虫の能力は馬鹿にならんっと訴えてるのかな? でも誰もそれを認めようとしないって。認められてこんな暗殺方法が徘徊したら大変な話や><

 その「虫博士」の前でわざと蜂を手で潰してしまうマイケル。「虫博士」は激怒。それと一緒にその蜂にしかけてた「盗聴器」も潰してしまってドク達は焦る><

 その時マイケルが奥の部屋に暗殺蜂達が待機しているのに気付く。それを「虫博士」が天窓から全部放ってしまう。

 でもそれをマイケルが閉じようとしたら、その天窓が落ちて博士の上に。博士は死亡してしまう。事故とは言え初めての黒★。

 蜂を止める事が出来なかったと愕然とするマイケルだけど、その「虫博士」の死体に次々と蜂達が戻ってきて、その博士の体にくっ付き始める。それにカバーをかけて捕獲するマイケル。

 外に出ていくとドクが到着してるっ♪マイケルあちこち刺されてるけど笑顔♪ 


22話 「ザ エツグマン カムス」(最終話)


 以下ネタバレ


 またきたよ・・・通称「エッグマン」どうやら本来ならマイケルの宿敵になるはずだったのか?! きもいっての。刑務所から例の卵を使って脱獄しちゃうんだよね・・・><もーこれは置いとこー><


 リサの仕事場に来るロジャーどうやらやっと居候状態から新しい家を見つける気になったらしい。

 そのリサの所に弁護士から電話が。何やら訴訟を起こそうとしているんだけどミスター・ワイズマンもその一人として協力して欲しいらしい。自分のヒアリングだとデミタスって聞こえたからデミタスコーヒーの訴訟かと思ったよ(笑)続けて見てくと全然違う(自分のひありんぐなんてこんなもん><)

 何度目かでリサが「うちの旦那は死亡しました」と言うけど、彼は地下鉄の後脳死はしてなかったから救急車に乗ったのは本当だと言われる。勿論信用しないリサ。

 シャワー室の中でご機嫌マイケル♪ 歌を歌っております♪一度でいいからミュージカルものでもやってくれないかな? 結構巧いと思うんだけどなぁ♪ 

 そのご機嫌の中ドクは真剣。どうやら一週間前から追跡装置が壊れてしまっているらしい。今急いで新しいのを製作中だと。

 ご機嫌で腰にタオル姿で出てくるマイケルでもドクは不機嫌に睨み付けてくる。「どうしてそんな顔するの?」尋ねるマイケル。がかわいいっ♪ 

マイケルの行動を心配するドクにマイケルは「僕はここにいます。もう貴方から逃げようなんて思ってない。僕を信用して下さい」って言うけどドクは冷たくトレーニングをしなさい。と言って出て行っちゃう。
それに少し哀し気に吐息するマイケル♪くーーーーっここのマイケルも健気でかわいいっ!!!


 リサの所に弁護士が来る。そしてミスター・ワイズマンの死亡診断書にサインしたのはドクターモリスだと分かる。リサはその人を私は知っていますっ。疑いを持ち始める。

 でもその後ドクの助手がリサの所にやってくる。「僕がドクター・モリス」です。と名乗りを上げてきた。
 それでリサは納得するしかない。

 その頃マイケル昼食中っ♪ オートミールと青汁と新聞にそれぞれ挨拶を交わす♪ そしてドクも「こんにちは」ちょっとそんな健気な仕草が孤独の不憫さを醸し出してる・・・(哀)

 そこに助手がご機嫌で戻ってくる。
「追跡装置が完成したそうです♪ 太陽も輝き、鳥は鳴き、花は・・」とはしゃごうとするのをドクが手で制する。
マイケルが不審気に「なんでそんなにご機嫌なんですか?」と聞くけど、二人は余所余所しく相手にしてくれない。

「出掛けてきます」というドクに「僕も?」と嬉し気に尋ねるけど、置いていかれてしまう。寂し気に吐息するマイケル

 次の日にまたリサの所にその弁護士と確認をとると病院の看護婦がドクター・モリスの容姿を覚えていて「彼は背の高い髭面の黒人でした」と証言してます。それで完全に疑いを濃くするリサはマイケル達の家の前で車を待機させた。

 部屋の中にいるドクと助手とトレーニング器具に寝てるマイケル。静寂が辺りを包んでる。

 ドクは新聞を読んでる。そこに電話が掛かってきて「もうすぐ追跡装置が届くそうです」と。助手は「ぐれいとっ♪」後その数時間ここに篭ってなきゃいけないと言われてマイケル不満が爆発。

「その数時間何してればいいっ?!」「寝てなさい」「もう充分に寝たよ」「本は?」「もう10回は読み直した」と文句を告げ始める。「僕はもう逃げないし自由にしてもいいだろ? 信用して欲しい」とドクの襟首を掴んで説得しちゃう♪

 ドクの冷たい眼差しに我に返ったマイケルが慌ててその乱した襟元を正してあげる様がかわいかったっ♪ 

 それでドクはようやくマイケルと一緒に本屋に買い物に行く事を許してくれるっ♪
 
 本屋に行って「10分だけですよ」っと言われマイケルは嬉しそうにドクに「ありがとう」♪ ここ凄くいい雰囲気♪ 

 そして本を選んでいる所に彼らを追跡してきたリサが声を掛けてくる。
「私は夫の事で「ドクター・モリス」に話を聞きたい」と。

 それに顔色を変えるマイケル
「それはだめです」と止めようとする。それでもリサがドクの所に行こうとするのを強引にキスをして止める。
 
 そして耳元で「それを彼に聞いたら貴方は殺されてしまう」リサ「貴方はいったい何ですか?」マイケル「貴方を守りたい者です」
リサ「警察に言ってもいいですか?」マイケル「だめです。どうか貴方は何も知らないふりをして下さい。後のフォローは僕がやるから」と。

 でもその様を防犯鏡で恐い顔で睨んでるドクの姿が><

 帰る車の中で沈黙してるマイケルでも恐い顔のドクが話し始めた。
ミス・ワイズマンに何を話しましたか? マイケルは焦って「何もっ。彼女は何も知りません」ドク「でも「キス」をしてましたね」(そこかよっ!!結局嫉妬か?><)
「ただのキスだよっ。彼女は何も知らないんだ。何も話してないっ!! 僕を信用してくれっ!!」

 必死でドクを説得するマイケル5秒ぐらい見詰め合って・・・「悪いキスですね」って・・・おい。

 部屋に戻ってくると、助手が追跡装置を手にしてる。手術の準備に取り掛かる為にトラックに向かう助手。

「すぐに手術を始めましょう」と告げるドク「貴方にこれを付ければ全てが元通りになっているでしょう」

そこでマイケルは不安気に「僕の妻も?」と尋ねる。それにドクも瞳を細めて「君の妻も・・・」と。

 とてもそのドクの雰囲気は許してくれたようには見えない。

「手術に行きましょう」と向かおうとしたドクの腹をいきなり殴り付けるマイケル。そして「ごめんなさい」と哀し気に謝ってからドクを殴りつけて昏倒させてしまう。
 その部屋から逃走するマイケル部屋には逃走用の警報が鳴り響いた。


 食事が喉を通らないリサを心配するヘザーそこにドアが激しく叩かれる。出るとそこにはマイケルが。
「逃げるんだっ!!」と驚くリサとヘザーを連れて裏口から逃げ出す3人。
 
 それから「電子レンジ」が「チン」と鳴って、水道の水が数滴落ち終わると、いきなりヘリと大量の車、そして警察犬が窓や玄関を突き破って雪崩込んでくる。
 そして激しい顔付きのドクが「彼等を何としても捜し出せっ!!」と命令する。

 END

 うえーん。これで終いってどーよ>< 

 必死で自分を信用して欲しがってたマイケルを信用し切れなかったドクの関係が哀しい・・・。ぜひとも2を作って頂きたい所ですっ♪ ねっまめ様っ♪(★ ̄∀ ̄★)

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.